会長ブログ | 大阪府八尾市の美家古

神社の知識(参拝の仕方)

Share on Facebook
LINEで送る

一般に神社にお参りするときは、見よう見まねで手水で手を洗い、ひもを揺さぶって鈴をならし、お辞儀をして拍手をして、手を合わせ、御願い事をして、最後にまたお辞儀します。

では正式にはどうでしょうか。私が数人の宮司さんから教わった方法を紹介します。

まず、神社の結界である鳥居をくぐる前に1回おじぎをして鳥居をくぐります。

手水のところに行き、右手で杓をとり、水を入れて左手のたなごころにかけます。手を持ちかえて右手のたなごころにかけます。右手のたなごころに水を受けてその水で口をすすぎます。これは汚れた手を洗うためのものではなく、心身の穢れを清めるためのものです。

水の入った杓を杓を上にして立てて、そのしたたる水で柄を清めて次の人に穢れが行かないようにして元の位置に戻しておきます。手水が用意されていない神社では境内の砂を手にかけて穢れを清めます。

拝殿の前に行ったら、まず賽銭を入れて、綱を揺さぶって鈴を鳴らします。鈴の音でさらに穢れが除かれます。

2礼2拍手(出雲系では4拍手)します。このときは、胸を大きく開けて胸いっぱいに祭神を呼び込む気持ちで両手を左右共、大きく広げます。広げた手を合わせて拍手します。

祈願をします。「自分の役割が果たせますように精一杯頑張りますのでお守りください。」と、様々な祈願をします。日ごろのご加護のお礼だけでも構いません。(自分の身勝手な願い事は正当な神社では聞き届けてはもらえないと思われます。)

祈願が済んだら、1礼をします。

日常生活の中ではあまり意識しない、祭神と心を通わせる貴重な時間です。祭神はいまの恵まれた生活の基礎を作っていただいた、地域社会のご先祖です。常に感謝の心で接することが大切と思われます。

まず心が大切ですが、私達が人のお参りの姿を見て、真似してきたことを考えると、正式な参拝方法でお参りすることが必要なのかも知れませんね。

 

 

河内の翁 の紹介

飲食店の仕事を現役で行いながら、ご理解いただける仲間とともに、「かむながら」という生き方を実践しています。宗教、宗派を超越したものです。 「かむながら」とは、「常に根源神を意識しながら行動する」という意味です。 根源神とは、宇宙を創った存在のことです。宇宙の全て(私達を含む)は、創った存在(根源神)とは常につながっていますので、宇宙そのものとも表現できます。