会長ブログ | 大阪府八尾市の美家古

カテゴリー別アーカイブ: カムナガラ

『正法眼蔵』(道元著)とカムナガラ(2)

「ブログを見たらよくわからなかったので説明してほしいよ。君の友達と話していた『心身脱落』と言うのはどういう意味なんだ。」

「そうだね。心も体もすべて『根源神』に明け渡すと言う意味かな。心の中に自分の考えと言うものがあれば、それは不完全な知識と言うことに他ならない。自分が宇宙の中でほんの微々たる経験や知識しかしないのに、その経験や知識に基づいた偏った考えで根源に関わる大きなことを判断すると、まともな結果が出ないと言う事は分かってくれるよね。」

「そうだよ。それじゃ、完全なる知識を持った『根源神』に心を明け渡して『根源神』に全てを委ねると言う意味になるね。」

「その通り。分かってくれたね。」

「その『根源神』と言うのは普通の『神』とどう違うんだ。」

「今、『根源神』と言うのは『創造神』でもある。『創造神』が宇宙を創造したときに、人を作った。ものを作ると言う作業は、何か目的があって作るものだよ。今『創造神』は人に何をして欲しかっただろう。」

「他の存在(『創造神』がつくったあらゆるもの)の面倒を見て欲しかったのかな。」

「そうだね。人にそういう能力が与えられていると言う事は、そういうことになるだろう。」

「それなら、人は、他の存在の面倒見なきゃいけないのだ。」

「そういうことだ。自分も含めて『創造神』が作ったすべての存在の面倒を見る、これが人の根本的な義務なんだ。この義務を果たすことを『奉仕』と言うのだ。無償でこの驚くべき能力を持った人間の心身を与えられたことに対する無償の『奉仕』ということになる。」

「そういうことか。」

「そういうことだよ。だから、人は『奉仕』が嬉しいんだよ。目先の欲にとらわれた行動より環境(人、自然などあらゆる被造物)に何かいいことをすること、それに最高の喜びを感じる。『奉仕』と言うのは、そういうことなんだよ。」

「前回ブログで話ししていた友達は、神が作った全てのもの、その被造物に『奉仕』することを日常の喜びとして感じているんだ。すごいだろう。」

「その友達はそういう人なんだ。そんな人がいたんだ。」

「いる。少ないがいる。だから彼らは経済的に豊かでありうが、貧困であろうが最高に幸せなんだ。彼らは、すべての中に『創造神』を見ている。だから、あの程度の説明で十分に理解してくれた。」

「それと、いま説明してくれたことを、道元はその同じ内容をどうしてあのように難しく書いたんだ?」

「その時代には、宇宙を創造した存在など意識していなかったから、いまの私のように説明してもなかなか理解してもらえなかったんじゃないかな。もともと言葉で説明しきれるような内容ではないんだ。人にとって、言葉はとても便利なものだが、そのためにその言葉に頼ろうとすると、このような根源的なものに対しでは説明しきれない。だから、あのような禅問答のような表現になったのだろう。確かに、いまのわれわれにとっては、非常にわかりにくい。まず読む気など起こらないだろう。しかし、その時の禅や仏教の真摯な修行者にはまだあの方が分かりやすかったのかもしれない。」

「しかし、『奉仕』が最高の歓びだといっても僕にはしっくりこない。」

「だから、その喜びを味わっているその友達は、谷崎潤一郎の『春琴抄』を見て、これを読んでくれというのだな。体験してみなければわからないのだが、他人の体験でも少しは理解できるし、何より人生の違いが悟れる。」

「読んでみるよ。」

「だけど、『奉仕』というのは我々はすでに体験しているのだよ。誰かを喜ばせてあげたら自分も楽しい。誰かというのは、神が創った最高の優れた存在だ。これを喜ばせることをしたら、それはそれは素晴らしい。その人の心になってその思うところを手助けさせてもらう。これは、『奉仕』だよ。すでに君もしている。」

 

『正法眼蔵』(道元著)とカムナガラ(1)

『正法眼蔵』(道元著)

