つながり体操と宇宙(1)

Share on Facebook
LINEで送る

友人) きみは、体を撫でている間に、体を通して宇宙を感じたと話していたね。あれはどういうこと?

<宇宙を体感する>

私) そうなんだよ。私は哲学や科学といった知性で宇宙を理解してきた。しかし、今回は、つながり体操のおかげで、体を通して、宇宙が体感できたのだ。「人」という宇宙の作品が、私が理解していたよりはるかに優れた存在であることがわかった。その能力は想像を絶するものであった。

友人) 「人」という宇宙の作品?

私) 宇宙はビッグバンという始まりから見ても、超急速に、みえるもの、見えないものの様々な作品を作り上げている。「人」はその最後の方の作品といえるが、ここには宇宙のあらゆるものが凝縮されているように思える。だから小宇宙という表現が使われてきた。

友人)ああ。人の事を小宇宙というのは聞いたことが有る。

私) それまで、私の体は私のもので、私そのものだと考えていた。しかし、私は自分のからだのメンテナンスすら自由にできない。それに、「人」が持つ、いままで知らなかった能力に、いまさらながら気付き始めた。

(次回に続く)

 

 

 

 

 

カテゴリー: , 心の健康, 河内の翁, 超健康法, 超健康生活 | 投稿日: | 投稿者:

河内の翁 について

飲食店の仕事を現役で行いながら、ご理解いただける仲間とともに、「かむながら」という生き方を実践しています。宗教、宗派を超越したものです。 「かむながら」とは、「常に根源神を意識しながら行動する」という意味です。 根源神とは、宇宙を創った存在のことです。宇宙の全て(私達を含む)は、創った存在(根源神)とは常につながっていますので、宇宙そのものとも表現できます。