カテゴリー別アーカイブ: 実践

霊操・イエズス会・八尾キリシタン

以前に紹介した恩地左近の子孫恩地誠さんを、山口県から恩地左近の墓参りに招待したときに、、山口県の教会の司祭をされていて、「霊操」の話を教わりました。いま、戦国時代のイエズス会のフランシスコザビエルの日本へのキリスト教布教の話となって、私に再登場しました。先日、キリスト教の話をブログで書いたら、数日後、キリスト教の方が自宅に久しぶりにお見えになって、聖書がインタネット(JW.ORG)で分かりやすい日本語で読めるようになっていることを教えて下さいました。

そして、今週は、『河内どんこう111』から、8回に渡って記載された「八尾キリシタン墓碑物語」(半田友味)の話です。ちょうど『河内どんこう』の110から118を整理していて、この話を読ませていただきました。

以前に、『恩智猿楽座・池田丹後の守・茶の湯』で紹介させていただいた池田丹後の守教正が楠正成の子孫でキリシタン大名になっていたという話(真実かどうかは不明)を聞いた時から、八尾キリシタンは私の中で興味を湧き起らせていました。最近友人から、彼の友人、前川一武さんが『河内若江城の興亡(キリスタン人物伝)』という公演をされるからと、招待を受けていました。が、そのあと、かつて経験したことのない強烈な台風19号が来るということで、私はその対応に追われて参加できませんでした。ここにきて、一気にキリシタンの話に盛り上がりがあり、私の役割を感じました。いつものつながり現象です。先のキリスト教信者の訪問で教えていただいた聖書の創世記をみると、『記紀』の神々の話と似ている。この時代に私たちの祖先は、宇宙創造に関心を持ったのだ。

わたしの興味を引いたのは、イエズス会が日本にきた由来です。その頃、西欧ではマルチン・ルターの宗教改革が起こり、西欧社会は2つに分裂していきました。ローマ法王が資金集めのために免罪符を売ったことに端を発して、この改革は始まりました。私はこの話を初めて聞いた時は、そういうことなら、正当なキリスト教はプロテスタントだと思い込んでいました。しかし恩地誠さんから、イグナチオ・ロヨラの「霊操」の話を聞いて、なおかつ、イエズス会がカトリックの中で生まれたことを知って、本来のキリスト教は、やはり、カトリックだと思うようになっています。

「霊操」は神と深く繋がるための行法です。私の実践する「かむながら」に通じます。神を強く意識し、神の望まれるようにこの心身をささげようという精神で、インドに布教に赴いたイエズス会のフランシスコ・ザビエルは、やじろう(殺人を犯してポルトガル船に逃げ込んだ海賊・武士ともいわれる)と出会います。船長はヤジロウをザビエルに合わせます。この出会いで、ザビエルは日本人の優れた霊性に気づき、2年後、布教先を日本に変えます。この時、ポルトガル語に堪能だったやじろうはキリスト教の教義書を完成しています。薩摩の島津貴久の許可を取り付け、堺の豪商、日比屋了珪の援助を得て、次は京をめざしますが、後奈良天皇、足利義輝の拝謁かなわず、山口に戻ります。献上品に満足した山口の大内義隆は布教を許します。

圧巻は河内での布教です。ちょうど戦国時代。信長が大阪にやってきたころです。まじめで霊性の高い信長(最近の研究で私たちが映画などで知る性格とは違ったということがわかってきました)はキリスト教を支援しました。まず、河内では、城主たちが入信し、家臣が入信し、その数は6000人にも達する大規模なものになりました。

松永久秀の裏切りがあったとき、信長は信貴山周辺の、恩地を含む、生駒山の裏表にある寺院仏閣を恐れもせず、ことごとく焼いてしまいました。石山本願寺などの反抗に対する憎しみだけではなく、キリスト教の擁護の気持ちも若干あったのでしょうか?

半田友味さんは、八尾キリシタンのことを小説に書きたいと仰っています。楠正成が死んだと泣き喚いて敵をあざむいた、泣きの半田さんの末裔が、数十年前まで恩智に住んでおられたとのことです。墓も来迎時墓地にありますが、その半田さんと関わりがあるのでしょうか。あるとすれば、このつながり関係は驚きですね。

半田さんには、ぜひ、「霊操」の行をしていただきたい。これまでの小説のように、迫害に苦しむキリシタンの心だけではなく、「霊操」のキリスト教に出会って、最高の喜びに満ちた八尾キリシタンの心を描いてほしいと思います。苦しむ人の心を描くのは比較的たやすいですが、その苦しみを超えて、心の奥底から喜びに満ちる姿を、読み手の心を打つまでに仕上げるというのはむずかしいでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神とつながる生き方「かむながら」

友人M)畑中さんは神とつながる生き方「かむながら」の実践をされているということですが、どういうものなのですか?