<心身脱落>

「君は道元の『正法眼蔵』を読んで私の『カムナガラ』に照らし合わせてくれないかなと言ったね。」

「ああ。どうだった。」

「難しいと言っていたが、それは仏教独特の教えと禅の『公案』のせいだよ。」

「なんだ『公案』て。」

「禅独特のものなんだ。合理的な思考では理解できないことを師匠と言葉を交わすことで理解しようとするんだ。これによって決まりきった思考の形を打ち砕いて直感的な悟りを得ることができるんだよ。禅問答といって、一般の人には訳が分からない会話と捉えれれている。」

「道元は26歳のときに参禅は『心身脱落』になるべしと悟った。 あらゆる人に仏性があるのになぜ修行しないといけないのかと言う疑問に対してわれわれは仏だったからこそ修行できると気づいたんだ。『心身脱落』というのは、禅の修行では自分というものを出さないで仏性そのものになりきるという意味だ。」

「そうだよね。道元の禅は修行の手段ではなく禅が悟りそのものだった。『カムナガラ』で根源神につながるのと同じ意味だ。」

「だから行住坐臥(ぎょうじゅうざが)(歩き、止まり、座り、臥す)のすべて、つまり、仏のすべてが禅なのだよね。だから、日常生活そのものが禅と言うことになる。確かに、君の言う『カムナガラ』と似ている。」

「生活が悟りだと言うのは、『カムナガラ』で行う『奉仕』と同じだとも言える。『奉仕』と言うのは、言葉がぜんぜん違うのだけれど、なにごとも根源神(仏にあたる)に従って行うからね。」

「そうか。」

「道元は修行僧たちに注意するんだよね。悟りは自分から求めてはいけない。求めて得られる悟りは小さなもので与えられる悟りこそ本当の悟りだという。これは『カムナガラ』の『奉仕』に当たるんだよね。悟るために禅の修行をするのではない。『心身脱落』の状態で御心のままに、行うことで導きがあり、直感・悟りが与えられる。」

「『奉仕』と言うのは悟り?」

「神とつながっているので完全な悟りとも言える。人が『無償の奉仕』で喜びを感じている一方で、神はその者に必要なもの全てを与えてくたさるので行動は神そのものだ。」

「そうか。そう聞くと、『カムナガラ』の方が分かりやすいし、宇宙そのものという気がする。パワフルだ。」

「われわれは仏(根源紳が内在するもの)だからこそ修業ができるというのは、あらゆるものに根源紳が内在しているから、我々は仏(根源紳とつながった存在)だからこそ、すべて神とつながっているからこそ『奉仕』できる。と言うことになる。

僕らは創造神(根源紳)の被造物として、内在した創造神に従って奉仕活動する事を『カムナガラ』と言っているんだか、道元は禅と言う修行と共に行うと言っている。言葉の上では、全く別の事を言っているようで実は内容は同じなんだ。すごいね」

「すごいね。」

「1万5千年前、縄文時代にふつうにおこなわれていたと思われる『カムナガラ』が、次第に消滅状態に近くなり、鎌倉時代の道元によって、禅の僧侶の中で復活されていたんだな。この時代もいまとよく似た宇宙的波動があったのかもしれないね。

でも、ありがとう。おかげで道元を知ることができたし、仏教も、禅も修行を極めれば、古道のカムナガラと同じところに導かれるということが分かったよ。」

「いやあ、何か、感じたんだよ。あの難しい表現が結局カムナガラと同じことを言っていたとはね。」

カムナガラ(惟神)超健康法

「カムナガラ(惟神)とは、常に創造神を思いながら生活することだって分かってくれたよね。超健康法で学んだことは、日常で実行するんだよ。意識と体をつなぐ。自分の体の中のつながりを意識して日常生活を送る。これで世の中が激変する。」

「オーバーだな。でも、毎日楽しくなったのは確かだ。」

「体操は体操の時間にする、日常生活は別。」 その考え方は違うというのは分かってくれたかな。日常生活の中にマッサージ体操を活かすのだ。」

「そうだね。」

「マッサージ体操の特徴は、何かな。」

「えーっと。全身のつながりを感じて動く。」

「そうだね。あと、重力を感じて動く。それに、『全意識』をキープする。だったよね。これが超健康・マッサージ体操の基本だよね。」

「うん。でも普段に生活の中でどうしてそれが実行できるというんだ。」

「工夫だよ。たとえば、…」

(「日常生活の中で行う超健康法(1)」へ続く。)

