カテゴリー別アーカイブ: マッサージ体操詳細

見えない世界に通じる人たち2

Yさん)「おひさしぶり。お元気ですか。」

私)「はい。至って体調はいいです。ちょうどよかった。お話が聞きたいと思っていたところなんですよ。修験道で能力を高めるのは、主に山中を歩く身体の行が効果的なのですか。」

Yさん)「いいえ、そればかりではダメです。やはり、瞑想が一番です。瞑想によって、霊力は格段にあがりますよ。」

<修験道の行>

以前、ブログを書く目的で、安養寺に「火渡り行」の取材にいったときのことです。「奥がけ」という肉体行で、膝を傷めた修験者達に出会いました。それが、現代の修験者達の私の第一印象になっていました。

いま、飛鳥時代、呪術を使いまわし、空も飛んだという役小角(えんのおづぬ)が修験者の始まりだということを思い出しました。これも肉体行の印象があります。猿のように木から木へと飛び回る姿から誇張表現されたのでしょうが、常人にできないことまでできるようになっていたことは確かでしょう。

<肉体行を支える瞑想行・『つながり体操と波動>

これらの肉体行が瞑想に支えられていたことは重要です。瞑想は波動です。私の提案している「つながり体操」は、肉体に手や脳など体から出ている波動で体の中の滞りを解除します。ときには、対象は肉体ではなく、オーラなど、波動そのものにもアプローチします。

「つながり体操」のおかげで、宇宙の元は波動であることを体感しています。

 「つながり体操」では、瞑想というような表現はしませんが、感じているものは波動です。波動世界の体験です。波動世界の存在達が、個々の人間を助けてくれているのを感じます。

<60年ほど前まで、恩智で活躍していた行者たち>

Yさん)「60年ほど前、恩智にも霊力の高い行者が何人かいましたね。私の本家の土中に数体の仏像が埋まっているから掘り出すようにといわれて、掘ってみると出てきました。寺の跡地だったのでしょうか。」

私)「同級生も行者の話をしていました。家に問題が多くあって、行者に見てもらったところ、井戸が埋まっている上で台所の火を焚いている。ここをきちんと整理しなさいと言われて掘ってみると、確かに井戸があったそうです。

小学1年生のとき、私の家が全焼したあとに、行者が掘り起こすように指示したときは、何も出土しなかったのですが、その時代には、霊能力の高い修験の行者は数人いたようです。 

<特定の見えない存在につながって未来を聞く人>

私)「特定の神(見えない存在たち)に伺いを立てて、選択の参考にするというような半分宗教じみた活動をしている霊能力者もいます。この判断もよく当たるというので、何かあるたびに数時間もかけて、この人の元を訪れるという知人もいます。」

Yさん)「そうした霊能力というのは、瞑想の結果現れるようですね。私も長年の行で身に付きました。」

<宇宙は波動でできていることを知る>

私)「今回の『つながり体操』の成果として身についた『つながり思考』は、波動世界のつながり法則になるので、宇宙の全てとつながります。特定の存在とのつながりを超えて、本来の姿に戻るといってもいいでしょう。」

Yさん)「『つながり思考』って、まだよく理解できていせん。宇宙が波動でできているって、物質も波動でできているということなんですか?」

私)「はい、物質は波動がつくる1つの形といえます。だから、波動が宇宙のすべての存在の元です。元が波動だから、波動がさまざまなものをつなぐ、いいかえれば、すべての存在(物質も波動も)はつながっていると考えるのが自然です。つながり体操をしていれば、それが体得できます。

私があまり、深入りしたくなかった、見えない世界って、ただ、宇宙の特定の存在にだけつながるのがいやだっただけなのでした。すべてとつながるのなら、本来の姿なのですから。

<憑依霊を取り除く人>

私)「また、憑依霊もつながりのひとつです。ある程度の憑依霊を取り除くことのできる人がいます。目に見える自分という物質存在(霊という目に見えない物質存在も含まれます)と、望まない、目に見えない物質存在とのつながりによって起こる不都合を解除できるのはありがたいことです。それに憑依された状態の存在が自分だとは考えたくないし、そのままだと自分自身が思うように動けなくなる。そんなのもイヤですね。そういう好ましくない憑依霊に取り憑かれることの無いつながり力を育てておきたいですね。」

yさん)「ふだんあまり考えないことなので、急に言われてもよく理解できていません。」

私)「そうですね。まず、『つながり体操』を続けていただいてから、また、お話させていただきましょう。」

つながり思考・2

私)「『つながり思考』というのは、『つながり体操』とよく似たものだと思ってくれたらいいよ。紹介した本の考え方も全て含まれているよ。

まず、エネルギーの元、腰を意識するように、宇宙を意識する。これが紹介した本に書いてある神の能力とされている直感型思考に当たる。

部分に囚われた考え方から脱して、全体を意識するのが、腰を中心として、体全体を感じながら動かす『つながり体操』と同じ。本では、構造主義型思考として紹介されている。

本では、脱構築と書かれているが、常識的な考え方に囚われず、1から作り直すという発想だ。『つながり体操』では、『マッサージ体操』という名称でも分かるように、通常の手技であるマッサージ治療として捕らわれないように、体の方を動かす体操として体を活性化する方法を取った。

そして、弁証法的思考は、すべてを対立させることなく、新しいつながりを感じとること。現時点の考えでは、正しくないように思えても、時が立てば、新しいつながりが生じて、[これがそういう意味だったのか]と分かる。この繰り返しで、飛躍的な発展がある。」

友人)「少し分かりにくいな。それより、なぜ、『つながり思考がいま必要のなるんだ?」

私)「いいよ。『つながり体操』が分ってくれば分かるさ。いま必要な思考法がすべて含まれているということが分かってもらえばそれでいい。

いまこの思考法が必要になるのは、時代の変化が急速に進む時代に突入したからだ。変化に応じて価値観も変わる。人の価値観も共通ではなくなる。自分の価値観も変わっていく。それに、『つながり思考』は、今だけではなくて、これから必要な思考法まで網羅されている。追い追い説明していくよ。

友人)「これから必要な思考法って興味あるな。」