カムナガラ(惟神)超健康法

Share on Facebook
LINEで送る

「カムナガラ(惟神)とは、常に創造神を思いながら生活することだって分かってくれたよね。超健康法で学んだことは、日常で実行するんだよ。意識と体をつなぐ。自分の体の中のつながりを意識して日常生活を送る。これで世の中が激変する。」

「オーバーだな。でも、毎日楽しくなったのは確かだ。」

「体操は体操の時間にする、日常生活は別。」 その考え方は違うというのは分かってくれたかな。日常生活の中にマッサージ体操を活かすのだ。」

「そうだね。」

「マッサージ体操の特徴は、何かな。」

「えーっと。全身のつながりを感じて動く。」

「そうだね。あと、重力を感じて動く。それに、『全意識』をキープする。だったよね。これが超健康・マッサージ体操の基本だよね。」

「うん。でも普段に生活の中でどうしてそれが実行できるというんだ。」

「工夫だよ。たとえば、…」

(「日常生活の中で行う超健康法(1)」へ続く。)

カテゴリー: カムナガラ, 河内の翁, 超健康法 | 投稿日: | 投稿者:

河内の翁 について

飲食店の仕事を現役で行いながら、ご理解いただける仲間とともに、「かむながら」という生き方を実践しています。宗教、宗派を超越したものです。 「かむながら」とは、「常に根源神を意識しながら行動する」という意味です。 根源神とは、宇宙を創った存在のことです。宇宙の全て(私達を含む)は、創った存在(根源神)とは常につながっていますので、宇宙そのものとも表現できます。