無上の喜び1

Share on Facebook
LINEで送る

友人K)無上の喜びというのは、君が前のブログで半田さんが八尾キリシタンの小説を書くというときにぜひ描いてほしいといっていたアレか?

私)そうだ。

友人K)「霊操」を経験しないと描けないのか?

私)それが手っ取り早い方法かと思ったんだ。私は「霊操」を体験していないが、「かむながら」の生活をして同様の体験をしている。

友人K)「霊操」ってどんなものなんだ?

私)イエスは神になりきって、人々を救った。それを、「霊操」では、瞑想の中でイエスになりきって聖書に沿って体験する。これによって、神とつながる力が強くなる。

友人K)で、君の「かむながら」は?

私)唯一神が創造し、維持発展させ続ける姿を、被創造物の深奥に存在する唯一神になりきろうという姿勢で見る。そのエネルギーを味わって無上の喜びに浸る。生かされていることを知り、その役割を感じ取ろうとする。

ちょっと、表現が固いかな。

要するに、創造伸になりきって、そこからもらっているエネルギーで役割を感じ取り行動する。

友人K)要するに唯一神(宇宙を創造維持発展させ続ける神)とつながって、自分の役割を果たそうとすれば、無上の喜びが体に満たされるということか?

私)そういうこと。

友人K)で、きみが元気にあふれているのはその成果?

私)うん。「マッサージ体操」もそこから教わって、その効果も著しいし、私には「マッサージ体操」の役割もあるようだ。いまでも体の変化に驚いているが、これがまだ入門クラスで、これから先がもっとすごいよといわれている気がする。いま、腰の奥に空間が現れて、そこにいろいろ見え始めている。同時にエネルギーがそこから湧き起ってくる。それが心身のつらいことを軽いものにかえてしまう。