「つながり体操」始める

Share on Facebook
LINEで送る

ご自宅の前の道の掃除をしていた年配のご婦人2人に声をかけました。

私)「ありがとうございます。おかげで気持ち良くこの道を通らせていただいていますよ。でも草引きも大変じゃないですか。」

知人A)「そうなんですよ。もう、しんどいです。」

私)「そうでしょう。それでは、朝、ふとんの中で直接肌をマッサージしてみてください。腰まわりから始めて全身くまなく。私がそれで元気になって,今、人に伝えているのですよ。私がアドバイスした人が何人もそれで元気を取り戻しておられます。」

知人A)「そういえば、貴方もとっても元気そう。以前と違って、すっきりされていますね。若返られましたね。」

私)「腰回りが痩せて、以前のコンディションのいいときより、さらに3キロ痩せました。ズボンがブカブカ。体が軽く動くので仕事がはかどります。」

知人B)おなかや腰まわりがね。体操もしているのですが。

私)「それでは私がしてきたことをやってみてください。まず、エネルギーの出る腰回りから始めて、全身を軽くさするだけ。手でマッサージしようとするのではなく、手は軽く添えて体の方を動かします。だから、私は「マッサージ体操」と名付けています。」

知人A)「やってみます。」

知人B)「このあたりの肉がとれてくれたらね。」

 

 

カテゴリー: 河内の翁 | 投稿日: | 投稿者:

河内の翁 について

飲食店の仕事を現役で行いながら、ご理解いただける仲間とともに、「かむながら」という生き方を実践しています。宗教、宗派を超越したものです。 「かむながら」とは、「常に根源神を意識しながら行動する」という意味です。 根源神とは、宇宙を創った存在のことです。宇宙の全て(私達を含む)は、創った存在(根源神)とは常につながっていますので、宇宙そのものとも表現できます。