カテゴリー別アーカイブ: 心の健康

恩智神社・春の卯辰祭・太鼓の奉納4/22(日)

この日の新海宮司の祈祷は恩地左近のために奉納される太鼓を意識してか、緊張より、喜びにあふれたものでした。

尻谷さんが連れてこられた富田林の6団体による太鼓の奉納は予想をはるかに超えたものでした。太鼓を打つ人たちは、喜びの世界に入り込み、それは私たちをもその世界に誘ってくれました。各団体の数人の太鼓が作り出すその世界はつながりの極致を演じて、心の奥、元を響かせてくれました。

ひとりの演奏者の女性が神の世界(異次元空間)を見つめているようなまなざしで太鼓を叩いていましたが、途中からそのまなざしを私たちの方に向けてくれました。恋人にみつめられたような、いや、それをはるかにに超えて私の心にしっかりと届きました。

長く味わったことのない、子供の頃の記憶につながって、いつのまにか消えてしまった日本人のこころを思い出しました。あの頃は人はみんな輝いていました。この演奏者のような目をしていました。55年ほど前から西洋文化がその輝きを奪ったような気がします。その頃の輝きを持った人が奉納太鼓のメンバーに数人いました。

境内の木々も深い部分から輝いていました。天児屋命の社もいままで見たことの無いエネルギーに満ちた姿をしていました。しっかりパワーを頂いて、次の約束の集会にいくと、いきなり、「畑中さんどんないいことがあったのですか。お聞かせください。輝いておられます。」といわれました。

写真は恩地研究会の浅井さんが撮ってくださったので、頂いたら紹介させていただきます。

心の健康43・人生は楽しむもの

『人生を楽しむための30の法則』(小林正観著)で、ある社長の臨死体験のことが書かれています。この社長は、人にはマネができないくらい頑張って会社を成功させてこられました。突然の死を迎えて、三途の川のほとりで、迎えにやってきた存在に、「人生をどれだけ楽しんだか」と聞かれました。社長は絶句しました。人生を楽しもうと思ったこともなかったし、楽しんだことも無かった。

「あなたは、人生について考え違いをしていました。もう一度やり直しなさい。」と、生き返らされました。私たちの世代はこの社長によく似た生き方をしてきました。この社長のように、楽しんだことがないとまではいかないのですが。」

このような膨大な宇宙をつくり続けている宇宙意識は、楽しんで作っているのでしょうね。その姿に似せて作られた私達人間は、その分け御霊ですから、その人生は楽しむものなのでしょうね。自分も楽しんで、周りも楽しませる、それが宇宙意識なのでしょう。正観さんは、障害者の長女から教わってそういう生き方をしてこられました。

しかし、何もしないで楽だというように暮らしてこられたわけではありません。『脱力のすすめ』(小林正観著)で次のように書いておられます。

「超常現象や日常現象の観察を40年間つづけてきた。」「宇宙の法理・法則・方程式を研究している。」「2万冊の本を読んだ。」「天才の共通項は、仕事の量。」作家の柴遼太郎さんは本を書かれるとき、そのテーマに関する本を集めたため、神田の古本屋さんの書棚が空っぽになったという例などを挙げておられます。

正観さんは2009年まで依頼を断らず、講演会を年300回以上してきたそうです。尋常ではありませんが、正観さんは、それで幸せなようです。

「幸せは、『私』が感じたときだけ存在するもので、もちろん客観的な存在としてあるものではない。どんなことも受け入れて、『幸せ』と感じることがポイント。いつも(どの今も)、起きてくることを笑顔で受け入れて、対処していく。」 と、おっしゃています。素晴らしいですね。

ただ、「依頼を断らず、全てを受け入れることは疲れますが。」と、おっしゃっていることが気になります。まず、与えられた体に感謝して、大切にメンテナンスすることは、全ての元ですから、身体に対する配慮も大切でしょう。そのようにすれば、人の力というものが私達が感じているより、はるかに大きなものであるということを、実感できるようになるでしょう。想像すらしなかった能力を楽しむようになります。

正観さんに限らず、私たちの世代は、体をかえりみることが少ないようです。私もつい最近、優秀な指圧の治療師から、私の体の尋常でないコリを取ることができないと宣告されるまで、自分でメンテナンスするなど考えたこともありませんでした。でも、今、自分でのメンテナンスの成果が表れて、この数十年もの間、味わったことの無い、軽やかな体を手に入れました。元から正せばこんなに変身できるのですね。

「人生は楽しむもの」、究極の真理を教えていただいて、正観さん、ありがとうございました。どうぞ、お体を大切に。

 

 

心の健康42・どのように生きるべきか

『脱力のすすめ』(小林正観)で、正観さんは、父から教えられた「がむしゃらに努力する生き方」より、障害時児の長女に教わった「まわりを温かくし、光を発している生き方」がいいと結論づけられました。この子は知性は遅れていますが、宇宙意識そのもののような振る舞いをしています。運動能力も人より劣って、運動会ではいつもびりです。あるとき、捻挫をした子がいて、この子を助けながら走って、最後にこの子をゴールさせて、自分はいつも通り、ビリでゴールしました。観客は感動して拍手を送ったそうです。

