カテゴリー別アーカイブ: 河内の翁

無上の喜び1

友人K)無上の喜びというのは、君が前のブログで半田さんが八尾キリシタンの小説を書くというときにぜひ描いてほしいといっていたアレか?

私)そうだ。

友人K)「霊操」を経験しないと描けないのか?

私)それが手っ取り早い方法かと思ったんだ。私は「霊操」を体験していないが、「かむながら」の生活をして同様の体験をしている。

友人K)「霊操」ってどんなものなんだ?

私)イエスは神になりきって、人々を救った。それを、「霊操」では、瞑想の中でイエスになりきって聖書に沿って体験する。これによって、神とつながる力が強くなる。

友人K)で、君の「かむながら」は?

私)唯一神が創造し、維持発展させ続ける姿を、被創造物の深奥に存在する唯一神になりきろうという姿勢で見る。そのエネルギーを味わって無上の喜びに浸る。生かされていることを知り、その役割を感じ取ろうとする。

ちょっと、表現が固いかな。

要するに、創造伸になりきって、そこからもらっているエネルギーで役割を感じ取り行動する。

友人K)要するに唯一神(宇宙を創造維持発展させ続ける神)とつながって、自分の役割を果たそうとすれば、無上の喜びが体に満たされるということか?

私)そういうこと。

友人K)で、きみが元気にあふれているのはその成果?

私)うん。「マッサージ体操」もそこから教わって、その効果も著しいし、私には「マッサージ体操」の役割もあるようだ。いまでも体の変化に驚いているが、これがまだ入門クラスで、これから先がもっとすごいよといわれている気がする。いま、腰の奥に空間が現れて、そこにいろいろ見え始めている。同時にエネルギーがそこから湧き起ってくる。それが心身のつらいことを軽いものにかえてしまう。

 

 

 

「つながり体操」と「かむながら」

「つながり体操」(「マッサージ体操」)と「かむながら」は、別物ではありません。身体が「小宇宙」であると先人たちが感じたのは、自分の体の中に創造主を見る人がいたということですね。

自分の体と深い部分で向き合うときに、体のあらゆる部分がつながっていることを感じます。そして、さらに、体の外、環境とつながっていることを知ります。今回、強烈な台風によってもたらされた、想像を超える被害体験からも、私たちは環境の中で生かされていたことを教えてくれます。呼吸や、食事や、排便、人の行動、生活など、深い考えになると、環境との密接なつながりのもとにこの体は生かされていることがわかります。

ともすれば、私たちの知性は自分と環境を別物と、とらえがちです。「かむながら」は、創造主によって作られた宇宙の中で、自分の役割を感じて環境宇宙とともに生きる生き方です。自分の利益を中心に、その計画をどう実行していくかという、現代社会の基本となっている考え方で、苦しみながら生きるのではありません。ともに助け合いながら、神の意志の実現を目指して、縁者とともに、どうそれを実現させていくかという、生き方です。

何も、偉業を成し遂げるとか、大改革をするとか、敬虔な信仰をしなさいということではありません。目まぐるしく変わる環境の変化を見ながら、その都度新たに、自分の役割は何かということを感得します。知性で考えるのではなく、自分の奥底の創造主が、自分にどの様に望んでいるのか感得するのです。そして、常に、環境が自分に与えてくれるエネルギーを受け取ります。

私は、今日は雨の中、自転車に乗りながら環境から様々なエネルギーをいただきました。顔や唇に当たる雨粒、風。ところどころで出会うキンモクセイの淡い深い香りを味わい、雨がキンモクセイを育てていることを感じました。生駒山の景色や、家々の木や花。環境のあらゆるものが、豊かなエネルギーを与えてくれます。

こうした優しい雨が、ときには、今回強烈な台風がもたらした集中豪雨のように、人々の生活基盤を根底から奪い去る雨にもなるのです。

私がいま、利用している、自転車という便利な道具を作り出した先人たち。それを手ごろな価格で私たちに購入できるように働いた人々。その人を支える家族たち。

また、先日雨具を上下、100円ショップで、それぞれ100円で手に入れたこと。本日は朝から雨が降っていたので、もう少し高いものを利用しましたが、安くて軽いものでした。もちろん、先人者だけでなく、買った私もその貢献者の一人です。これがつながりの絶大な力です。

日々の環境は多岐にわたって、ますます加速的な変化をしています。今日は量子コンピュータができたと、ニュースで聞きました。これまでのコンピューターで100年かかる計算をわずか3分余りでできるとのこと。私が50年前に、私がこれからはコンピューターの時代になる。そう、予測していましたが、それが今、スマホなど、こんな多様な発展をするとは、まったく予測出来ませんでした。しかも、わずか、40年くらいの間に。

私たちの思考力では、ついていけない時代がもう、始まっています。何を行うべきかは、知性では分かりません。それを踏まえて宇宙を支える、奥深い存在とのつながり力が必要です。「つながり体操」を行うと、この体がいかに複雑で、超高度な存在であるか体感できます。そして、深奥から湧き起る不思議なエネルギー。それは無条件に力強い喜びを与えてくれます。日常の悲しみ、恐れを小さなものにしてくれます。すべてとつながって生きている喜びを与えてくれます。

友人K)君が哲学の勉強をして到達したものか?

私)いや、哲学の領域を遥かに超えたものだよ。知性で分かるものじゃない。

友人K)それじゃ、「かむながら」の行で得たもの?

私)入り口だったとはいえるね。

友人K)それじゃ、「つながり体操」?

私)それも入り口。でも、どちらも深奥へアプローチするもの。すすんでいくうちに体感するようになった。

友人K)さとりを得たのか?

私)いいや、宇宙はそんなものでは理解できないということが分かっただけ。苦行によって自分をなくすという、いままでの行者のようなアプローチでは得られないものだ。むしろ、つながりの無上の喜びを積み重ねながら、会得していく。無上の喜びの積み重ねでなければつながれない。

いまは、まだまだスタートだ。これから本格的に体験していくつもりだ。

友人K)苦行ではなくて、喜び?

私)そうだ。過去の苦行の人も、その奥には、この無上の喜びがあったのかもしれないね。