会長ブログ | 大阪府八尾市の美家古

超健康法(5)マット・腕、肩、首の疲れがとれる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

<少しやるだけでも変身できる>

「バリエーションは無数にあるといったが、全部やったほうがいいの?」

「いや、極端なことをいえば一つ覚えるだけでもいい。体の器官がすべてつながっていることを体感するだけで、飛躍的な進歩だ。」

「『全意識』がまだ分からないんだけど。」

「元に戻るだけといっても、時代的に忘れ去ってしまっているので、そう簡単でもないし、日常生活の赤で急がされるときとか、難しい処理に出くわしたときなど、『全意識』からはずれてしまうことがある。

だけど、気功や座禅、お祈りなどで一部で引き継がれてきたのだから、そう難しいことでもない。」

「それじゃ、まあ、そのうちに。」

「それでいいよ。これも少し、その習慣がつくだけで自分の周辺に大きな動きが起こるから自然と身に付く。それが新しいことをするのとは違う、それが『元に戻る』ことの特徴だから。」

「なにか、自分が変身できそうな気がしてきた。」

「それじゃ、パソコンや、スマホ、作業の専門化など同じ動作による腕の疲れを解消するマッサージ体操をしてみようか。」

「いいね。」

<腕、肩、首の疲れがとれる>

「まず、四つん這いになってくれる。」

「腕は伸ばしておくのかな。」

「足の膝もはじめは伸ばしておいて、次に足の膝を曲げておしりを踵の方に乗せる。足首は立てて置く。」

「腕は?」

「腕はそのままにしておく。左手だけで支えて、まず、右腕をはずして掌を上にして右脚の前に付けておく。」

「どのへんかな。」

「いまは適当でいいよ。そうだね。それじゃ、まず右ひざを持ち上げて、右腕を右側から膝の下に差し込んで、掌の上に膝を乗せよう。」

「痛い。」

「ごめん。体重をかけすぎたら駄目だよ。体重調整が必要なんだ。それを体全体でやる。全体と言っても、上体をまっすぐにした状態で腰の位置を前後するんだ。それで心地よいと感じる程度に体重をのせる。このマッサージ体操は全身を動かしながらやるのが基本だから、腰を前後に動かして感覚を楽しみ、味わいながら行う。」

「うん、気持ちいい。」

「そう、それが分かったら、その状態を探りながら、手をずらしていく。」

「そう、押さえたいところを膝の下にもっていく。手先、手首、肘裏と変える。」

 

MX-3140FN_20170922_104921_001

 

 

「こんどは腕の外側だ。手をかえして手の甲側を膝に当てる。指先、甲、手首、肘と手首の間と変える。」

腕のマッサージ1

 

「これだけでも、肩や首のコリがゆるむよ。脚や、腰、頭、方などのマッサージ体操もやれば、体はうそのように軽くなる。」

(超健康法(6)に続く)

河内の翁 の紹介

飲食店の仕事を現役で行いながら、ご理解いただける仲間とともに、「かむながら」という生き方を実践しています。宗教、宗派を超越したものです。 「かむながら」とは、「常に根源神を意識しながら行動する」という意味です。 根源神とは、宇宙を創った存在のことです。宇宙の全て(私達を含む)は、創った存在(根源神)とは常につながっていますので、宇宙そのものとも表現できます。