木村重成・大阪市中之島・東大阪市若江・八尾市幸町

Share on Facebook
LINEで送る

DSC_0364?DSC_0363

若江岩田に住んでおられる取引業者の馬場さんが木村重成のことを教えてくださいました。御親戚の馬場さんの家に木村重成の碑があるそうです。大坂夏の陣で討ち死にしたのが若江で、その墓が玉串川と寝屋川の交わるところにあるのは私も聞いていまして一度行きたいと思う内に、いつのまにか日が経ってしまっていました。

とりあえず、馬場さんが中之島にある碑のスマホの写真(中之島にある碑)を見せて下さったので、中之島に行ってみました。近くに住んでおられると思われるお爺さんがいましたので、聞いてみたら、御存じではなく、あるとすれば公会堂の近くだろうと教えてくださいました。次に公会堂の近くで着物を召したかなりの年配の何かの師匠というイメージの女性に聞いていましたがご存じありません。掃除をしているグループを見つけて聞いてみますと、連れて行ってくださいました。思ったよりはるかに大きな石でした。

私と同様、中之島に縁のある人でも、ほとんどの人は木村重成の碑のことは知らないのですね。インタ―ネットに歴人マガジンというのがありますが、そこで木村重成のことを「見た目も中身も超イケメン」と評価して紹介しています。

1) わずか22、3歳くらい、夏の陣で討死した重成の姿です。「首実検の場に運ばれてきた重成の首を見て、家康は目を見張り感嘆した。」この話が私が知っている木村重成の唯一の情報でした。重成の兜は固く結ばれ、はしが切り落としてありました。二度とこの兜を脱ぐまいと討死の覚悟です。重成の髪には香が炊きこめてあった。「これぞ武士の心構えだ」と家康は重成の覚悟と風雅を褒め称えました。

2) 重成は若く、実戦経験に乏しかったため、大阪城内で軽んじられていました。しかし、馬鹿にされることがあってもかれは受け流していました。あるとき、茶坊主までがひどく彼を侮辱しました。さすがの重成も刀を抜くかと周りは息を飲みました。しかし、「本来ならお前を切り捨てるところだが、それでは私も腹を切らなければならない。今は秀頼様のために死ぬ時で、お前ごときのためには死ねぬのだ」と静かに言い、微笑んだのでした。これ以降、だれもかれを軽く扱う人はいなくなったとのこと。

そのほかにも、戦場に戻らない部下を危険を冒して探しにいったことなどいろいろありますが、武勇にも優れ、心身ともにイケメンだったということで人気があったのですね。

ただ、一昔前の人々の心を打ったでしょうが、いまの若者たちにはその価値観はないでしょうね。命を懸けるもの、ましてそれが上司となれば?

非難の意味ではありません。なにか価値観の異なる新しい世の中がくる予感がするのです。

 

 

 

カテゴリー: 大阪歴史, 河内の翁 | 投稿日: | 投稿者:

河内の翁 について

飲食店の仕事を現役で行いながら、ご理解いただける仲間とともに、「かむながら」という生き方を実践しています。宗教、宗派を超越したものです。 「かむながら」とは、「常に根源神を意識しながら行動する」という意味です。 根源神とは、宇宙を創った存在のことです。宇宙の全て(私達を含む)は、創った存在(根源神)とは常につながっていますので、宇宙そのものとも表現できます。