心の健康36・ストレス

Share on Facebook
LINEで送る

『こころの花畑』(小林正観著)に正観さんのストレスを貯めない生き方が書かれていました。

「『自分の意志で自分の人生を組み立てよう』と思っている99%の生き方に対して、『自分の夢や希望はゼロで、何もなくて、ただ頼まれたことだけやっていけばいい』という生き方は、確かに体力も使いますし汗もかきますが、『思い』がないので、全くストレスを生じません。」と書いておられます。

同じ世代の教育を受けたのに、どうしてこんな異色の存在ができたのでしょうか。楽しい選択をし続けた結果だとは理解できますが、誰にでもできるわけではありません。でも、起きてくることを全て感謝の気持ちで受け止めるのは、そういう習慣をつくればできるでしょう。それでも難しいことではあります。宇宙意志との一体化で喜びの選択を続けた正観さんには、驚かされます。

 

カテゴリー: 心の健康, 河内の翁 | 投稿日: | 投稿者:

河内の翁 について

飲食店の仕事を現役で行いながら、ご理解いただける仲間とともに、「かむながら」という生き方を実践しています。宗教、宗派を超越したものです。 「かむながら」とは、「常に根源神を意識しながら行動する」という意味です。 根源神とは、宇宙を創った存在のことです。宇宙の全て(私達を含む)は、創った存在(根源神)とは常につながっていますので、宇宙そのものとも表現できます。