人生観を根本から覆すこの事件に衝撃を受け正観さんは一週間考えて、自分の魂がどちらの生き方を喜んでいるかと考えたときに、長女の生き方が本質だとおもって、喜んでいる自分に気付いたそうです。社会全体が競い合い、比べ合い、人よりぬきんでることが立派な人間だと教える中で、知性や運動能力が人より劣っているが、そこにいるだけで、まわりの人に幸せを感じさせてくれる長女の生き方に価値を感じたのです。長女の姿は、宇宙意識との一体化の姿です。過去世の経験から今世では、本人が障害時児の姿を望んで生まれてきたのでしょうか。

正観さんは、社会に渦巻く「思い」で汚れた心を「ありがとう」マントラを唱え続けることで、きれいに掃除されたのですね。そこに長女の姿、宇宙意識を受け入れたら、とっても幸せになり、周りの人達も幸せになったということですね。障害児は、人びとを救うために、宇宙意識が送り込んだ天使なのでしょうか。私の職場にも障害児がいました。仕事の能力は劣るが、いつも楽しい明るい雰囲気をかもしだして職場の空気を明るくしていました。

正観さんは、そこにいるだけで、まわりの人に幸せを感じさせてくれる宇宙意識との一体化の方法として、誰にでもできる便所掃除や、「ありがとう」マントラを提案していただいたのですね。ありがとうございます。

心の健康41・4次元、5次元

『心を軽くする言葉』(小林正観著)で次のように書いています。

「3次元的にとりうる解決方法には、『説得する』『逃避する』『我慢する』の3つがある。

4次元には『きにしない』という4つ目の解決方法が、5次元には『気にならない』という5つ目の解決方法がある。『気にならない人』には『問題が認識されない。」

宇宙意識と一体化した人はすごいですね。

3次元的には知性が100%活躍しています。4次元になると、知性と宇宙意識がともに活躍しています。5次元になると、もう知性は微々たる存在になるのですね。

心の健康40・マントラ(神呪)

『心がなごむ秘密の話』(小林正観著)で正観さんは、人の生き方を書いておられます。まず、自分が如何に喜ばれる存在になるかと考えなさいと言われます。これは宇宙意識と一体化することでもあります。

それから、とんでもないこと?を言っておられます。私たちが最悪の状態という意味で使っている「夢も希望もない」生活をしろと???

そんなに驚かなくていいのです。これは自我をなくして最大限に宇宙意識を受け入れることができる方法なのです。そして結果は神の領域だと書かれて、思い通りにならないのは思いがあるからだとおっしゃっています。でも絶望的な暗い気持ちになってはいけませんよ。「宇宙意識よ、すべてあなたの御心のままに。」と喜びの心にならなければ宇宙意識と結ばれませんよ。

そして、日常でできるだけたくさん、「ありがとう」を言いなさいと書いておられます。これも宇宙意識との一体化をめざすものです。

これを読んだ後、『友清歓真全集1・古神道秘説』を開きましたら、そのページに「十言の神呪(とことのかじり)奉唱」のことが書いてありました。毎日、30分以上「アマテラスオホミカミ」を唱えて、1か月もすれば、不思議なことが起きてくることを教えています。古事記や、日本書紀を表面上だけで理解するのではなく、深いものを感じ取れば、天照大神は、宇宙意識の最高表現の神霊であることがわかるといっておられます。

「アマテラスオホミカミ」も「ありがとう」も、宇宙意識と結ばれるためのマントラなのですね。正観さんは、朝起きた時に「ありがとう」を100回言ってしまいなさい。そうすれば脳はその現象を探し続けます。」といっておられますが、毎日30分ずつ、1か月「ありがとう」を唱えればどんなことが起きるのでしょう?「ありがとう」を1秒に2回いうなら1分で120回、30分で3600回、30日で108000回です。最初のうちは雑念が起こるので、こんな単純にはいかないでしょうが、だんだん雑念が少なくなっていきます。「アマテラスオホミカミ」は1分間で「ありがとう」の半分くらいですから、毎日30分唱えると、1か月では、5万回くらいになります。

「アマテラスオホミカミ、ありがとう」と唱えて見ましたら、即座に周辺との一体化が強く感じられました。そして自分自身の体の中にまっすぐな黒い柱がたって、背筋がまっすぐになったのです。この組み合わせは宇宙意識が指導してくれたのでしょうか。続ければどんな変化が起きるのでしょう。

「ありがとう、アマテラスオホミカミ、ありがとう」と唱えやすくして、1日500回、1週間唱えてみたら、周りの人たちの見え方が変わってきました。初めて出会う、老若男女、赤ちゃんに至るまで、とてもその人たちの個性が愛おしく感じるようになったのです。宇宙意識とのつながりが強くなったのでしょうか。

