大黒天(7)シヴァ神・ヨガ・相川圭子

Share on Facebook
LINEで送る

大黒天はシヴァ神の化身だと紹介しましたが、そのシヴァ神のことが、ヒマラヤ秘教の正統なる継承者・ヨグマタ相川圭子さんが『宇宙に結ぶ愛と叡智』に書かれていますので紹介します。

「シヴァは、無知や苦しみ、悪を破壊するエネルギーです。そして平和をつくり出していくエネルギーです。深い静寂の中に心理が現れ、自由になることができるのです。それが本当の幸福です。

シヴァはムクシャ、サマディ(解脱)のエネルギーであり、悟りのエネルギーです。人々が苦しみから解放されることを願い、無知から解放への、その術(すべ)を示すヨガを生み出しました。常に揺れ動く心、悲しい心などの心の苦しみは、心理を知らないからあるのです。」

シヴァ神が苦行をおこなっていたことは知っていましたが、それが私たちのためだったとは知りませんでした。しかも、宇宙根源の神と私たちを結ぶためにヨガの行法をつくったのですね。いまヨガというと難しい形をつくらなければならない体操というようなイメージです。しかし、体を知り、その奥に存在する宇宙根源の神を知るためのものだったのですね。

相川圭子さんありがとうございます。

 

 

 

カテゴリー: 河内の翁, 神社・仏閣 | 投稿日: | 投稿者:

河内の翁 について

飲食店の仕事を現役で行いながら、ご理解いただける仲間とともに、「かむながら」という生き方を実践しています。宗教、宗派を超越したものです。 「かむながら」とは、「常に根源神を意識しながら行動する」という意味です。 根源神とは、宇宙を創った存在のことです。宇宙の全て(私達を含む)は、創った存在(根源神)とは常につながっていますので、宇宙そのものとも表現できます。