「つながり体操」腰で見、腰で聞き、腰で感じる

Share on Facebook
LINEで送る

友人)この前の「つながり体操」の腰の話なんだが、会陰のチャクラから、各チャクラをエネルギーで満たしながら頭頂まで抜くクンダリーニのことを思い出したんだが、あの原理なのか?

私)君からクンダリーニの言葉を聞くとは思わなかったよ。私もなつかしく思い出したよ。この「つながり体操」は、釈迦の瞑想や、ヨガの瞑想と同じような体験があるのはすごいことだと思うよ。そう、そのとおりだよ。

友人)性エネルギーなのか?

私)そう呼んでもいいかも知れないが、私は宇宙エネルギーと呼んでいる。究極には、この宇宙エネルギーとのつながりまで行って宇宙エネルギーとの一体化を実現しようとしている。「つながり体操」は瞑想ではなく、宇宙のすべてとつながるための体操なのだ。精神だけでなく、体の全て、体につながる宇宙の全てとつながることをめざすのだ。

<腰で見、腰で聞き、腰で感じる>

私は一時、目でも見ず、耳でも聞かず、肌でも感じない独自の世界に入り込んでいた。それは精神統一という点では便利な環境だったかもしれないが、いま思うと、それではこの世に生きた価値が少ない。

いま、腰で見、腰で聞き、腰で感じる習慣がついている。それは感動の連続だ。腰と宇宙のつながりが昔から知られていたんだな。ヨガの行などというと、大変だが、「つながり体操」なら、そのまま、宇宙エネルギーにつながる。そこは感動に満ち溢れているから楽しくて仕方がない。エネルギーも満ち溢れているから、喜んで動き回れる。

友人)腰で見、腰で聞き、腰で感じるってよく分からないけれど、それって感動するのか?

私)五感も腰とつながっている。腰は宇宙エネルギーとつながっている。だから、腰と五感をつなげて感じると、感動の情感が生じる。理屈では分かりにくいだろうが「つながり体操」をやっていけばすぐに体験することだ。

いまは、「つながり体操」は入り口のところを教えることがほとんどだが、これから先は、君のように本来の姿を伝えなければならない場合もでてくるだろう。