大阪府八尾市北高安・神宮寺の花、中高安の植木

Share on Facebook
LINEで送る

まだ3,40年前の話でしょうか。大阪府八尾市郡川のあたりの造園やさんが、まだ、植木市を催うされていて、1日で大きな売り上げが入っていました。そのときは、仕出し料理や、宴会など豪華にされていたのを覚えています。美家古もその注文をいただいていました。

最近は庭を作る家が少なくなって、植木屋さんも仕事がなくなっています。植木市もなくなったのでしょう。

神立や、神宮寺ではいまでも盛んに花が作られていますが、昔ほどの勢いはありません。仏壇や墓に花を供える家も少なくなり、1対が一束になったり、造花になったり、需要が少なくなって、売上が減っています。恩智には、北区、大阪駅の近くで花の卸売市場を経営されているところがありますが、ここはまだまだ良さそうです。

神立には、父母の行の締めくくり、知恵地蔵尊の建立に尽力してくださった森川さんの亡くなったおじいさんがおられました。このかたは、和歌山の通夜島で、ランなど南方系の花を栽培されて、大きな財を築かれました。お子息の貞央さんは、デパートに花卉を卸されて、やはり、大きな花の問屋さんをされています。美家古の仕出しもとっていただいたし、宴会もしていただきました。ありがとうございます。

通夜島から移された有姫龍神をお祀りされていましたが、知恵地蔵尊建立に際して60年ぶりの大雨が降ったのは、この龍神さんの働きだったのでしょうか。

かつて、好景気に支えられた花卉、植木などは、景気の衰退と共に、売上は減少しているようです。

カテゴリー: 河内の翁, 現代 | 投稿日: | 投稿者:

河内の翁 について

飲食店の仕事を現役で行いながら、ご理解いただける仲間とともに、「かむながら」という生き方を実践しています。宗教、宗派を超越したものです。 「かむながら」とは、「常に根源神を意識しながら行動する」という意味です。 根源神とは、宇宙を創った存在のことです。宇宙の全て(私達を含む)は、創った存在(根源神)とは常につながっていますので、宇宙そのものとも表現できます。