カムナガラ(歩く)

Share on Facebook
LINEで送る

私)日常生活の中で宇宙の元のエネルギーを意識することを「カムナガラ」と呼んでいますが、歩くカムナガラを紹介したいと思います。

カムナガラ挑戦者)「カムナガラ」という聞きなれない言葉で、少し戸惑いがありますが、これも「つながり体操」だと思えばいいかな。

私)そう、そんな感じで。

町会の体操教室で歩いたときは、姿勢はまっすぐ。胸をはって前方20~30メートルを見ながら大股で、踵(かかと)着地だったよな。

カムナガラ挑戦者)そう。それで皆歩く姿勢は良くなったと喜んでいたな。歩いているのを見かけたときは、お互いに注意しあったり、褒めたり。

私)今回教えるのは、また別の歩き方だ。ブログで紹介した「忍者歩き」とも似ている。

 「姿勢まっすぐ」は同じ。そのまま全身をほんの少し前に傾ける。自然と前に進む形になるが、小股でつま先着地。少し早歩きになる。忍者歩きと似ているが、忍者歩きほど速く歩かない。その姿勢では目線は十数メートル先になるが、いまのご時世、車が絶えず走っているので、そのあたりは配慮する必要が有る。

大切なのは意識だ。「カムナガラ」は宇宙エネルギーに意識をつなぐのが特徴だ。腰あたりを意識して、よく動かす。熱いエネルギーを感じて腰全体に満たす。

カムナガラ挑戦者)呼吸は?

私)「吐く、吐く、吸う、吸う」を繰り返す。「ズウ、ズウ、スウ、スウ」というような音になる。吐くときの「ズウ、ズウ」というのは、脳を意識すると、鼻呼吸で花の内側から、脳を軽く刺激するようになる音なのかな。あまり強くすると、鼻の粘膜を傷めるから軽くだよ。

 

 

 

 

私)

カテゴリー: 河内の翁 | 投稿日: | 投稿者:

河内の翁 について

飲食店の仕事を現役で行いながら、ご理解いただける仲間とともに、「かむながら」という生き方を実践しています。宗教、宗派を超越したものです。 「かむながら」とは、「常に根源神を意識しながら行動する」という意味です。 根源神とは、宇宙を創った存在のことです。宇宙の全て(私達を含む)は、創った存在(根源神)とは常につながっていますので、宇宙そのものとも表現できます。