カテゴリー別アーカイブ:

つながり力の強化(人と人)

知人L)河内でも大きな戦いが何度もあったんだよね。

私)過去の戦いは支配欲によるものが多い。それに宗教などを利用したものもある。それに巻き込まれたその地の住民は突然にして、略奪、殺害など生きるすべの根本を失ってしまう。

知人L)そうだね。いま、日本は平和だが、世界に目を向ければ、戦争中、あるいは、戦争を起こしかねない状態の国がある。

私)自分だけの考えが正しいと信じて、従わないものを殺害する。建物を壊し、豊かな自然を破壊する。ともに楽しむはずの仲間の未来を苦しみのどん底に突き落とす。

知人L)神が存在するなら、どうしてこのようなことを許しているのだろう。

私)神だって、自然災害という形で、多くの人の命を奪ったりする。ビッグバーンで、それまで存在しなかった宇宙を創造するが、最後には、それらを消滅させてしまう。この宇宙は神そのもので、この宇宙の姿は、神が咲かせる花のようなものなのだろうか。

知人L)分からないね。知性を超えたものなんだろう。

私)少なくとも、神の創造したその宇宙では、人を苦しみに陥れたものは、本人は気づかないが、その責めは確実にその本人が受ける。反対に人を活かそうと努力するものは、自分が活かされ、力が与えられる。「人を助ければ、我が身助かる」という天理教の教えがあるが、「人を活かせば、自分が活かされる」というのが、人と人のつながりの法則だと思うよ。

知人L)確かにそういうところはあると思う。助けた人から返されるというのではなく、別の人から助けを受ける。そんな経験を何度かしてきた。別にそれを期待して人助けをするのじゃないけど。

私)私はいつも「つながり」の話をするが、若いときの私の失敗の体験から身についたものだろうが、ちょっと、聞いてくれ。 学校生活などでは、優等生と呼ばれる人たちの中には、自分目線で人を評価するということが多いかと思われる。学力が意識の80%というような人が多いからだ。

人は、自分の持っているものだけに照らし合わせて人を評価しがちだ。しかし、人は自分の持っていないもの、自分が気づいていないものを持っている存在だと認識すれば、いままで見えなかったものが見えてくる。その人が社会的には劣った評価をされる存在であっても、何らかの形で自分を助けてくれていることに気づいて感謝する。これが「つながり」力を強化する精神体操だ。

知人L)社会が出来てそのつながりを守る法ができた。それによってつながり力が強化されたということもある。それによって、個人プレーでは達成できなかった、工夫や、習慣や、施設が残されていった。毎日、食用動物や魚を取って命をつないでいた時代から、今のように、お金を出せば日常の食事に事欠かない豊かな人社会が出来上がっている。

私)そうだ。人は人とつながることで、大きな力となる。人を知ろうとする努力と、ともに作業をする事と、行為ある会話を交わすことで、つながり力が強化される。何かを始めれば、人もそれによって動く。人の働きに参加すれば、新たな動きが生まれる。それを楽しむことだ。ひとりで行おうとせずに人とつながりながら行う。

 

日本神話と「かむながら」2

訳の分からなかった神話はこの本のおかげで、その時代の人の心(かむながら)と共に、スーッと入ってくる。詳しくは本を読んでいただかなければならないが、読む気持ちが起きるように入り口部分を原文で紹介します。

飯田さんは、[神話の原話]というタイトルで次のように説明している。()内で説明をいれているのでそのままで理解できます。考えてみれば、私たちが神を思うとき、人の姿をした形でとらえていることが多いようです。日本神話も、さまざまな自然現象を人の姿をした神の働きとして表現したのだと思えば、『記紀に書かれた日本神話も、急に理解しやすいものとなるようです。

「大昔、天と地はくっついていたが、初めて天と地が開いて、その間に空ができ、陸地が現れたとき、まず天の国の高天原にアメノミナカヌシをはじめとする17神が生まれた。その中でいちばん後に生まれたイザナギとイザナミの2神に対し、天の神々は、地上の国はまだ海の中をクラゲのようにふわふわと漂っている、この漂える国をしっかりと修め理(つく)り成せと命じた。

イザナギとイザナミは、虹の橋を伝って地上の国へ降りてくると、まず、おのころ島(塩の固まってできた島)を造って、そこに宮殿を建てた。そして2神は結婚すると、イザナギが(修め固める火山の神)となり、イザナミが(理り成す火山の神)となって、大八島をつぎつぎと生んだ後、天岩船(日が乗って天を航海する岩の船)、オオゲツヒメ(月)、ヒノカグツチ(溶岩)を生んだ。」

と、まあ、こんな形で理解できます。

私がもっとも理解できなかったのが、八俣の大蛇(やまたのおろち)でした。それは次のように説明しておられます。

「八俣の大蛇の正体は、毎年襲ってきては人々を苦しめる洪水のことであるとか、須佐之男命と対立した豪族であるとか、あるいは溶岩流であるとか諸説があるが、日と火山の構造からみると、溶岩流である。」

「大蛇退治の物語の意味は、毎年八俣の大蛇(溶岩流)が山頂から流れ下って来て、足名椎(あしなづち)・手名椎(てなづち)(冷え固まって動かなくなった溶岩流)の娘の湖の女神(溶岩流によって形成されたせき止め湖)を次々に呑み込んでしまったが、須佐之男命(大火山神)が八俣の大蛇(溶岩流)を押さえ込んで最後に残った櫛名田比売(湖の女神)を救い、櫛名田比売と結婚し、この系統からは、湯の神、水の神、渕の神など、水に関係する神々が生まれたという意味である。

(『日本神話解明と古代文明』飯田正孝著)詳しい説明はぜひ本を読んでいただきたい。

私はこれによって、古代神道「かむながら」をこれまで以上に知った。古代人は、天地の働きの中に神を感じ、神の働きを、自分の内にある人の心の働きとしてとらえていたのだ。