カテゴリー別アーカイブ:

「つながり体操」ほぐす

友人)腰から動くようにしているが、すぐに手足だけで動いてしまうね。

私)そうだよね。その習慣がついていて、なかなか治らない。それがストレスになっているのに。でも、もう少し続行けてみて。だんだん習慣が変わってきて、その良さを感じるようになるよ。

友人)この前、揉(も)むというような会話があったが、「つながり体操」は「なでる」だけではないのか?

私)そうだね。最初はひたすら、なでてもらったほうがいい。なでている間に体というものがいままでに考えていたものより、はるかに、はるかに優れた製造物だと体感する。それを十分味わったあとに、「ほぐす」ことも覚えてもらえばいい。

友人)揉(も)むではなく、「ほぐす」なのか?

私)そうだ。「もむ」というと、つい力が入る。

友人)力がはいってはいけないのか。

私)力が入っても効果がないわけではない。しかし、力を入れないと格段の効果が出る。だから、つい、力が入ってしまうことをさけるために、「ほぐす」という表現を使うことにした。「ほぐす」という表現を使えば力が入らないかというと、そうともいいきれないよね。だから力を入れないという意識が必要だ。

友人)ちょっと、やって見せてくれないか。

私)たとえば、左手首でやってみようか。左手首に右手中指を中心に3本の指をのせて、ごく小さく前後するような気持ちで、1、2、3・2、2、3・3、2、3.・・・30,2、3.。

友人)1、2、3・2、2、3・3、2、3。

私)違うよ。力が入りすぎだよ。中指は載せるだけ。中指を中心に2本または3本の指を使うことが多い。手首の方の腕を動かす。1、2、3・2、2、3・3、2、3.・・・30,2、3。30回やってみよう。

友人)ええ、こうか? 1、2、3・2、2、3・3、2、3.・・・30,2、3。え、こんなで効果があるとは思えないな。

私)それでいい。1分間で100回くらいも、やってみたらはっきりその効果が分かるよ。もう70回してみようか。

友人)左手がだるくなってきたよ。

私)そう、左手の手首のストレスがとれて、左手に血液がたっぷり行き渡ったのだろう。治療している右手の指は全く疲れていないだろう?

友人)うそみたい。たったこれだけで?

私)そう、たったそれだけ。でも、そのうちに、いつの間にか、力が入ってくるから気をつけて。これを体全体に行えばいい。凝っていないところは5回でもいい。凝ったところは、つい、力がはいってしまいがちだから気を付けて。

だるくなった左手の方は、手の甲の骨と骨との間を手首から指のほうに少しずつ、ずらしながら、5回ずつくらいやっておけば、手も軽くなるよ。

指のかわりに手のひらで包むようにしてもいい。

 

 

 

 

「つながり体操」腰

友人)君の提唱する「つながり体操」は、腰が最も大事だというのはなぜ?

私)はじめは、特に意識していなかったのだが、腰の周りをマッサージすると、体が大きく弛むのを感じるようになった。そのうちにそこに宇宙の元のエネルギーのようなものを感じ始めた。そしたら喜びの感情が起きてそこが熱くなった。それで顔に笑みができて全身が弛んだ。

友人)全身をマッサージするのではなかったのか?

私)もちろん全身をマッサージするよ。でも腰のマッサージがそれらを大いに助けてくれるのだ。だからまず腰をマッサージして、腰の緊張をほぐし、そこからのエネルギーを呼び込む。顔が弛み、頭部に血液が流れていくのが感じられる。これで、全身回復の準備ができるのだ。

友人)腰回りは性器に近いのでプロの治療師が手をつけられないところだ。そこが自分でする「つながり体操」の成果が大きいポイントなのかもしれないな。

私)それも大きいと思うが、もしプロの治療師が手をつけることを許されても、「つながり体操」ほどの成果は出ないと思うよ。「つながり体操」を続けていけばそれは分かるさ。