口臭を消す忍術

Share on Facebook
LINEで送る

<手軽に口臭を消す方法>

私)口臭を消す方法を知っているか?

友)市販の錠剤がいくつもあるけど。

私)いや、楠木正成の時代だったら?

友)薬草があったと思う。

私)そうだ。忍法の秘術として薬草を紹介している。甲賀は、薬草の産地で、日本独自の薬学(漢方に対する和方)が発達した。

『忍術教本』(黒井宏光著)で口臭を消す秘術を紹介している。忍者は敵に気付かれないようにするために体臭や口臭には気をつかったようだ。

「膵液には口臭を消す役目もあるようだ。やわらかい食品が多くなった現代では、噛む回数が減り、膵液の分泌量も減少傾向にある。口臭の大きな原因は、口腔内が乾燥することにあると考えられる。このことを知っていた忍者は、噛むことによって膵液を分泌させ、口腔内観相を防止して口臭を抑える方法を編み出した。

まず口をカチカチ噛むこと36回。次に口の中で下をまわすこと右に12回、左に12回。最後にたまった膵液を飲み干す。これをくり返すと口臭が消えるという。」

 <「つながり体操」による方法

膵液をだす方法なら他にも有る。、私が提唱する「つながり体操」なら、さらに簡単だ。上下の歯の付け根、あるいは首の横(やや前より)をマッサージすれば、つばがたっぷりでる。

 

 

カテゴリー: 一般歴史, , 心の健康, 河内の翁, 河内歴史, 現代 | 投稿日: | 投稿者:

河内の翁 について

飲食店の仕事を現役で行いながら、ご理解いただける仲間とともに、「かむながら」という生き方を実践しています。宗教、宗派を超越したものです。 「かむながら」とは、「常に根源神を意識しながら行動する」という意味です。 根源神とは、宇宙を創った存在のことです。宇宙の全て(私達を含む)は、創った存在(根源神)とは常につながっていますので、宇宙そのものとも表現できます。