心の健康37・宇宙意識との一体化

Share on Facebook
LINEで送る

『心の花畑』(小林正観著)を一気に読んでしまいました。紹介していただいた方に感謝です。正観さんは、自分は唯物論者だから見えないものは信じないと断言しながら、いつもこうすべきだと教えるのに、「神様はそういう人が好きらしい」という表現をされています。神様とは、私のいう宇宙意識なんですね。完全に宇宙意識につながった方のようです。

宇宙意識は自我意識をなくし、完全に(一般的に「不幸」といわれる出来事も含め)、嘆き悲しんだりせずに、全て感謝の心で受け入れることで強くつながります。

正観さんは、障害児をお持ちですが、このことをラッキーだったと次のように書かれています。

「何年か時間がかかりましたが、この子が来てくれたおかげで本当の人間の価値というものが分かりました。私は父親から『人間は努力しないやつは馬鹿だ、屑だ』と、言われて育ったのですが、障害児であるわが子は、努力はしませんし、頑張ることもありませんし、自分の向上心などもも持っていません。しかし、この子がいるだけで温かいのです。

『人間の価値とは、努力することや頑張ることではなくて、その人がそこに存在すると、周りが温かくてうれしい、という存在になること』」

そんな大切なことを、この子が教えにきてくれました。」

完全に宇宙意識と一体化されていることが分かります。すばらしい人がすでにいらっしゃるのですね。

 

 

 

カテゴリー: 心の健康, 河内の翁 | 投稿日: | 投稿者:

河内の翁 について

飲食店の仕事を現役で行いながら、ご理解いただける仲間とともに、「かむながら」という生き方を実践しています。宗教、宗派を超越したものです。 「かむながら」とは、「常に根源神を意識しながら行動する」という意味です。 根源神とは、宇宙を創った存在のことです。宇宙の全て(私達を含む)は、創った存在(根源神)とは常につながっていますので、宇宙そのものとも表現できます。