カテゴリー別アーカイブ: 宇宙意識

自分の中の創造神・「かむながら」・キリシタン

自分を含めて、あらゆるものに創造神を見て生きる生き方、「かむながら」は、至高なる存在を崇拝するというこれまでの宗教の教えを超えています。しかし、どの宗教も、究極にはその域に達することを望んでいるのではないでしょうか。

すべてのものの中に、至高の神が存在することを知るということは、宇宙がその神によってつくられ、維持されていることを知ることでもあります。創られたものはそれで終わりではありません。創られた意図に基づき、進化発展していくものです。その被創造物の私たち人間も、宇宙の進化発展の役割の部分を担っています。

心身の深底に存在する至高の神の意志を実現できるように、心身をしっかりとその至高の神につながなければなりません。そのつながりが強固であれば、与えられた心身を通じて神の意志を実現しようと働くでしょう。自分の頭で考えるのではなく、何を与えられているのか、何をしろといわれているのか、自分の周りで変化していく環境と自分の関わりを見て、行動することになるでしょう。

私の実践する「かむながら」の生き方は、神を崇拝するにとどまらず、頭で自分の計画を実行する生き方をやめて、神の意図を実行する生き方をします。日々にその習性を取り戻して行動します。自分の深底は神とつながっている。環境も深底は神とつながっている。ともにつながりながら変化していく。その変化を感じ取りながら日々の行動をする。

カトリック、イグナチオ・ロヨラの「霊操」は神とつながっている。その「霊操」を実践していたイエズス会が戦国時代の日本のキリシタンをつくった。明日が信じられない下剋上の混乱の中で、不安の日々を救ってくれたキリスト教。高山右近や、細川ガラシャは神とつながっている。彼らの運命は、外から見ると厳しいものに見える。しかし、心の喜びはどれほど大きかったか。その喜びの性質はどんなものであったのか。そして、ともに同じ道を歩んだキリシタンたちとのつながりはどのような喜びを生じさせたのか。

前回のブログで書いたように、半田友味さんの小説にそんな喜びを描いてほしい。目先の苦しみや喜びと違って、深い喜びはどんなものであったのか。

神とつながる生き方「かむながら」

友人M)畑中さんは神とつながる生き方「かむながら」の実践をされているということですが、どういうものなのですか?

私)そうですね。君にもわかってもらえるような例を出そう。たとえば、95歳の母のことですね。君もここを訪問してくれる時に通ってくる、数年前に母のために作った玄関先の造作物。玄関までは4段の段差があります。以前に、この段差が杖をついて歩行する、母の歩行を困難にするので、滑り止めのついた板で覆った。

介護補助の方から、ベニヤ板を置くだけでいいから、この段差を無くしてくださいといわれた。しかし、やってみると、不安定で滑りやすい環境になってしまった。それで建材屋さんに相談すると滑り止めテープを紹介していただいた。自宅の倉庫をみると、父が残したベニヤ板や、角材、その他の切れ端の木材があった。ペンキも使いさしがいくつかあった。電動のこぎりもある。

自動のねじ回しもあったのだが、すぐに止まってしまうので建材やさんに持ち込むと、余分にあるからと中古の電動ねじ回しを無償でいただいた。いびつな現場に合わせて作るいびつな工作物なので、自信などなかったよ。やれというならやるしかないと取り掛かった。結局、仕事の合間を利用してつくるので数週間かかった。

すべらないように止めておくブロックを利用した受け台、使いさしのペンキを混ぜて防腐剤がわりにぬるなど、その場で工夫し、その都度起きる不都合に対処しながら、当初自分では想像もできなかった、見た目も素晴らしいものができあがり、皆さんにお褒めのことばをいただいた。

それが、先日、腐って落ち込むところができてしまった。その部分だけ補修してみたのだが、近いうちに全部やり直さなければ、危険が残る。こんどは残り物の木材がないし、その費用や製造の時間を考えるとぞっとした。何時ものように見えない世界の指示を待っていると、家内が、いっそうのこと、外してしまったらという。

私)「えっ」

家内)「週に一回、グループホームから帰宅するときも、いまは母は完全に車いすの移動だし、介護タクシーの方も、玄関から廊下までも車いすごと、持ち上げてくれるから、玄関先の石段ぐらい持ち上げてくださるでしょう。」

私)それなら、平らなところの玉砂利と石の道の覆いをやり直すだけで行けそうだ。

痛んだ熱いベニヤ板を交換しなければならないが、余った木材置き場にはもうない。でも30cm幅の熱い木材なら少し足りないかもしれないが、ほぼある。角材も外したものがまだしっかりしていて使える。新たなものを作るなら、ほぼできそうだ。あとは、いつものように神任せ。その場の思いつきや、周囲のアドバイスをいただきながら実行していく。

同じことをするのでも、時がたてば条件や環境は変わっている。同じやり方に執着せずに神任せ。時間がないならないように。お金がないならないように。材料が足りないなら足りないなりに。人のアドバイス、自分に沸き起こるアイデア。これらが、思いもよらない風に運んで、いつのまにか当初思った以上のものが出来上がる。

こんな感じが「かむながら」。その中でそれとは違った、別件のいろいろな働きかけがいろんな人から起きる。それが将来何に必要なのか分からない。それでも見えない先に導く神の存在を感じながら、自分の役目を果たしていく。時折、ああ、こういうことだったのかと納得しながら。

友人M)ふつうの教育を受けた人は、最後まで計画を立ててから、実行するが、そんな方法であんな素晴らしいものが完成するとは。

私)私も、ひとりで計画を立て、その計画を正確に実行する方法でやってきた。しかし、神とつながるということは、すべてとつながること。最高のものができて当たり前。自分の計画では計画したレベルにも達しないが、神任せだと、自己のレベルをはるかに超えた自己実現ができる。これが人の本来の姿なんだと感動する。

友人M)「かむながら」って、そんなものなんだ。きびしい自己のコントロールが必要なんだと思っていたよ。

私)そんな大変なものなら僕にできるわけがないだろう。マッサージ体操(つながり体操)同様、人に勧めたりしないよ。「かむながら」も、誰にでもできるやさしいものだが、やってみなければ、分からない。

友人M)素晴らしい成果に恵まれるし、周りから助け船が現れるし、自分はきらきら輝いて仕事ができる。しかも、責任は神が引き受けてくれる。自分は全力投球させてもらう。こういうことか?

私)そのとおり。人のまねをしなくていい。自分の役割に専念すればいい。あらゆるものにつながり、そこからエネルギーを十分にいただけるので、思いっきり頑張れる。しかも一人ではない。つながれる存在たちとともに喜びに満ちて活動できる。