「つながり体操」腰から動く

Share on Facebook
LINEで送る

私)前回は、腰で環境を受け止める話をしたが、今回は、腰から動き出す話だ。動くというと、手や足を意識するが、手や足も腰とつながっている。そして、脳ともつながっていて意識、無意識の状態で動く。これはわかってくれるかな?

友人)体の全ての筋肉が、意識、無意識の両方の状態で動くというのはわかるよ。内臓の筋肉などは無意識で動いているからな。

私)意識して動かす場合は、まず、腰を意識して動かすようにする。手や足を動かすときは、腰も一緒に動かす意識だ。このことで、手足や腰の筋肉の負担が軽減される。手足と腰がつながっているからだと思う。やってみるしかない。やればわかる。

友人)そうだな、やってみよう。

私)それを体験してくれたら、君には、もう少し、伝えておきたいことがあるんだ。

友人)なんだかじらされているような感じだ。今じゃだめなのか。

私)いまでも、説明はできるが、腰から動く体験をしてもらったら、すんなり理解してもらえる。「つながり体操」のすごいところなので、頭ではなく、ぜひ体感で受け取ってほしい。