八尾市恩智史跡看板

Share on Facebook
LINEで送る

<恩智史跡看板が恩智駅前に>

いよいよ恩智が動き出すのでしょうか。最近、近鉄大阪線の恩智駅前に恩智周辺の史跡案内図が建てられました。

恩智史跡看板

<萩原家住宅>

hagiwarake

恩智駅から高架下商店街を南へ突き当たります。そこで左方向、東(山の方向)へ曲がります。そのまままっすぐ行くと、東高野街道と交差します。その右角が萩原家住宅です。中には、喫茶店や、催し会場があります。

この3月11日(月)は、恩地研究会もここで集まりました。

 

 

カテゴリー: 河内の翁, 河内歴史 | 投稿日: | 投稿者:

河内の翁 について

飲食店の仕事を現役で行いながら、ご理解いただける仲間とともに、「かむながら」という生き方を実践しています。宗教、宗派を超越したものです。 「かむながら」とは、「常に根源神を意識しながら行動する」という意味です。 根源神とは、宇宙を創った存在のことです。宇宙の全て(私達を含む)は、創った存在(根源神)とは常につながっていますので、宇宙そのものとも表現できます。