カテゴリー別アーカイブ:

見えない世界に通じる人たち2

Yさん)「おひさしぶり。お元気ですか。」

私)「はい。至って体調はいいです。ちょうどよかった。お話が聞きたいと思っていたところなんですよ。修験道で能力を高めるのは、主に山中を歩く身体の行が効果的なのですか。」

Yさん)「いいえ、そればかりではダメです。やはり、瞑想が一番です。瞑想によって、霊力は格段にあがりますよ。」

<修験道の行>

以前、ブログを書く目的で、安養寺に「火渡り行」の取材にいったときのことです。「奥がけ」という肉体行で、膝を傷めた修験者達に出会いました。それが、現代の修験者達の私の第一印象になっていました。

いま、飛鳥時代、呪術を使いまわし、空も飛んだという役小角(えんのおづぬ)が修験者の始まりだということを思い出しました。これも肉体行の印象があります。猿のように木から木へと飛び回る姿から誇張表現されたのでしょうが、常人にできないことまでできるようになっていたことは確かでしょう。

<肉体行を支える瞑想行・『つながり体操と波動>

これらの肉体行が瞑想に支えられていたことは重要です。瞑想は波動です。私の提案している「つながり体操」は、肉体に手や脳など体から出ている波動で体の中の滞りを解除します。ときには、対象は肉体ではなく、オーラなど、波動そのものにもアプローチします。

「つながり体操」のおかげで、宇宙の元は波動であることを体感しています。

 「つながり体操」では、瞑想というような表現はしませんが、感じているものは波動です。波動世界の体験です。波動世界の存在達が、個々の人間を助けてくれているのを感じます。

<60年ほど前まで、恩智で活躍していた行者たち>

Yさん)「60年ほど前、恩智にも霊力の高い行者が何人かいましたね。私の本家の土中に数体の仏像が埋まっているから掘り出すようにといわれて、掘ってみると出てきました。寺の跡地だったのでしょうか。」

私)「同級生も行者の話をしていました。家に問題が多くあって、行者に見てもらったところ、井戸が埋まっている上で台所の火を焚いている。ここをきちんと整理しなさいと言われて掘ってみると、確かに井戸があったそうです。

小学1年生のとき、私の家が全焼したあとに、行者が掘り起こすように指示したときは、何も出土しなかったのですが、その時代には、霊能力の高い修験の行者は数人いたようです。 

<特定の見えない存在につながって未来を聞く人>

私)「特定の神(見えない存在たち)に伺いを立てて、選択の参考にするというような半分宗教じみた活動をしている霊能力者もいます。この判断もよく当たるというので、何かあるたびに数時間もかけて、この人の元を訪れるという知人もいます。」

Yさん)「そうした霊能力というのは、瞑想の結果現れるようですね。私も長年の行で身に付きました。」

<宇宙は波動でできていることを知る>

私)「今回の『つながり体操』の成果として身についた『つながり思考』は、波動世界のつながり法則になるので、宇宙の全てとつながります。特定の存在とのつながりを超えて、本来の姿に戻るといってもいいでしょう。」

Yさん)「『つながり思考』って、まだよく理解できていせん。宇宙が波動でできているって、物質も波動でできているということなんですか?」

私)「はい、物質は波動がつくる1つの形といえます。だから、波動が宇宙のすべての存在の元です。元が波動だから、波動がさまざまなものをつなぐ、いいかえれば、すべての存在(物質も波動も)はつながっていると考えるのが自然です。つながり体操をしていれば、それが体得できます。

私があまり、深入りしたくなかった、見えない世界って、ただ、宇宙の特定の存在にだけつながるのがいやだっただけなのでした。すべてとつながるのなら、本来の姿なのですから。

<憑依霊を取り除く人>

私)「また、憑依霊もつながりのひとつです。ある程度の憑依霊を取り除くことのできる人がいます。目に見える自分という物質存在(霊という目に見えない物質存在も含まれます)と、望まない、目に見えない物質存在とのつながりによって起こる不都合を解除できるのはありがたいことです。それに憑依された状態の存在が自分だとは考えたくないし、そのままだと自分自身が思うように動けなくなる。そんなのもイヤですね。そういう好ましくない憑依霊に取り憑かれることの無いつながり力を育てておきたいですね。」

yさん)「ふだんあまり考えないことなので、急に言われてもよく理解できていません。」

私)「そうですね。まず、『つながり体操』を続けていただいてから、また、お話させていただきましょう。」

つながり思考・1

私)「つながり体操」を続けていて、私の思考法に変化が出たことを君に話したくなった。先日、『たった5つの思考法で頭がみるみる回り出す!』(哲学者小川仁志著)という本を読んだときに、私はいま、新しい思考法をしていることに気付いた。その本では、

1・イメージのままに考える(直観型思考)

2・望むように考える(実存主義型思考)

3・プラスに考える(弁証法型思考)

4・全体の中で考える(構造主義型思考)

5・ずらして考える(脱構築型思考)

という、5つの考え方を取り入れれば行き詰ることはないように教えている。

これは「つながり思考」だと思ったよ。

この中の弁証法思考というのが、高校生の頃、私に感動を与えたのだ。高校生になる春に千葉の学生村にしばらく滞在した。その時に出会ったのが、10歳くらい年上の牧野さんという哲学者だった。その方は、ヘーゲルの研究をしていて、私に弁証法という考え方を伝授してくださった。後に、静岡県に共同体をつくられて、たびたび手紙をもらったが、飲食店の仕事に夢中だった私は、返事を出せなかった。

対立した2つの考えかたにアウフヘーベン(止揚)という、1段階上の考え方に変えることで、どちらも生かして解決するという方法に、私は感動を受けた。

弁証法って聞いたこと、ある?」

友人)「ないよ。僕らの時代には、哲学は流行らなかったな。」

私)「そうだよな。経済は強力な右肩上がり。努力すれば、莫大な富が手に入った。考え方がどうのこうのといってないで、どう金儲けするかに終身追われまくった。私はその時に、その考え方も追及したが、人とは何かという哲学的課題にも、強い関心があった。」

友人)「僕は経済しか見てこなかったね。時代に合わせて、いろいろな会社を設立してきたよ。」

私)「私はその後、数十年、薬害で体中を硬直させながら、指圧治療に助けられて、親から引き継いだ飲食店を経営してきた。それを早く人に任せて、自分のやりたい会社を立ち上げたいと考えてきたが、生涯、厨房にこもったまま、その会社を閉じてしまった。不動産の会社は立ち上げることが出来ず、コンピューターの会社は思いもかけない簡単なトラブルで閉社した。

だけど、このような動きの中で、私は宇宙と人を見てきた。そして今、目まぐるしく変化する人間世界をみたときに、「つながり思考」という考え方こそが、新しい時代の思考法だと理解した。」

友人)「ずいぶん、苦労したようだね。僕は絶えず、情報を集めたから、そこまでの苦労はなかったよ。ところで、つながり思考』というのはどんなものなんだ?」