カテゴリー別アーカイブ: 神社・仏閣

奉納和太鼓・浅井さんの写真紹介

恩智神社奉納和太鼓の翌日朝、さっそく浅井さんが写真を届けてくださいました。なんと、CD三枚です。しかも、いいカメラで、画素数が大きすぎて、画素数を落とす作業をしないとこのブログに載せられません。作業が多くて遅れましたが、表情を見ると、演奏者のこの笑顔の極み、感動は当然だったと納得です。富田林の和太鼓の継承は続き、その何人かはプロになっていくそうです。プロにならなくて、家庭に入った人たちでもプロ以上の実力をお持ちなのですね。

IMG_0229 3

3 4

5 6

8 9

15 12

16 17

18 19

20 25

26 29

30 31

32

こうして振り返ってみても、恩智左近に奉納するのにふさわしい和太鼓だったとおもいます。尻谷さんはお会いするたびに、楠木正成は恩智左近がいたからこそあれだけの働きができたのだとおっしゃっていますが、この和太鼓奉納は恩智左近にふさわしいものだったと痛感します。尻谷さん、これだけの準備をするのは並大抵のことではなかったでしょう。本当にありがとうございました。

14

恩智神社・春の卯辰祭・太鼓の奉納4/22(日)

この日の新海宮司の祈祷は恩地左近のために奉納される太鼓を意識してか、緊張より、喜びにあふれたものでした。

尻谷さんが連れてこられた富田林の6団体による太鼓の奉納は予想をはるかに超えたものでした。太鼓を打つ人たちは、喜びの世界に入り込み、それは私たちをもその世界に誘ってくれました。各団体の数人の太鼓が作り出すその世界はつながりの極致を演じて、心の奥、元を響かせてくれました。

ひとりの演奏者の女性が神の世界(異次元空間)を見つめているようなまなざしで太鼓を叩いていましたが、途中からそのまなざしを私たちの方に向けてくれました。恋人にみつめられたような、いや、それをはるかにに超えて私の心にしっかりと届きました。

長く味わったことのない、子供の頃の記憶につながって、いつのまにか消えてしまった日本人のこころを思い出しました。あの頃は人はみんな輝いていました。この演奏者のような目をしていました。55年ほど前から西洋文化がその輝きを奪ったような気がします。その頃の輝きを持った人が奉納太鼓のメンバーに数人いました。

境内の木々も深い部分から輝いていました。天児屋命の社もいままで見たことの無いエネルギーに満ちた姿をしていました。しっかりパワーを頂いて、次の約束の集会にいくと、いきなり、「畑中さんどんないいことがあったのですか。お聞かせください。輝いておられます。」といわれました。

写真は恩地研究会の浅井さんが撮ってくださったので、頂いたら紹介させていただきます。