カムナガラ(惟神)・古神道(心の制御はむずかしくない4)

?(『カムナガラ)惟神)・古神道(心の制御はむずかしくない3』から続く)

「すこし、混乱してきた。何か特別な思想のようにも思われる。」

「赤信号、みんなで渡れば怖くないというね。みんなが狂っていれば自分も狂っていよう。そう決めるかい。そうでなければ、本来の姿になろうよ。」

「いや、やはり、本来の姿に興味ある。もういちど説明してくれる。」

<本来の心>

「あらゆるものの中に宇宙根源の神を見、神に奉仕しようとする姿勢は本来の人間の姿である。何かに奉仕しようとするならその奉仕の対象がどのように思い、どのように感じているのかを知ろうとする。これは主と客が入れ替わりそのつながりが最も強い状態になることを示している。花に水をやるものは、花がどれほどの水を欲しているが花になりきって知ろうとする。花になりきれば、花が生き生きと輝いているその心を知る。花が欲しいもの、適度な太陽の光を喜び味わい、蝶や蜂を呼び求める、その喜びを感じる。

そこには自分だけの損得の意識と言うものがなく、奉仕する相手側の心があるのみである。そしてその相手側の心を満たすためにだけ行為する。その行為は必ず満足の結果を得て、絶えず自分の心は喜びに満たされる。これがつながりの仕組みだとわかってもらえるかな。」

「ああ、なんとなく。」

<奉仕の心には、悪は生じない>

奉仕がつながりを作る最も強い仕組みである。このように日常の行為を行えば喜びしかなく、悪と言うものは生じない。悪と言う実体があるのではなく、関係として現れるものだからです。もし奉仕の行為が、ある存在にとって不都合なものであった場合にその存在が君を憎んだとしても、それはその人に生まれた悪であって、君のこころには悪は生じない。

その対象の中に神を見る。神は、宇宙をつながったものとして作られ互いに助け合い喜び合いながら暮らしていく、その行為を行えば強いつながりがさらに強くなる。これが本来の人の姿なんだ。

<自分と環境との一体感>?

このように行じていけば自分と環境とは別個のものではない。環境があるからこそ自分が存在する、すなわち自分も環境もひとつの物であるという感覚になる。自分の心と言うものが他の存在と別個なものではなく、むしろ他の存在を満足させる他の存在のための心になっているのに気づく。そして、環境に喜ばれる生き方をすることで自分の生を輝かしいものにできる。

「ああ、自分の心が、自分という存在も含めて、創造神がつくったあらゆる存在の心で満たされているということ?」

「分かってくれたようだね。ありがとう。みんながこのようにすれば、すべての存在の意思疎通がうまくいく。天国が実現するような気がするだろう。」

「全くそうだ。でも、みんながやることはないだろう。」

「そうだな。しかし、一割の人がやれば、十分天国になる。もし自分ひとりであっても、根源の存在と共にあって、自分は天国になる。」

神道

 

 

 

 

カムナガラ(惟神)・古神道(心の制御はむずかしくない3)

?(『カムナガラ)惟神)・古神道(心の制御はむずかしくない2』から続く)

<私の心>

「君の言う感謝と奉仕で満たされた心とは具体的にどんなものなのか説明してもらえるかな。」

<全意識>

いつも話している全意識が基本的に宇宙の全てとのつながりを心に作っている。身体から入ってくる環境の全てだ。そしてそのすべてにつながる創造神、根源神と呼んだ方がこのばあいには分かりやすいかな、全てに存在する一なるものだ。心の奥でこの一なるもので全てとつながっている。

<個々の縁>

私も大勢の人に助けられて今、この命がある。それに応えるために、悟らせていただいたことから、今の人たちに実行可能な提案をしている。もちろん自分を与えていただいた創造神にも感謝、し自分にも奉仕している。」

 

<奉仕の縁>

「命の危険から救ってくれた人がいる。事業の失敗でお金の融通をしてくれた人がいる。その失敗を支えてくれた妻がいる。それだけではない。数えきれない人びとが私を支え、生きさせてくれた。それらの人のおかげで、今私は奉仕活動ができる。体中の筋肉が癒着して血行が悪くなり、それらを改善してくれた指圧の先生、筋治療の先生、気功の先生、ヨガの先生など、それらを数え上げればきりのない存在たちに感謝し、その分自分ができる奉仕活動する。」

