会長ブログ | 大阪府八尾市の美家古

カテゴリー別アーカイブ: 一般健康法

健康と恩智(南高安)地区

毎年の住民健診が先日終了しました。毎年1月の終わりの1週間余りをかけて南高安地区の住民の集団検診が行われています。友人がその資料をネットから出して、届けてくれました。

「脳卒中などの生活習慣病の予防法について詳しいことがまだわかっていなかった昭和30年代に、大阪府立成人病センター集団検診第1部 (元・大阪府立健康科学センター、現・大阪がん循環器病予防センター 循環器病予防部門)の医師らが開始した、日本を代表する循環器疾患の疫学研究です。当時、健康診断の技法がまだ確立 していなかった時期に、どのようにして病気を早期発見し、予防するかを明らかにするため、当時はまだ普及していなかった血圧、心電図、眼底、血液検査などを組み合わせた先進的な集団検診を開始しました。昭和38年から大阪府八尾市の一部(曙川・恩智・南高安地区)、秋田県井川町、本荘市(現・由利本荘市)の石沢・北内越地区が、さらに昭和44年からは高知県野市町(現・香南市野市町)、昭和56年から 茨城県協和町(現・筑西市協和地区)が加わりました。これらの地域では、大阪がん循環器病予防センター、大阪大学、筑波大学、愛媛大学等の 研究機関と協働で、一部の地域を除いて現在でも予防対策が続けられており、厳密に精度管理された各種の検査、生活習慣に関する調査、地域全体における脳卒中・心疾患(心筋梗塞、狭心症、心不全など)・認知症などの発症把握と疫学研究を継続して実施しています。こうした取り組みを通して、脳卒中の多発をはじめとする日本人の生活習慣病の特徴が、欧米とは異なることがわかり、日本人に適した予防法を 開発する必要があることがわかってきました。また、従来の基本健康診査や現在の特定健診などの健診制度の基本となる検査方式を確立する上で、研究の成果が大きく貢献してきました。」

財団法人 大阪府保健医療財団 大阪がん循環器病予防センター のホームページからコピーさせていただきました。

恩智という地域はすごいところですね。縄文時代から人が住み着き、その遺跡があります。天皇家の支配がはじまるまえに住みついていた豪族の拠点でもありました。2か所で銅鐸も発見されています。

昭和38年秋田県に続き、昭和39年にこの恩智地区を中心とした集団検診が始まり、昭和56年から始まった茨城県と合わせ、全国で3か所がいまも続いています。

農業を中心として、よく働く地域で、「恩智には嫁にやるな」と周辺地域から言われてきました。「ひっちゃくにち」というあだ名のついた人もあります。1年に700日働くという意味です。「寝る間も惜しんで」という表現と同じです。私は農業ではありませんが、それに近い働き方をしています。知らない間に親から受け継いでいるのですね。

これは、この地域の人たちが健康であったことの証です。また、健康に関心が深かったともいえます。毎年、地元の人たち50名余りがこの期間、2000人くらいの集団検診の世話を続けてきました。私も過去に2年間お手伝いさせていただきましたが、大変な負担でした。これを50年以上も続けられたという地域住民の特異性に驚かされます。

私はいま、地元で「体操教室」のお世話をさせていただいていますが、ほかにも、いくつもの体操教室があります。いま、『マッサージ体操』という、画期的な体のメンテナンスを始めて、普及させようとしているのも、「この地域の持つ何か」が影響しているように思えてきました。

 

ねりごま健康法

安上がりの健康法をご紹介します。枇杷の葉健康法を教えたら、私もお返しですといって、練りごまを毎日スプーン1杯食べなさいと教えられました。ずーっと付き合っていた偏頭痛がなくなったそうです。

ちょうど九鬼の黒ゴマのねりごまの缶詰があったので即実行しました。黒は少しポリフェノールが多いし、いいタイミングだと感謝して、パンにつけて食べました。オリーブオイルよりも日本人にはあっているかも。

インタネット「スキンケア大学」からオーガニックビューティ・スペシャリスト佐藤美知子の書かれたものを紹介します。

1.鉄分、カリウム、マグネシウム、リン、レシチンなど豊富なミネラルを含んでいます。

2.肝機能の解毒作用が知られているアミノ酸の1つ、メチオニンが含まれています。

3.カルシウムの最適な補給源。35gの練りごまで、だいたい1日のカルシウム摂取量の35%をまかなえるほどです。

4.ビタミンE、B1,2,3,5とB15と、ビタミンB郡がとても豊富に含まれています。

5.細胞の成長を促進する機能が知られています。

6.貧血症の予防、免疫強化、神経器管機能の強化などの作用が知られています。

7.健康的な肌の維持や筋肉組織の維持に。

8.完全プロテイン20%で、ほとんどのナッツ類よりもプロティン値が高いのが特長。

9.アルカリ性ミネラルの含有量が高いので、消化されやすいく、減量の助けになることが知られています。

10.不飽和脂肪(良い脂肪)の含有量が高い。

まだ1週間余りで特に効果は感じていませんが、サプリメントより、実質的だし、コストも安いので続けようと思っています。

リノール酸とαーリノール酸

『毒消し料理術』(大森隆史・花田美奈子著)に興味あることが書いてありました。

「わたしたちの身体には、リノール酸とαーリノール酸の両方が必要ではあるものの、問題はリノール酸とαーリノール酸のバランスをどのようにとるかという点にあります。なぜなら、リノール酸とαーリノール酸は競合関係にあるため、αーリノール酸の効果を出すためには、リノール酸の摂取を制限する必要があるのです。(中略)

