超健康法(7)マット・腰

Share on Facebook
LINEで送る

「もういちど仰向けになって、右膝を立てたポーズをとってくれる。」

「これでいいかな。」

「右腕は頭の下に於いて手枕をする。左手は左の腎臓の後ろにあてる。」

マット腰1

「そう。それで右ひざをゆっくり右に倒しながら、左手で腰、大腿の外側、膝(ひざ)をマッサージする。手をうごかすのではなく、体と脚を使って手にマッサージさせるという感じになる。」

マット腰3

 

「 続けて内腿をさすり、そけいぶをマッサージをする。」

マット腰2

「腰骨の内側を通り、腰骨の上に沿って外側に回し、腎臓に戻る。右膝(ひざ)も起こして最初の位置にもどす。これを5回から20回繰り返す。」

「反対側も同様にする。」

(超健康法(8)に続く)

カテゴリー: 河内の翁, 超健康法 | 投稿日: | 投稿者:

河内の翁 について

飲食店の仕事を現役で行いながら、ご理解いただける仲間とともに、「かむながら」という生き方を実践しています。宗教、宗派を超越したものです。 「かむながら」とは、「常に根源神を意識しながら行動する」という意味です。 根源神とは、宇宙を創った存在のことです。宇宙の全て(私達を含む)は、創った存在(根源神)とは常につながっていますので、宇宙そのものとも表現できます。