<自分に対する奉仕>

「みんな、自分だけに奉仕している?」

「いや、自分にも奉仕できていない。この、理解しきれない高度な身体、精神のことは知らないし、知ろうともしない。その気持ちになったら、この前紹介した『春琴抄』(谷崎潤一郎著)の丁稚のように、いとはんのことを全力で知ろうとする。その気持ちで自分の体を観察することが第一段階だ。」

「じゃあ、われわれは、自分も大切にしていない?」

「そうだ。私なんかは、子供のころ、自分を大事にすることは恥ずかしいことだと思っていたくらいだ。」

「へえ、そうだったの。僕は自分を大事にしていたと思う。」

 

<感謝、味わいと奉仕>

「全ての存在が創造神の創られたものであり、その存在たちに感謝すると同時に、それを作られた創造神に感謝する。だから、すべてに創造神を意識し、その被造物である存在に奉仕する。奉仕する相手である存在の心が私の心の中にある。それらは主に人であるが、ときには、花であった、り動物だったり、味であったり、香りであったり、メロディーであったりする。それらに感謝し、それらを喜んで味わうことも、また奉仕である。」

?(『カムナガラ)惟神)・古神道(心の制御はむずかしくない4)に続く)

 

?これからのカムナガラ)惟神

 

カムナガラ(惟神)・古神道(心の制御は難しくない2)

?(『カムナガラ)惟神)・古神道(心の制御はむずかしくない1』から続く)

「水の恵み。空気の恵み。太陽の恵み。食物の恵み。木によってさわやかな空気を味わい、花によってやすらぐ。人の働きで安全な暮らしができ、食料が与えられる。こうしたことが分かれば、私たちはそれらに感謝する。元気のない花を見て水不足が原因だとわかったら、水を与えるようになる。それは創造神の創造物に対する奉仕だ。」

「確かにそうだ。感謝しなければならない。自然と奉仕するようになる。」

「意識して感謝するとそのつながりは強くなる。多くの環境との強いつながりが心に形成される。」

「なるほど。」

「感謝しようとする気持ちは奉仕しようとする気持ちを高め、なおつながりは強くなる。これが本来の人の心の働きだ。環境との調和が抜群にとれる。心は幸せだ。しかも、先日『春琴抄』で奉仕こそ人の最高の歓びだと紹介した。それは本来の姿だからだ。」

「奉仕か。でもなかなかそういう気持ちにもなりにくいな。」

「それはいま、環境とのつながりが希薄で、心が自分の利得だけで埋まっているからだ。他の多くのつながりによって他のものが持つ心で埋め尽くされたら、自然に感謝と奉仕の心で埋め尽くされる。その状態で全体の調和を取って働くから、頭で考える以上の成果を出す。」

「心に周りとのつながりがなくなっているから、自分の利得だけで埋め尽くされているというのか。」

「そうだ。古神道の時代は全ての存在に神を見たから、すべての存在に感謝し、奉仕しようとしたと思われる(文献がないから想像だが)。いまは、自分ひとりで生きているように錯覚して周りを意識しない。当然感謝もない。喜びは目先の利益にだけ見出す。奉仕は損だと思うからその喜びを知らない。心はそんな特殊な状況におかれてしまっている。そんな心を制御しようとしても難しいのは当たり前だ。」

「すると、周りを意識し、そのつながりで生かされていることを感謝し、奉仕で心が満たされば、自然に制御されるということか。」

「そうだ。世界が奉仕し、奉仕されながらそれぞれの命を生きるということは、創造神の創った世界が本来の形に戻ると言う事だ。本来の形にもどれば、もう心の制御は自動的に最高の調和をもって行われる。」

「なんとなく、分かる気がする。」

「超健康法のマッサージ体操は体が弛むだけではなく、そのつながりを体感してもらうためのものだ。続ければすぐ効果が分かるし、 その次の段階もすごい。それはお楽しみだ。」

?(『カムナガラ)惟神)・古神道(心の制御はむずかしくない3』に続く)