ここで問題となるのが、伝統食で推薦されているごま油には、αーリノール酸は少量しか含まれていないということです。調理にごま油しか使わないとしたら、リノール酸が過剰になり、アトピーなど炎症性疾患の原因をふやすことになりかねません。(中略)ふだんの生活でリノール酸不足になることはまず考えられません。

アレルギーなどになやまされている方は、このαーリノール酸が豊富なシソ油、エゴマ油、アマニ油に切り替えてみられるとよいでしょう。」

私は忙しいとミックス野菜のジュースに匂いのしない高級ごま油を加えて飲んで手間いらずの食事をしていましたが、あるとき、体の拒絶を感じて止めました。リノール酸とαーリノール酸のバランスをくずしてしまったのですね。何事にも調和ということが大事で、同じものを続けて摂取すると偏るために都合の悪いこともあるのですね。

栄養学も日進月歩で進んでいます。ときどきこのような本も読まなくては間違いを犯してしまいますね。

修験の根本原理(2)ア・バン・ウン

引き続き、山本さんの説明があります。

「陰陽道の身を護る呪術では、自然すべてのものは陰陽二気で成り立っています。人の身体もこの二気がバランスよく結合して行われ、これが崩れた時、病気となる。人の内臓も陰陽五行説に当てはめ、肺は金、心臓は火、肝臓は木、腎臓は水、脾臓は土になぞらえ、これを保つには、「上虚下実」といい、上半身は常に清々(スガスガ)しく、保ち、下半身はいつも温めておく必要がある。

人の「気」は一日に50回循環し、陰は臓に対応し、陽は腑に対応する。臓器に滞った邪気を外に出す方法として六気法がある。」

私たちは、通常、呼吸は肺がするものだと思い込んでいますが、宇宙の全てがつながっているように、小宇宙と呼ばれる私たちの体の全てもつながっています。呼吸を変えると、目に映るもの、耳に聞こえるもの、肌で感じるものが変わってきます。発する声も、体の動きも、まわりに与える影響も変わります。剣道、武道、華道、茶道など「道」のつく行いも究極は呼吸を意識します。それは宇宙とのつながりであり、すべての元であるからです。

「故に昔から無意識に行っている呼吸が如何に精神面や健康面等に大切か知って頂ければ、今後自分の呼吸に少しは意識して行えば体にとって大変影響があると知っていただければ幸いです。」

と、おっしゃっています。

そして、

「よって修験道は胎蔵界金剛界曼荼羅の種子(シュジ)(?(ア)?????(ウン))で気息であって、それにより五大(地水火風空)の五体即ち身体は??(バン)となりこの気息が大日如来(アビラウンケン)となる。ここにア・バン・ウンという修験の秘密真言が成立する。」

と締めくくっておられます。ありがとうございました。

枇杷の葉風呂3

しばらく枇杷の葉風呂が続いていますが、いまは、松葉と混ぜています。体調がどんどんよくなるのを感じます。

昼間は腹巻の中に前後、左右2枚ずつ8枚入れています。ときどき、腹巻をずらします。おなじところにしているとだるくなるからです。

腰が弛んでくると、味をしめて首、肩もと欲がでてきます。いまの時期にネックウォーマというわけにもいません。そこで、昼間使った枇杷の葉が入った腹巻をそのままシーツの下に引いて、ちょうど首と肩のあたりになるようにして寝ます。

何日間か体験していますが、朝は快調です。腕に力が漲っています。がんばるぞという気になります。時間の少ない私向きの、手間かからずの健康法です。

枇杷の葉(2)

枇杷の葉風呂2日目です。温め湯にして2日目です。洗髪の後、頭からお湯をかぶり、後はよく洗い流しておきました。これで全身です。

昨日に続いて元気な朝を迎えることができました。気分的には最高です。

ただ、妻に昨日聞いたら、

「うーん。少しだけど湯船には入って、よく温まる湯だなと思ったけどとくには何も。」

「細かい毛の影響は。」

「うーん。洗い流さなかったけどなんともない。」

私は、風呂以外に腹巻の中に入れてみました。1日目はお腹。二日目は右腰。3日目は腰の後ろ。おなかに居れたときは、出にくかった排便がスムーズになりました。右腰の場合は右腰が弛んだ感じがしました。後ろに入れたら腰がだるくなりました。これも弛んだのでしょう。今日は前後左右腹巻にいれておなか全体をまきました。片寄りの感覚がなく、腹ができているとか、腹がすわっているとか表現できる上体でした。

肌に接触していないので、波動の世界です。枇杷の葉がこのような波動を持っているとは。

今晩は3日目の枇杷湯に挑戦します。

ドクダミ・十薬

IMG_20150623_095110

庭にドクダミがはびこり、草むしりが大変です。父が病床についてから私や、妻が庭の草むしりをするようになったのですが、私がしたときは、引き抜いたドクダミを乾燥させてドクダミ茶をつくろうと準備していたのです。ですが、忙しさの中で実行できず倉庫を掃除するときに捨てていました。

今年は、母が知り合いにすすめられたということで、乾燥してあったドクダミを煎じました。父が使っていたという薬草用の土瓶をとりだしてきたので、夕食のあと、すぐ実行しました。

生のあの臭さはなく、味はまろやかで、水と草の分量比が最適だったようです。思っていたのとは違って、とてもおいしい飲み物でした。

父は生前、十の薬効があるから十薬というのだといっていましたが、母はもろくなった血管のため、妻は高血圧症のために飲みました。私は特になかったのですが、飲んでみると、3日間で胃腸の調子が改善されました。

副作用もあるそうで、腎機能や肝機能が弱っているひとは要注意です。私個人は続けないで、ときどき飲むことにしましょう。