超健康法(16)「穢れ」をなくすマッサージ体操(マット腰4)

Share on Facebook
LINEで送る

「腰は要という字がふくまれるように、体の要となるところだから、バリエーションを一つ紹介しておこう。両膝(ひざ)を立ててくれる。」

「いつもの基本スタイルだね。」

「そう、そして立てた右脚の足の指と左手の指を絡(から)ませてくれる。右手は右ひざに添える。」

「指が入りにくいよ。」

「そう、でもしっかりと奥まで入れてね。」

MX-3140FN_20171021_124242_001

 

「この状態で、全身を使って、右の腰をまわす。」

「ぎこちないまわし方しかできないな。」

「そのうちにスムーズに回るようになるから気にしないで。」

 

 

 

 

カテゴリー: 河内の翁, 超健康法 | 投稿日: | 投稿者:

河内の翁 について

飲食店の仕事を現役で行いながら、ご理解いただける仲間とともに、「かむながら」という生き方を実践しています。宗教、宗派を超越したものです。 「かむながら」とは、「常に根源神を意識しながら行動する」という意味です。 根源神とは、宇宙を創った存在のことです。宇宙の全て(私達を含む)は、創った存在(根源神)とは常につながっていますので、宇宙そのものとも表現できます。