カテゴリー別アーカイブ: 河内の翁

「かむながら」の生活(2)

人K)ところで、先日の「かむながら」の話だが、どうなった。道具箱は片付いたのか?

私)ああ、そうだったな。ようやく、今日、片付いたよ。さるすべりの枝を伐採しておいたのがそのままになっていて、市のゴミに出せるように小さくカットした。そのとき、道具箱がそのままになっているのに気付いた。これまでのところに収まらなかった収納箱の中身をみると、さまざまなものが混在している。三分の一が捨てるべきものだった。必要なものは新しい道具箱に分散して入れた。あの当日は、収納空間をどうして作ろうかとしか考えていなかった。

これが、「かむながら」だ。当時にはない発想が生まれて、実行する日は違う展開になる。

それにあの翌日は急に寒くなった日だった。家内に言われて、ストーブなど、暖房対策をした。台所の食卓テーブルの下に、ストーブを入れて着けると、その場所から離れられない。結局、道具箱の整理や収納はできなかったよ。

だけど、それをしていたら、風を引いたか、体が冷え切ったかもしれない。コンピュータの仕事も、ストーブを入れながら行ったので、体の負担はあまり無かった。

それよりまだ、すごいことがあったよ。裸になって風呂に入ろうとすると、浴室は暖かいが、湯船にお湯がない。

友人K)なんだ。結局体を冷やしてしまったのか。

私)いいや。湯が溜まってくる間、上半身は濡らさずに、じっと湯船で待った。体はストーブで温まっていたので、それほど寒くはなかった。湯がたまってきて、下半身から、ぬくもってくる感じが体に良かった。

知性では、不都合に思いがちなこと、それが見えない存在が与えてくれていることを知ると、時を待ち、時が訪れると、それが大きなプラスであることが分かる。それを感謝しながら味わう。

友人K)知性で即断せずにしばらく様子を見るのか。見えない存在が何のためにこの状況を創ってくれているのか、そう君は感じて見守っている。すると、時がくれば、その答えがわかってくる。

私)そうだ。自分の知性だけで最後まで判断してしまわない。今日も庭の入り口の不要になったブロックを洗濯干し場の足元の不足分として利用することになった。不足分は購入しなければならないと思い込んでいたのに、今日の工事で、再利用のブロックが使える事が分かった。

土の中に埋め込んで、手作りスロープの支えになっていたものだが、手作りスロープが不要になったので、除去することになった。この話は以前にしたよね。その再利用など全く考えていなかった。しかし、再利用するという目線で見ると、近くで、縦に使用していたブロックを横にすることで、その余った分が利用できることも見えてきた。今日はやらないが、新しい見通しができた。

今日は珍しく、まる1日、なんの予定も組んでいなかったので、どんな日になるかと思っていたら、朝の「マッサージ体操」から違っていた。「手当て体操」、「手かざし体操」と呼ぶだが、「手当て体操」を手を動かさずに、体の方を動かすというものだ。

「手かざし体操」とは、手をかざしながら体を動かすものだ。「手当て体操」をづ脳の周りに、「手かざし体操」を腰の周りに追加して行った。

これが驚いたことに脳に働きかける力が強いことが分かった。いままでの工夫がもうひとつ効果がなかったのに、今日は驚きだ。今日は体改善の日だ。太陽を浴びるために、自宅前の2件の畑から食べるようにといただいている、柿の採取、サトイモ掘りを行った。夕方早めにお湯場温泉にも行って体の芯から温めた。

友人K)休養の1日だったんだ。ところで「手当体操」、「手かざし体操」とはどんなもの?

