法華経と釈迦の瞑想(4)

Share on Facebook
LINEで送る

私)『人生行路の護符「般若心経」(野村春眠著)』に次のように書かれている。

「無意識の世界は、外に向かって開かれています。ここまでが自分という区切りはありません。海が一つつながりでどこにも仕切りがないように、『空』の心は連綿と続いています。『空』はつながりの世界です。」

友人)君の「つながり体操」は、そういう意味があるのか?

私)うん。「つながり体操」は、体がつながったものだと意識してもらうことから始めたよね。肉体的にもつながっているのだが、意識と肉体もつながっている。意識も表層意識は無意識ともつながっている。野村春眠さんはさらに次のようにいっている。

「心は、みずからの内にあると常識的に考えます。しかしそれは、表層の心(感情)です。ほんとうの心は、水をたたえる大海原のほうです。空の心のうちに、わたしたちがいる。」

「つながり体操」が、抜群の健康効果を発揮できるのは、宇宙とつながり、そこからのエネルギーで体が整えられていくからなんだ。

友人)「つながり体操」というのは、法華経の世界だったのか。

私) 法華経の説明をしていたら、つい「つながり体操」の話になってしまった。法華経は釈迦の瞑想によって人を理解する。「つながり体操」は、自分の体を知ることで、宇宙が分かるようになる。しかもそれは、感動の連続だ。最終的には、創造主とつながり、委ねるしかない。それほど、創造主の作品(宇宙とつながった人という作品)はレベルが高く、理解しきれるものではない。

友人) 「つながり体操」が、抜群の健康効果を発揮できる理由が分かったような気がした。