宇宙と人類

Share on Facebook
LINEで送る

『宇宙1・天に満ちる生命』(NHK「宇宙」プロジェクト編)を読んでいくと、

ハッブル宇宙望遠鏡がもっとも遠い宇宙を撮影した写真があり、

「そこには120億年前にさかのぼる無数の銀河が写っていました。1000億個以上といわれる銀河の数。私たちは本当に孤独なのでしょうか。はたして地球外生命との交信は可能なのでしょうか。」

とコメントされています。そして元宇宙飛行士のジェラルド・カーさんの談話を紹介しています。

「なにしろ、星の輝き一つをとっても、地上から見るのとまったく違うのです。星の一つひとつが太陽と同じ恒星であるということが理屈抜きに実感できるのです。しかも、そうした輝きがあらゆる方向に満ちていて、私たちをつつみこんでいるのです。宇宙では、無数の太陽が無数の生命の世界をつくっているに違いない。そうして、原始的な生物から、高度な知性を持つ生物にいたるまで、ありとあらゆる生物が誕生と進化、衰退と死をくりかえしているに違いない。そういう、啓示のような直観が私におとずれ、私の宇宙観は大きく変わったのです。(中略)

人間は自分を特別な存在であるかのように思っています。しかし、それは人間の思い込みにすぎません。宇宙から見れば、人間の営みはあまりにも小さいのです。文明というものも、とるに足らないものなのかもしれません。」

私はこれを読んで、思いました。確かに物質としての人間は広大な宇宙のなかでは取るに足らない小さな存在かもしれません。しかし、この広大な宇宙の端まで意識できる統合的な精神を持った極めて優れた存在であると感じました。何層もの波動をもった宇宙と、同じく何層もの波動をもった人間が関わった世界。人が宇宙の全てと繋がっている。このように捉えるなら、人は宇宙とともに想像もつかない進化を繰り返していくに違いないとも思えるのです。

 

カテゴリー: 宇宙・人類, 河内の翁 | 投稿日: | 投稿者:

河内の翁 について

飲食店の仕事を現役で行いながら、ご理解いただける仲間とともに、「かむながら」という生き方を実践しています。宗教、宗派を超越したものです。 「かむながら」とは、「常に根源神を意識しながら行動する」という意味です。 根源神とは、宇宙を創った存在のことです。宇宙の全て(私達を含む)は、創った存在(根源神)とは常につながっていますので、宇宙そのものとも表現できます。