心の健康34・緊張という体の汚れ

Share on Facebook
LINEで送る

トイレ掃除と私の提案する「マッサージ体操」

以前に人からトイレ掃除の話を聞いたことがありますが小林正観さんの本『心の花畑』を読んで、、話の元はこの正観さんだったのかと思いました。

トイレ掃除は、人が嫌がる仕事です。しかし、汚いトイレを使用するときは嫌な気分になります。つまり、汚いトイレが人の心を汚すのです。きれいに掃除されたトイレは気持ちよく使えます。

私が「マッサージ体操」を薦めて、緊張(ストレス)と言う体の汚れを掃除するのは、この掃除と同じなのだなと思いました。体の緊張をとっておけば、心も安らかです。つまり、体の緊張と言う汚れのお掃除ををしておく事はとても大切なのです。汚れの波動は汚れを呼び、緊張の波動は緊張を呼びます。ストレスは毛細血管を収縮させ、血行を悪くします。

私が話を聞いた人は、「トイレ掃除をするとお金が入ってくる」といっていましたが、「マッサージ体操」で、体の緊張、心の緊張をとって、楽しい心になっていれば、楽しいことが起こるようになるのでしょうね。私が話を聞いた人は神社のトイレを素手で掃除をしなさいといっておられましたが、正観さんは自分が使ったトイレの話をしておられます。消毒や、手洗いの設備がないところで素手で触るのは衛生上よくないと思って聞いていました。その方は何か誤解をされていたようです。この本を読ませていただいてよかったです。

?

カテゴリー: 心の健康, 河内の翁 | 投稿日: | 投稿者:

河内の翁 について

飲食店の仕事を現役で行いながら、ご理解いただける仲間とともに、「かむながら」という生き方を実践しています。宗教、宗派を超越したものです。 「かむながら」とは、「常に根源神を意識しながら行動する」という意味です。 根源神とは、宇宙を創った存在のことです。宇宙の全て(私達を含む)は、創った存在(根源神)とは常につながっていますので、宇宙そのものとも表現できます。