超健康法・惟神(かむながら)の道10

Share on Facebook
LINEで送る

?<超健康法・惟神(かむながら)の道5の「爆笑寸前のおなか」がよくわかりません。>

「爆笑寸前のおなかには喜びのエネルギーが起こらないのですが」と言われました。ひとによってちがうのですね。理解しやすいように体操のかたちで説明したのですが、かえって分かりにくくしたみたいです。ごめんなさい。私は意識で丹田に喜びのエネルギーをつくります。どのような方法でも構いませんから、丹田に喜びのエネルギーをつくっていただいたらいいのです。

また、手の動きをつけなくてできる人は意識だけで行ってください。分かりやすいようにと配慮したものですが、できる人は意識だけで行ってください。全て、手を使わない方が本来のものです。

<喜びと愛でセット>

宇宙の源のエネルギーは「喜び」と「愛」のエネルギーだといいましたが、この2つでセットです。与え続ける「愛」があってこそ受け続ける「喜び」があります。まわりに愛を与えてこそ、喜びが維持されます。

<「愛」のエネルギーを「全意識」に送り続ける>

「喜び」に満たされると同時に、「全意識」に愛のエネルギーを送り続けます。これは周りの全てに「愛」のエネルギーを送るという意味です。これで初めて「全識」との一体化が実現し、「全識」と同調できます。「超健康」を仲間たちに与え続けるのです。

<かむながら応援団>

「超健康」を仲間たちに与えることこそ、自分も周りも超健康になり、楽しい喜びにあふれた人生になるのです。理解していただいた人はぜひ、周辺の人たちと共に、「超健康」の人生を送って下さい。そういう意味で私と共に「超健康」をめざす人たちを「かむながら応援団」と呼んでいます。

これで超健康法・惟神(かむながら)の道」(1~10)シリーズをいったん終わらせていただきます。

カテゴリー: カムナガラ, 河内の翁, 超健康法 | 投稿日: | 投稿者:

河内の翁 について

飲食店の仕事を現役で行いながら、ご理解いただける仲間とともに、「かむながら」という生き方を実践しています。宗教、宗派を超越したものです。 「かむながら」とは、「常に根源神を意識しながら行動する」という意味です。 根源神とは、宇宙を創った存在のことです。宇宙の全て(私達を含む)は、創った存在(根源神)とは常につながっていますので、宇宙そのものとも表現できます。