カタカムナのカムナガラ

カムナガラ(惟神)・古神道(心の制御は難しくない1)

「心って制御するのは難しいね。」

「それは人本来の心の使い方をしていないからだ。ほぼすべての人がそうなってしまってる。」

「人本来の心の使い方?」

「そう、宇宙を創ったのは誰?」

「創造神?仏?」

「名前いろいろあるだろうが、そのとおり。」

「別々にに創ったと思う?」

「?」

「もし、人だけ作って、野菜や穀物、果物がなければ人は生きていける?水がなければ?空気がなければ?」

「そうだね。」

「だから、必要なものをつなげて創ったのだ。」

「体操をしようと思っているのだけれど、ついテレビを見てしまって時間がなくなる。」

「分かるよ。心というものは、神が創った自動運転装置だ。それがなければ常に判断に迫られてなかなか行動ができない。その点、心があるから、体はかってにいつものとおりにこなしてくれる。」

「子供に頭ごなしに怒るのはやめようと思うのだが、怒ってしまった後で、いつも反省している。」

「わかるよ。ほとんどの人が心に振り回されている。宗教もその問題で頭を痛めてきた。」

「何が悪いと思う?どこに心の制御できない問題があると思う?意志が弱い?」

「そうだね。意志が弱いのだろう。」

「違うんだ。心を制御しようとするから大変なエネルギーを要する。心には、思いっきり自由には羽ばたかせてあげる。それでいて、最高の判断を自動で行なって素晴らしい成果をあげてもらう。」

「そんなことができたらいいね。」

「そのためには、『創造神は必要なものをつなげてこの宇宙を創った』ということを、まず、しっかりと確信してもらうことが必要だ。」

「うん。そうしよう。」

(カムナガラ(惟神)・古神道(心の制御は難しくない2)に続く)

カムナガラタマチハエマセ

 

 

カムナガラ(惟神)・古神道

「カムナガラの生き方をしてるんだって。カムナガラってどういうこと。」

「うんカムナガラっていうのは神ともにと言う意味なんだ。神と言うのはあらゆるものに内在している宇宙創造の神のことで自然の森羅万象の中に内在している神を意識して生活することなんだ。

今は誰もそんな生き方をしている人がいないので少し理解が難しいかもわからないね。でも古代にはそういう人たちがたくさんいて日本の古神道はそれを受け継いだらしい。つい最近までカムナガラを引き継いだ人たちがいたのだが、今はその最後の人たちも亡くなってしまったようです。私はその人たちから受け継いだのではなくてたまたまたまカムナガラの生き方を始めたんだ。その人たちは超能力があったようだけど、私にはないよ。」

「普通の生活とどう違うの。」

「意識が全意識(私の造語)と言って宇宙全体を意識する意識で生活のあらゆる行為を行う。つまり座禅なんかで仏や神を意識することを日常生活の中で行うのだ。」

「かなり難しくなりそう。」

「かなり難しい。だけど慣れればできる。昔は言葉がなかったから、全面的にその意識で生きていたのだ。だから特別な事でもない。

言葉ができると目先の事から教えて最後にカムナガラの意識になる。今はその時代が終わろうとしていて、また再びカムナガラの意識から日常の行為を考えると言う、そういう時時代になろうとしている。つまり法華経で教えたのと全く反対の方向からのアプローチだと言うことだよ」

「やっぱり、難しくない?」

「そう、かなり難しいと思うよ。今の時代だから。だけど実行するのはしやすい。人の元の生活のやり方に戻るだけだから。」

「具体的にはどんなことをするの。」

「まず環境とつながっていると言うことを知らなきゃいけない。そして見えない世界を意識しなきゃいけない。意識することで強いつながりのパイプを作る。」

「そんなことをしたことがないからピンとこないな。誰でもできることなのかな。」

「いやできない人も居ると思うよ。だけどできる人がやっていくと、できなかった人たちもできるようになる。そういうものなんだよ。」

「じゃあ、僕もできるかなあ。」

「十分にできるよ。」

「で、メリットは何?」

「メリットは間違った生き方をしなくなる。だから楽しい。」

「じゃあ、宗教団体でも作ろうというの。」

「そう、自分はどういう生き方をするべきか真面目にそういう考え方をする人は座禅とか宗教とかで悟ろうとしてきた。でも私がしているのは、宗教じゃなくて特別な教えもない。元の人間に戻って、本来人間が持っていた習慣を取り戻っして活き活き、楽しく生きようとするだけなんだ。」