 

 

 

 

 

 

「かむながら」の生活(1)

友人K)君の「かむながら」って、どんなものなんだ? 今日の様子が聞けるかな。

私)ああ、今日は夕方から変化があったから話しやすいよ。夜のパートに出かけたら、着いてみると、先方は、「今夜は暇だから、休んでいただこうと電話を入れたのだが、つながらなくて。申し訳ないんだが。」ということで、急遽、休みになった。 友人K)急に?それはひどいね。

私)私はそうは思わないんだよ。今日はほかの事をしなさいということなんだ。そう考えた。電話がつながらなくて、ここまで来たということは、どこかの店で何か買い物をして帰れということだと感じた。手持ちは1000円くらいなので、100均の店だ。店に入って、ぐるりと見て回った。

友人K)何か見付かったのか。

私)ああ。まず、瞬間接着剤。これまでは、コーナンで買っていた。ここであるとは思わなかった。3本100円。使い捨てになっている。襖の取ってが外れて、取りあえず糊付けしておいたが、すぐ外れてしまった。まず、これを選んだ。コーナンで買って1回使っただけで、あとは固まってしまって、使えなくなってしまった経験がある。使い捨てで3本100円は安い。

友人K)そんなものが100均に置いてあるのか。それは確かに安い。

私)次はローソクだ。月2回墓参りにいくと、1回で15本使うので、月30本必要なんだ。そのローソクが25本で100円だ。1回使ってみようと買った。 友人K)僕も月2回墓参りにいくが、そんなに使わないよ。

私)自分のところ以外に、戦死者と本家、母の里にもお参りするから、それだけ必要なんだ。ついでに、着火マンも買っておいた。いままで、家内に買っておいてもらったのだが、100均のも試してみようと思ったんだ。

友人K)僕はあまり、100均には行かないが、そんなものまで売っているんだね。

私)これから、自転車は手が冷たくなるので手袋も買っておいた。いっぺんに、いろいろなものが揃ったよ。 友人K)ところで、「かむながら」の話は? 私)これがそうだよ。

友人K)えっ、100均の買い物が?

私)たまたま、100均の買い物だっただけ。

友人K)どういうこと?

私)見えない存在が私を導いてくれた。私はそう捉えている。それに従ったらこうなったということ。わたしの知性ではこんなことはできない。そのあと自宅に帰って、昨日息子に指摘されて気になっている木製の引き出し型の道具箱のことを家内に相談した。何回も開け閉めしているうちに、道具の重みで壊れてしまったのだ。家内は使用していた、プラスチック製の3段の引き出しを空けてくれた。 これには重い工具類は入れられない。すぐに隣の木製の引き出し型の4段の入れ物と入れ替えて使った。うまくいった。ただ、今度のは前のものより大きいので、棚に収まらない。明日に持ち越そう。知性では明日と一応考えている。ただ、明日にできるかどうかは、分からない。それがいつものパターンだ。

友人K)いつものパターンって?

私)また明日、報告するよ。残りの時間は、コンピューターの画像処理の仕事を進めたよ。ソフト間の間で不都合が起こり、これを解決したのだが、なかなか覚えられないので、操作を書き留めながら進めたよ。これも必要な前進ができたよ。 実は昨日この作業をする予定だったのだ。しかし、庭の植木で息子の嫁が頭を打ったというので、気になっていた剪定作業を先にすることになった。切るだけにしてゴミは明日以降に処理するつもりだったのだが、息子が60Lのゴミ袋を持ってきたし、孫まで手伝いに来たので、枝を細かく切って、袋詰めしてしまうことになった。生垣の下にたまったゴミも気になって捨てることになった。すると、残っていた生垣の剪定もすることになってしまった。 だけど、これで、西側の景色が良く見えるようになって、残っていたその作業だけで、庭は一変した。風通しもよくなり、運気が上昇するような気がした。これまでできるとは予想もしなかったので嬉しい気分だ。それが、今日の道具箱の問題解決の作業につながった。

友人K)それが、全部、見えない存在の働きだというのか。

私)そうだ。それに従うと飛躍的な前進がある。自分の知性だけに従うと、必ず、それ以下の前進しかない。