カテゴリー別アーカイブ: 河内の翁

「つながり体操」ってどんなもの?-2

<つながりの意味>

 客人)「マッサージ体操」というのは、マッサージと体操が組み合わさったものかなという感じでなんとなくわかります。しかし、どうして正式名が「つながり体操」なのですか?

私)この体操を進めていけば、自然に気づいていきます。体は部分を寄せ集めたものではなく、本来ひとつのものです。ひとつのものが進展してさまざまな部分ができています。つなげたものではなく、つながったものなのです。

  したがって、部分ごとの体操というイメージを止めて、つながった全体を調える体操というイメージを持っていただきたいのです。

<精神体操>

 そして、さらに精神体操にまでつながると、当初のマッサージのイメージが小さくなるので、正式名は「つながり体操」ということになります。 

客人)精神体操などと言われるとわけがわからなくなります。

<手当>

私)今の段階でそれを説明することは不可能に近いものがあります。体験した先では、簡単な説明でご理解いただけると思います。難しそうに見えますが、難しくは有りません。ところで、「手当」という言葉を聞いたことがありますか。

客人)手を当てて病気を治す手当」ですか。

私)そうです。子供が打ち身をして泣いているときに、打ち身の場所に手を当てて、「痛いの痛いのとんでいけ!」と言ったことがありますか?

客人)おふくろが私にしてくれたのは覚えていますが、私は子供たちにはしていません。

私)あなたは、「手当」は気持ちのもので、本当は治療効果などないと思っているのではないでしょうか。

客人)効果を信じていないわけではないのですが、「手かざし」をする宗教もあるので、あまり気持ちは進みません。

私)その宗教が、誰もが持っている、この人間の本来の能力を利用しているだけで、本来、特定の宗教のものではありません。

手が、自分の体にふれることによって、体に変化が始まり、血行がよくなり、体のコリが体の奥底から消えていくのです。

 この手当に体を動かすことを加えることで、全てはつながって存在しているので、つながりのパワーがアップされて、心身の状態が極めて健やかになるというものです。

<つながりを味わう>

筋肉を鍛えるのではなく、つながりを味わうという意識です。味わうことで、人本来の姿にもどるのです。

???体、心が元気になる。頭がよくなる。役割が果たせる。

<人が本来持っている全ての機能を活性化できる>

客人)「つながり体操」でどんな効果が期待できますか?

私)私にいまどんどん現れている現象から、とんでもない事実をお伝えしなければなりません。もっと、効果が大きく現れてからと思ったのですが、やはり、ともに成長していく方が「本来の人」の姿だ。そう思ったのでお話してしまいます。

客人)とんでもない事実?

私)そうなんです。人類史上、一つの区切り点にもなるような。

客人)それはまた、・・・

私)「つながり体操」をやっていくと、自分の体を味わっていきますから、人体というのは、宇宙の創造神がつくった最高の存在だということに気づきます。これまで私たちが思っていたようなレベルの存在ではありません。人はまだまだ私たちの知らない能力を秘めています。肉体も精神も。

客人)・・・

私)心身のあちこちに「コリ」をつくり、本来の機能を失った状態から、本来のものを取り戻す過程で、日常意識することのなかった機能に気付きます。精神世界というのか、情報の世界というのか、そういう目に見えない世界のつながりです。インスピレーションとか、祈祷とか、心とか、脳とか、そういう目に見えない世界の働きまで、本来の力を取り戻すのです。

客人)ちょっと理解しがたい内容になってきましたね。

私)だから、私自身にもっとはっきりと、成果があらわれてからと思ったのですが、この目に見えない成果は体験しないと理解できません。先に体験してもらった方が早いということもあります。

客人)子供の学校の成績が上がるなどということで実証できるのでは?

私)学校の成績がよくなるかどうかは、学校の成績にどれだけ関心が強いかとか、どれだけ勉強が好きかということにも関係します。

しかし、仕事や生活の中で脳がどれだけ働いてくれるかということは、生きていく上で大いに役立つことです。

 頭で理解する能力が増すだけではなく、脳は見えないつながり(霊的存在、人、環境などと)を持っていますから、無意識の中でインスピレーション、アイデアなどというかたちで、必要な助力を受け取る体験が増していくことでしょう。

いまあなたに必要な出会いもつくってくれます。この出会いもその一つです。

それぞれの使命、役割に応じて見えない世界とのつながり力が働いてくれます。