「?」

「元に戻るだけなんだからできないことをしようと言うのではない。過去にやっていたことを忘れてしまったが、とても大切なことなので、またやり始めようと言う事なんだ。

だけど、法華経なんかで最後に教えることを最初にやろうと言うのだから戸惑うと思う。」

「…」

「ことばで直接説明できる内容じゃないので、誰も説明してこなかった。でも、体験すれば分かってくる。まず、体験が必要だ。」

「体験ってどうするの?」

(次回に続く)

日本神話・カムナガラ(惟神)

肩こりを知らない人・肩こりのひどい人・「かむながらの道」

体操教室のメンバーに肩こりを知らない人がいます。。人に按摩しても自分は疲れないというので、この人の按摩をうけると、エネルギーが強いことがわかりました

他の人との違いはなんでしょう。まず、自然体で温厚な性格。急いでものごとをこなそうとする地元恩智の人たちとは違ったものがあります。彼女の義理の父の評価は低かったようです。私の母は、この人とは全く反対で、数人分の仕事をこなしてしまいます。地元恩智の生き方の鏡みたいな存在です。男まさりの仕事をこなしてきました。しかし、たえず肩を凝らして、指圧やマッサージを受けていました。

私も母に似て、短時間で自分の仕事をこなして余裕をもつタイプでしたが、社会の中ではその余裕の時間は他の人の仕事を手伝うことで奪われ、つねに、私は肩こりのひどいタイプでした。いつのまにか疲れても休憩しない生き方になってしまいました。

人の体のしくみに驚愕して、創造神のすごさを知ってから、貸し与えられたこのからだを愛し、体に対する奉仕を実行していく中で、肩こりを知らないこの人との出会いは大きな意味をもっています。

筋肉の緊張がほぐれない状態をどのように回避していくか、人の原点・「かむながらの道」に戻りながら取り組んで、かなりの成果があがりつつあります。その方法はこの肩こりを知らない人の生き方と近似しています。それでいて、仕事の成果も上がる工夫に取りくんでいきたいと思っています。仕事も創造神に対する奉仕の一つですから。

超健康法・惟神(かむながら)の道10

?<超健康法・惟神(かむながら)の道5の「爆笑寸前のおなか」がよくわかりません。>

「爆笑寸前のおなかには喜びのエネルギーが起こらないのですが」と言われました。ひとによってちがうのですね。理解しやすいように体操のかたちで説明したのですが、かえって分かりにくくしたみたいです。ごめんなさい。私は意識で丹田に喜びのエネルギーをつくります。どのような方法でも構いませんから、丹田に喜びのエネルギーをつくっていただいたらいいのです。

また、手の動きをつけなくてできる人は意識だけで行ってください。分かりやすいようにと配慮したものですが、できる人は意識だけで行ってください。全て、手を使わない方が本来のものです。

<喜びと愛でセット>

宇宙の源のエネルギーは「喜び」と「愛」のエネルギーだといいましたが、この2つでセットです。与え続ける「愛」があってこそ受け続ける「喜び」があります。まわりに愛を与えてこそ、喜びが維持されます。

<「愛」のエネルギーを「全意識」に送り続ける>

「喜び」に満たされると同時に、「全意識」に愛のエネルギーを送り続けます。これは周りの全てに「愛」のエネルギーを送るという意味です。これで初めて「全識」との一体化が実現し、「全識」と同調できます。「超健康」を仲間たちに与え続けるのです。

<かむながら応援団>

「超健康」を仲間たちに与えることこそ、自分も周りも超健康になり、楽しい喜びにあふれた人生になるのです。理解していただいた人はぜひ、周辺の人たちと共に、「超健康」の人生を送って下さい。そういう意味で私と共に「超健康」をめざす人たちを「かむながら応援団」と呼んでいます。

これで超健康法・惟神(かむながら)の道」(1~10)シリーズをいったん終わらせていただきます。