肩こりがとれた!

Share on Facebook
LINEで送る

<肩こりがとれた>

孫娘Y: じいじい何してるの?

私: 肩凝ってるから体操しているの。

孫娘Y: じいじい、これできる? 足を持って、横にくるりとまわるの。

4

私: 足は持てるけれど、まわれないよ。

孫娘Y: じいじいはまわりきれなくていいから、できるところまでまわって。

それで、こんどは反対まわりね。

私: それならできるよ。でもどうしてこんな体操知っているの?

孫娘Y: 私も肩が凝るの。

私: ほんとだ。背中のこりがとれたよ。 誰に教えてもらった?

孫娘Y: 保育園のとき、園長先生に教えてもらったの。

私: じいじいの体操もしておくよ。後ろに反って壁に手をつくんだよ。

2

いまの小学生、肩こりがあるんですね。驚きました。いまの私たちの仕事では、長時間、前かがみの姿勢が続くことが多いようです。

どちらの体操も反対の姿勢をとって、調和をとるようになっています。

 

 

カテゴリー: 一般健康法, 河内の翁 | 投稿日: | 投稿者:

河内の翁 について

飲食店の仕事を現役で行いながら、ご理解いただける仲間とともに、「かむながら」という生き方を実践しています。宗教、宗派を超越したものです。 「かむながら」とは、「常に根源神を意識しながら行動する」という意味です。 根源神とは、宇宙を創った存在のことです。宇宙の全て(私達を含む)は、創った存在(根源神)とは常につながっていますので、宇宙そのものとも表現できます。