超健康法(17)「穢れ」をなくすマッサージ体操(マット腰5)

Share on Facebook
LINEで送る

「それじゃ、腰の整理体操のようなものをもうひとつやって腰のマッサージ体操を終わろう。両膝(ひざ)をたててくれる。」

「OK。」

「踵(かかと)で支えて、腰をあげよう。両手は、後頭部を支えよう。」

「このくらいでいいかな。」

MX-3140FN_20171022_153436_001

「無理のない程度でいいよ。ゆっくりと、全身を使って腰を立体的に回そう。上から左、下、右、再び上というように。腰があがらなければ少し床から持ち上げる程度でもいい。その場合は平面で縁を書くように回す。」

マット腰上げ2

「何回位?」

「スムーズに回ったら2~3回でいい。反対側もまわしておく。」

 

カテゴリー: 河内の翁, 超健康法 | 投稿日: | 投稿者:

河内の翁 について

飲食店の仕事を現役で行いながら、ご理解いただける仲間とともに、「かむながら」という生き方を実践しています。宗教、宗派を超越したものです。 「かむながら」とは、「常に根源神を意識しながら行動する」という意味です。 根源神とは、宇宙を創った存在のことです。宇宙の全て(私達を含む)は、創った存在(根源神)とは常につながっていますので、宇宙そのものとも表現できます。