宇宙レベルの健康・トレガー・アプローチ

Share on Facebook
LINEで送る

前回の体験があまりにも短かったということで、今回2度目のトレガー・アプローチの体験をさせていただきました。

?トレガー博士は自らの体験のなかから、体にはもともと自由に、軽く、楽に動く機能が備わっており、もし何かの理由で抵抗や固さを感じたときには、その内 側(抵抗がなく楽に動く範囲)で心地よく動くことで、本来持っていた自由に、軽く、楽に動く機能を思い出す(再教育)することを発見しました。

そこでトレガー博士は“重さを量る”、“彫刻する(形を感じる)”、“軽く伸ばす”、“ロッキング(揺らす)”など穏やかで心地よい動きを繰り返すこと で、体が本来持っていた自由に、軽く、楽に動くことを思い出すサポートするワークを始めました。それがトレガーアプローチです。

トレガーアプローチには、プラクティショナーが受け手に働きかけるテーブルワークのほかに、メンタスティックスと呼ばれるものがあります。

メンタスティックスとはメンタルとジムナスティッ クスが合体した言葉でトレガー博士が造語したものです。メンタスティックスを一言で説明するならば、“動きを感じながら動く”ことです。体に意識を向ける ことで、体をより繊細に感じて、体の変化や求めに気づき、その求めに応じて体を動かすことです。メンタスティックスは個人で行うことができるため、トレ ガーアプローチのセフルケアとして用いられています。

トレガーアプローチを受けると多くの方が楽な感覚、自由さ、軽さ、くつろぎ、安定を感じます。トレガー博士はこの体験のことを“リラクセーションを超えた平和な感覚”と呼びました。 」(トレガージャパンのホームページから紹介)

私はこの説明をみて驚きました。私が紹介している『マッサージ体操』とそっくりではありませんか。実際、施術を受けてみても、その柔らかいマッサージは、私の『マッサージ体操』と同じように、柔らかい接触です。メンタスチックスについては、その体験を受けていませんが、「イメージトレーニング」のようなもの、あるいは「意識を先にして体を動かす」という説明をした『マッサージ体操』に非常に似ていると思われるのです。

これこそ、「共通意識」です。これに、重力を意識した体の動きをつけたものが、私の勧める『マッサージ体操』です。これはトレガー博士の指導する施術者たちがつくる「共通意識」が私に教えたものと確信しました。

それで、今回の体験の結果なのですが、『マッサージ体操』の効果のの何倍ものスピードでその効果が出ました。睡眠不足で眠かったということも助けたのでしょうか、私はすぐに放心状態のようになり、腕も脱力していました。目覚めのときの状態に非常に良く似た状態でした。

施術が終わったときは、すぐに起き上がらなくていいといわれたら、いつまでもそのままでした。起き上がって歩いてみると、からだは地とつながっている。沈み込んでいる。意識は腰の下部、脚の付け根あたりにありました。その感覚は翌日、翌々日までも続いています。ただし、その分、疲れも相当出ました。『マッサージ体操』ではそのような疲れはありません。

しかし、『マッサージ体操』ではここまでの効果はありません。それは自分では手の届かない背中の部分までしてもらえたこと、他人が施したことによるのでしょうか。施術を受けるものにとっては本当に大したことをしていないように思えたのですが、施術が終わったあと、そんなに一生懸命がんばったのかと感じるほど、施術者の顔はいままで見たことがないほど輝いていました。全身に宇宙の気を受け取りながら、施術していたと感じられました。私の前に施術を受けられた方もそのように輝いておられましたので、私も、同様に輝いていたのでしょうか。

少なくとも、施術をする側、受ける側の両方に宇宙の気エネルギーが充満したことだけは確かです。

素晴らしい体験、ありがとうございました。

カテゴリー: 河内の翁, 超健康法 | 投稿日: | 投稿者:

河内の翁 について

飲食店の仕事を現役で行いながら、ご理解いただける仲間とともに、「かむながら」という生き方を実践しています。宗教、宗派を超越したものです。 「かむながら」とは、「常に根源神を意識しながら行動する」という意味です。 根源神とは、宇宙を創った存在のことです。宇宙の全て(私達を含む)は、創った存在(根源神)とは常につながっていますので、宇宙そのものとも表現できます。