会長ブログ | 大阪府八尾市の美家古

心の健康40・マントラ(神呪)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

『心がなごむ秘密の話』(小林正観著)で正観さんは、人の生き方を書いておられます。まず、自分が如何に喜ばれる存在になるかと考えなさいと言われます。これは宇宙意識と一体化することでもあります。

それから、とんでもないこと?を言っておられます。私たちが最悪の状態という意味で使っている「夢も希望もない」生活をしろと???

そんなに驚かなくていいのです。これは自我をなくして最大限に宇宙意識を受け入れることができる方法なのです。そして結果は神の領域だと書かれて、思い通りにならないのは思いがあるからだとおっしゃっています。でも絶望的な暗い気持ちになってはいけませんよ。「宇宙意識よ、すべてあなたの御心のままに。」と喜びの心にならなければ宇宙意識と結ばれませんよ。

そして、日常でできるだけたくさん、「ありがとう」を言いなさいと書いておられます。これも宇宙意識との一体化をめざすものです。

これを読んだ後、『友清歓真全集1・古神道秘説』を開きましたら、そのページに「十言の神呪(とことのかじり)奉唱」のことが書いてありました。毎日、30分以上「アマテラスオホミカミ」を唱えて、1か月もすれば、不思議なことが起きてくることを教えています。古事記や、日本書紀を表面上だけで理解するのではなく、深いものを感じ取れば、天照大神は、宇宙意識の最高表現の神霊であることがわかるといっておられます。

「アマテラスオホミカミ」も「ありがとう」も、宇宙意識と結ばれるためのマントラなのですね。正観さんは、朝起きた時に「ありがとう」を100回言ってしまいなさい。そうすれば脳はその現象を探し続けます。」といっておられますが、毎日30分ずつ、1か月「ありがとう」を唱えればどんなことが起きるのでしょう?「ありがとう」を1秒に2回いうなら1分で120回、30分で3600回、30日で108000回です。最初のうちは雑念が起こるので、こんな単純にはいかないでしょうが、だんだん雑念が少なくなっていきます。「アマテラスオホミカミ」は1分間で「ありがとう」の半分くらいですから、毎日30分唱えると、1か月では、5万回くらいになります。

「アマテラスオホミカミ、ありがとう」と唱えて見ましたら、即座に周辺との一体化が強く感じられました。そして自分自身の体の中にまっすぐな黒い柱がたって、背筋がまっすぐになったのです。この組み合わせは宇宙意識が指導してくれたのでしょうか。続ければどんな変化が起きるのでしょう。

「ありがとう、アマテラスオホミカミ、ありがとう」と唱えやすくして、1日500回、1週間唱えてみたら、周りの人たちの見え方が変わってきました。初めて出会う、老若男女、赤ちゃんに至るまで、とてもその人たちの個性が愛おしく感じるようになったのです。宇宙意識とのつながりが強くなったのでしょうか。

正観さんは「ありがとう」を言い続ける効果について、『心を軽くする言葉』(小林正観著)で、つぎのように書いておられます。

「『ありがとう』を年齢×1万回言うと、いろいろな奇跡が起きる。年齢×2万回で第2段階の奇跡、その家族や友人が考えてもいなかった現象が手に入り、年齢×3万回の『ありがとう』で第3段階の奇跡、本人も家族も友人も誰も念じたことも考えもしなかった現象が勝手にどんどん降ってくるらしい。」

「合計5万回の『ありがとう』を言ったら突然に現象化がはじまった。」

5万回というのは、30分ずつ言えば2週間ぐらいですね。私が年齢×1万回というと、70歳ですから70万回になります。毎日30分唱えて、7か月かかりますね。私は、毎日、「ハレークリシュナマントラ」を20年間唱えてきました。1日、1728回以上ですから、年に1728×365回以上、すなわち63万回以上、20年ですから、1260万回以上です。だから、いま「ありがとう」マントラを唱えても、途中でハレークリシュナマントラが入ったりします。気付いても最後まで唱えてから、「ありがとう」マントラに戻ります。

「ありがとう」マントラを唱え続けておられる正観さんには、宇宙意識との強いつながりが感じられますね。

*ハレークリシュナマントラ: 「ハレークリシュナ、ハレークリシュナ、クリシュナクリシュナハレーハレー、ハレーラーマ、ハレーラーマ、ラーマラーマ、ハレーハレー」

 

河内の翁 の紹介

飲食店の仕事を現役で行いながら、ご理解いただける仲間とともに、「かむながら」という生き方を実践しています。宗教、宗派を超越したものです。 「かむながら」とは、「常に根源神を意識しながら行動する」という意味です。 根源神とは、宇宙を創った存在のことです。宇宙の全て(私達を含む)は、創った存在(根源神)とは常につながっていますので、宇宙そのものとも表現できます。