人類の基礎を築いた祖先たち

Share on Facebook
LINEで送る

『つい誰かに教えたくなる人類学の大疑問』(日本人類学会教育普及委員会監修))からさらに紹介します。

 

「約1万年前に最終氷期が終わり、地球は急速に温暖化しはじめました。その結果、日本列島の埴生に大きな変化がおこり、1万年前にはクリなどの堅果類を含む温帯の森林が成立したことがわかっています。またオオツノジカやステップバイソンなどを含む大型獣がいなくなりました。このような状況で、植物と魚類に依存した定住生活を特徴とする縄文文化がはじまったと考えられています。縄文時代の人びとは、周辺の環境によく適応していました。たとえば、北海道では海産物を中心とした食生活が発達し、本州では森林の資源と海洋の資源を組み合わせた食生活が発達しました。

本州の中でも西日本は照葉樹林が中心で、堅果類の生産量は多くありません。一方、東日本の落葉樹林では、照葉樹の堅果類よりも生産性の高いクリやドングリが多かったようです。このような東西の埴生の違いは、縄文時代に西日本より東日本に多くの人口が分布していた可能性を示唆します。(中略)

堅果類は秋に豊かに実りますが、主食としてほかの季節にも食べるためには貯蔵が必要です。また、生では食べられないので加熱調理をしなければなりません。そして、貯蔵や調理の為の土器や石皿などが出現しました。旧石器時代が終わり、縄文時代を特徴づける土器が現れるのはおよそ1万6000年前のことです。

縄文時代の日本列島では、クリのほかにクルミやフキ、ワラビなどもよく利用されました。たとえば、三内丸山遺跡の土に含まれている花粉の分析からは、クリが自然状態ではありえないほど密集していたことがわかっています。これらはいずれも明るい明けた場所でよく育つ植物です。有用植物を残すために、ヒトが伐採や野焼きによってそれ以外の植物を除去し、環境を改変していたと思われます。

また森は、調理や土器製作に必要な火を起こすための薪や、住居の建築材を得る場所となりました。ヒトにとっては、食料源としても役立つクリや生育の早い樹種などを中心とした森林が好都合です。実際に森林の樹種を人為的に操作しはじめ、その結果、二次林を生むことにつながりました。

縄文時代の後半の4500年前頃には、リョクトウやダイズなどの豆類やヒョウタン、アサ、エゴマ、シソ、ゴボウなどの外来植物も持ち込まれました。

やがて、2800年前頃に稲作がはじまり、水田が特徴的な風景となる弥生時代へ突入していくことになります。水田稲作がはじまると、耕作用に水をためるようになりました。そこには水場をすみかや繁殖の場とするカエル、メダカやドジョウなどの小魚、それを食べるサギやトキ、コウノトリなどの水鳥も多く暮らしたでしょう。稲作によって食糧が豊富になったことで人口も増え、このようなヒトの活動による環境の変化もいっそう進んだはずです。山裾に水田が広がり、雑木林の資源も利用する「里山」と呼ばれる景観が、かつては日本列島の各地で見られました。これは縄文時代の森林利用の伝統と弥生時代の水田稲作が融合したものと理解できるかもしれません。」

さらには、水田稲作を始めて、食料を安定して確保しました。ヒトは環境に働きかけて、環境を変えていったのですね。まず、食料を確保するために森林に手を加えて、伐採や野焼きをしたのですね。偉人と呼ばれた素晴らしい祖先の存在にも驚きましたが、いや、ヒトの祖先は誰もが素晴らしい。環境を変えてしまう能力をその当時から持っていたのですね。いや、与えられていたのですね。われわれを創造された存在。長い長い時間をかけて。その偉大な存在のために、どんなことをしても自分の役割だけは果たしておきたい。そういう気持ちになります。

 

カテゴリー: 宇宙・人類, 河内の翁 | 投稿日: | 投稿者:

河内の翁 について

飲食店の仕事を現役で行いながら、ご理解いただける仲間とともに、「かむながら」という生き方を実践しています。宗教、宗派を超越したものです。 「かむながら」とは、「常に根源神を意識しながら行動する」という意味です。 根源神とは、宇宙を創った存在のことです。宇宙の全て(私達を含む)は、創った存在(根源神)とは常につながっていますので、宇宙そのものとも表現できます。