カテゴリー別アーカイブ: 実践

「かむながら」の生活(2)

人K)ところで、先日の「かむながら」の話だが、どうなった。道具箱は片付いたのか?

私)ああ、そうだったな。ようやく、今日、片付いたよ。さるすべりの枝を伐採しておいたのがそのままになっていて、市のゴミに出せるように小さくカットした。そのとき、道具箱がそのままになっているのに気付いた。これまでのところに収まらなかった収納箱の中身をみると、さまざまなものが混在している。三分の一が捨てるべきものだった。必要なものは新しい道具箱に分散して入れた。あの当日は、収納空間をどうして作ろうかとしか考えていなかった。

これが、「かむながら」だ。当時にはない発想が生まれて、実行する日は違う展開になる。

それにあの翌日は急に寒くなった日だった。家内に言われて、ストーブなど、暖房対策をした。台所の食卓テーブルの下に、ストーブを入れて着けると、その場所から離れられない。結局、道具箱の整理や収納はできなかったよ。

だけど、それをしていたら、風を引いたか、体が冷え切ったかもしれない。コンピュータの仕事も、ストーブを入れながら行ったので、体の負担はあまり無かった。

それよりまだ、すごいことがあったよ。裸になって風呂に入ろうとすると、浴室は暖かいが、湯船にお湯がない。

友人K)なんだ。結局体を冷やしてしまったのか。

私)いいや。湯が溜まってくる間、上半身は濡らさずに、じっと湯船で待った。体はストーブで温まっていたので、それほど寒くはなかった。湯がたまってきて、下半身から、ぬくもってくる感じが体に良かった。

知性では、不都合に思いがちなこと、それが見えない存在が与えてくれていることを知ると、時を待ち、時が訪れると、それが大きなプラスであることが分かる。それを感謝しながら味わう。

友人K)知性で即断せずにしばらく様子を見るのか。見えない存在が何のためにこの状況を創ってくれているのか、そう君は感じて見守っている。すると、時がくれば、その答えがわかってくる。

私)そうだ。自分の知性だけで最後まで判断してしまわない。今日も庭の入り口の不要になったブロックを洗濯干し場の足元の不足分として利用することになった。不足分は購入しなければならないと思い込んでいたのに、今日の工事で、再利用のブロックが使える事が分かった。

土の中に埋め込んで、手作りスロープの支えになっていたものだが、手作りスロープが不要になったので、除去することになった。この話は以前にしたよね。その再利用など全く考えていなかった。しかし、再利用するという目線で見ると、近くで、縦に使用していたブロックを横にすることで、その余った分が利用できることも見えてきた。今日はやらないが、新しい見通しができた。

今日は珍しく、まる1日、なんの予定も組んでいなかったので、どんな日になるかと思っていたら、朝の「マッサージ体操」から違っていた。「手当て体操」、「手かざし体操」と呼ぶだが、「手当て体操」を手を動かさずに、体の方を動かすというものだ。

「手かざし体操」とは、手をかざしながら体を動かすものだ。「手当て体操」をづ脳の周りに、「手かざし体操」を腰の周りに追加して行った。

これが驚いたことに脳に働きかける力が強いことが分かった。いままでの工夫がもうひとつ効果がなかったのに、今日は驚きだ。今日は体改善の日だ。太陽を浴びるために、自宅前の2件の畑から食べるようにといただいている、柿の採取、サトイモ掘りを行った。夕方早めにお湯場温泉にも行って体の芯から温めた。

友人K)休養の1日だったんだ。ところで「手当体操」、「手かざし体操」とはどんなもの?

 

 

 

 

 

 

つながり力の強化(人と人)

知人L)河内でも大きな戦いが何度もあったんだよね。

私)過去の戦いは支配欲によるものが多い。それに宗教などを利用したものもある。それに巻き込まれたその地の住民は突然にして、略奪、殺害など生きるすべの根本を失ってしまう。

知人L)そうだね。いま、日本は平和だが、世界に目を向ければ、戦争中、あるいは、戦争を起こしかねない状態の国がある。

私)自分だけの考えが正しいと信じて、従わないものを殺害する。建物を壊し、豊かな自然を破壊する。ともに楽しむはずの仲間の未来を苦しみのどん底に突き落とす。

知人L)神が存在するなら、どうしてこのようなことを許しているのだろう。

私)神だって、自然災害という形で、多くの人の命を奪ったりする。ビッグバーンで、それまで存在しなかった宇宙を創造するが、最後には、それらを消滅させてしまう。この宇宙は神そのもので、この宇宙の姿は、神が咲かせる花のようなものなのだろうか。

知人L)分からないね。知性を超えたものなんだろう。

私)少なくとも、神の創造したその宇宙では、人を苦しみに陥れたものは、本人は気づかないが、その責めは確実にその本人が受ける。反対に人を活かそうと努力するものは、自分が活かされ、力が与えられる。「人を助ければ、我が身助かる」という天理教の教えがあるが、「人を活かせば、自分が活かされる」というのが、人と人のつながりの法則だと思うよ。

知人L)確かにそういうところはあると思う。助けた人から返されるというのではなく、別の人から助けを受ける。そんな経験を何度かしてきた。別にそれを期待して人助けをするのじゃないけど。

私)私はいつも「つながり」の話をするが、若いときの私の失敗の体験から身についたものだろうが、ちょっと、聞いてくれ。 学校生活などでは、優等生と呼ばれる人たちの中には、自分目線で人を評価するということが多いかと思われる。学力が意識の80%というような人が多いからだ。

人は、自分の持っているものだけに照らし合わせて人を評価しがちだ。しかし、人は自分の持っていないもの、自分が気づいていないものを持っている存在だと認識すれば、いままで見えなかったものが見えてくる。その人が社会的には劣った評価をされる存在であっても、何らかの形で自分を助けてくれていることに気づいて感謝する。これが「つながり」力を強化する精神体操だ。

知人L)社会が出来てそのつながりを守る法ができた。それによってつながり力が強化されたということもある。それによって、個人プレーでは達成できなかった、工夫や、習慣や、施設が残されていった。毎日、食用動物や魚を取って命をつないでいた時代から、今のように、お金を出せば日常の食事に事欠かない豊かな人社会が出来上がっている。

私)そうだ。人は人とつながることで、大きな力となる。人を知ろうとする努力と、ともに作業をする事と、行為ある会話を交わすことで、つながり力が強化される。何かを始めれば、人もそれによって動く。人の働きに参加すれば、新たな動きが生まれる。それを楽しむことだ。ひとりで行おうとせずに人とつながりながら行う。