私)そうですね。君にもわかってもらえるような例を出そう。たとえば、95歳の母のことですね。君もここを訪問してくれる時に通ってくる、数年前に母のために作った玄関先の造作物。玄関までは4段の段差があります。以前に、この段差が杖をついて歩行する、母の歩行を困難にするので、滑り止めのついた板で覆った。

介護補助の方から、ベニヤ板を置くだけでいいから、この段差を無くしてくださいといわれた。しかし、やってみると、不安定で滑りやすい環境になってしまった。それで建材屋さんに相談すると滑り止めテープを紹介していただいた。自宅の倉庫をみると、父が残したベニヤ板や、角材、その他の切れ端の木材があった。ペンキも使いさしがいくつかあった。電動のこぎりもある。

自動のねじ回しもあったのだが、すぐに止まってしまうので建材やさんに持ち込むと、余分にあるからと中古の電動ねじ回しを無償でいただいた。いびつな現場に合わせて作るいびつな工作物なので、自信などなかったよ。やれというならやるしかないと取り掛かった。結局、仕事の合間を利用してつくるので数週間かかった。

すべらないように止めておくブロックを利用した受け台、使いさしのペンキを混ぜて防腐剤がわりにぬるなど、その場で工夫し、その都度起きる不都合に対処しながら、当初自分では想像もできなかった、見た目も素晴らしいものができあがり、皆さんにお褒めのことばをいただいた。

それが、先日、腐って落ち込むところができてしまった。その部分だけ補修してみたのだが、近いうちに全部やり直さなければ、危険が残る。こんどは残り物の木材がないし、その費用や製造の時間を考えるとぞっとした。何時ものように見えない世界の指示を待っていると、家内が、いっそうのこと、外してしまったらという。

私)「えっ」

家内)「週に一回、グループホームから帰宅するときも、いまは母は完全に車いすの移動だし、介護タクシーの方も、玄関から廊下までも車いすごと、持ち上げてくれるから、玄関先の石段ぐらい持ち上げてくださるでしょう。」

私)それなら、平らなところの玉砂利と石の道の覆いをやり直すだけで行けそうだ。

痛んだ熱いベニヤ板を交換しなければならないが、余った木材置き場にはもうない。でも30cm幅の熱い木材なら少し足りないかもしれないが、ほぼある。角材も外したものがまだしっかりしていて使える。新たなものを作るなら、ほぼできそうだ。あとは、いつものように神任せ。その場の思いつきや、周囲のアドバイスをいただきながら実行していく。

同じことをするのでも、時がたてば条件や環境は変わっている。同じやり方に執着せずに神任せ。時間がないならないように。お金がないならないように。材料が足りないなら足りないなりに。人のアドバイス、自分に沸き起こるアイデア。これらが、思いもよらない風に運んで、いつのまにか当初思った以上のものが出来上がる。

こんな感じが「かむながら」。その中でそれとは違った、別件のいろいろな働きかけがいろんな人から起きる。それが将来何に必要なのか分からない。それでも見えない先に導く神の存在を感じながら、自分の役目を果たしていく。時折、ああ、こういうことだったのかと納得しながら。

友人M)ふつうの教育を受けた人は、最後まで計画を立ててから、実行するが、そんな方法であんな素晴らしいものが完成するとは。

私)私も、ひとりで計画を立て、その計画を正確に実行する方法でやってきた。しかし、神とつながるということは、すべてとつながること。最高のものができて当たり前。自分の計画では計画したレベルにも達しないが、神任せだと、自己のレベルをはるかに超えた自己実現ができる。これが人の本来の姿なんだと感動する。

友人M)「かむながら」って、そんなものなんだ。きびしい自己のコントロールが必要なんだと思っていたよ。

私)そんな大変なものなら僕にできるわけがないだろう。マッサージ体操(つながり体操)同様、人に勧めたりしないよ。「かむながら」も、誰にでもできるやさしいものだが、やってみなければ、分からない。

友人M)素晴らしい成果に恵まれるし、周りから助け船が現れるし、自分はきらきら輝いて仕事ができる。しかも、責任は神が引き受けてくれる。自分は全力投球させてもらう。こういうことか?

私)そのとおり。人のまねをしなくていい。自分の役割に専念すればいい。あらゆるものにつながり、そこからエネルギーを十分にいただけるので、思いっきり頑張れる。しかも一人ではない。つながれる存在たちとともに喜びに満ちて活動できる。