「つながり体操」おまけの効果

Share on Facebook
LINEで送る

友人)「つながり体操」を始めて、予想外の効果って何のこと?」

私)「予想外の効果っていくつもあるのだが、すぐに体験してもらえそうなことを話すよ。それは、身の回りの諸事がどんどん解決するという現象だ。」

友人)「解決するって何のこと。」

私)「私の例でいわせてもらえば、庭の手入れだとか、図書館にいくこととか、母の介護だとか、身の周りのさまざまなことが、こなしがたいほど多い。しかし、「つながり体操」を続けていると、効率よくできてしまうということさ。」

友人)「それなら、私も困っている。あれをしなければと思っているのだが、周りの都合でなかなかできないということが多い。」

私)「うん。私はとくにそれを体験してきた。自分がいま100パーセントしなければと身構えてきたからな。でも、つながりを意識すると、行動パターンが変わった。いま、できることを60~70パーセントのつもりでやる。できない分は次回に残す。そして、できるほかの仕事を行う。」

友人)「それではあれもやり残し、これもやり残しという具合に、仕事がたまってこないか?」

私)「私も始めはそう思っていた。でもやり残しの仕事は、次回は当初考えていたのとは違った展開になる。ときには、自分の中では間違いだったことが、逆に効率を上げるような結果になる。周りの変化もあり、何時の間にか、多くの事が解決してしまっている。にわかには信じ難いだろうが、体験してみれば分かる。」

友人)「いや、なんとなく理解できそうだ。」

私)「「つながり体操」をやり始めたから、君も人間社会のつながりまで変化しだしたようだね。おまけの効果というが、これは「つながり体操」の本来の効果だよ。宇宙のあらゆるものとのつながりを感じて生きるようになるから、人生はどの瞬間も喜びで満たされる。」

友人)「喜びに満たされるというのはまだ十分には分からないが、環境とのつながりを感じはじめているから、なんとなく理解できるよ。」

 私)「自分も環境も瞬間、瞬間で変化していくから、常につながっていることが重要だし、それが本来の宇宙の姿だ。変化とつながりを意識すれば、今が重要であることが分かる。過去の計画は、いま見直すチャンスが与えられてこそ、効率よく進んでいく。変化は宇宙のつながりの中で、喜びと感じられるようになる。」