正観さんは「ありがとう」を言い続ける効果について、『心を軽くする言葉』(小林正観著)で、つぎのように書いておられます。

「『ありがとう』を年齢×1万回言うと、いろいろな奇跡が起きる。年齢×2万回で第2段階の奇跡、その家族や友人が考えてもいなかった現象が手に入り、年齢×3万回の『ありがとう』で第3段階の奇跡、本人も家族も友人も誰も念じたことも考えもしなかった現象が勝手にどんどん降ってくるらしい。」

「合計5万回の『ありがとう』を言ったら突然に現象化がはじまった。」

5万回というのは、30分ずつ言えば2週間ぐらいですね。私が年齢×1万回というと、70歳ですから70万回になります。毎日30分唱えて、7か月かかりますね。私は、毎日、「ハレークリシュナマントラ」を20年間唱えてきました。1日、1728回以上ですから、年に1728×365回以上、すなわち63万回以上、20年ですから、1260万回以上です。だから、いま「ありがとう」マントラを唱えても、途中でハレークリシュナマントラが入ったりします。気付いても最後まで唱えてから、「ありがとう」マントラに戻ります。

「ありがとう」マントラを唱え続けておられる正観さんには、宇宙意識との強いつながりが感じられますね。

*ハレークリシュナマントラ: 「ハレークリシュナ、ハレークリシュナ、クリシュナクリシュナハレーハレー、ハレーラーマ、ハレーラーマ、ラーマラーマ、ハレーハレー」

 

心の健康39・仲間

『心がなごむ秘密の話』(小林正観著)に「味方をつくれ」と書いています。「つながり」を強化することを提案している私には、とってもいい話が書いていました。

「他人を当てにすることができ、なおかつ自分も当てにされるという関係で生きていくのが人間関係。人の間で生きていると言う事です。」「初対面の人まで、『ありがとう』と言って味方につけていったら、人生は楽しいだけになります。今日からたくさんの味方をつくって生きていくと、面白いと思います。力を抜くだけで十分に楽になれるのですが、更に毎日意識しながら味方をつくっていく。そうすると、困ったときに味方がたくさんいます。」

正観さんは、あらゆるものに感謝しておられ、あらゆる存在が意識を持っていることを知っておられますから、人間関係だけではなく、全ての存在(無生物も含めて)に『ありがとう』と言って味方につけていると思われます。それらと一体化すると、その存在たちも自分自身です。知性を超えて共に生きることが出来ます。無視して生きるのと思いやりを以て生きるのとでは、人生の豊かさが違います。人間というのは、与えられていることがいかに大きいか体感できます。

実際にこのように生きておられる人がいるなんて感動です。宇宙意識に感謝です。正観さんにも感謝です。そして、正観さんを教えていただいた方にも感謝です。ありがとうございます。

心の健康38・与えられたことに感謝・誠意で対応する

生観さんが、『心の花畑』(小林正観著)で次のようなノートルダム清心女子大学の責任者になった渡辺和子さんという方の体験談を紹介されています。

「アメリカの修道会は全寮制で食事の準備などは全部自分たちでするのですが、ある時、渡辺さんがお皿をテーブルの上に配っていました。すると一人のシスターが静かによってきて、

『渡辺さん、今あなたは何を考えながらこのお皿を配っていますか?』と聞いたそうです。

渡辺さんは、「えっ、何も考えていません…」と答えました。

その時シスターがこう言ったそうです。

『渡辺さん、あなたは時間を無駄にしています。あなたはこのお皿を使う人の幸せを祈りながら配ることができます。世の中に雑用という仕事はないのですよ』 と…。

与えられるものすべてが、宇宙意識から与えられた大切な仕事。そのチャンスに、感謝しながら誠意で答えることを教えています。いい話を聞かせていただきました。どんなことをしていても宇宙意識や、共通意識と強く繋がって居なければ時間を無駄にしているということですね。

心の健康37・宇宙意識との一体化

『心の花畑』(小林正観著)を一気に読んでしまいました。紹介していただいた方に感謝です。正観さんは、自分は唯物論者だから見えないものは信じないと断言しながら、いつもこうすべきだと教えるのに、「神様はそういう人が好きらしい」という表現をされています。神様とは、私のいう宇宙意識なんですね。完全に宇宙意識につながった方のようです。

宇宙意識は自我意識をなくし、完全に(一般的に「不幸」といわれる出来事も含め)、嘆き悲しんだりせずに、全て感謝の心で受け入れることで強くつながります。

正観さんは、障害児をお持ちですが、このことをラッキーだったと次のように書かれています。

「何年か時間がかかりましたが、この子が来てくれたおかげで本当の人間の価値というものが分かりました。私は父親から『人間は努力しないやつは馬鹿だ、屑だ』と、言われて育ったのですが、障害児であるわが子は、努力はしませんし、頑張ることもありませんし、自分の向上心などもも持っていません。しかし、この子がいるだけで温かいのです。

『人間の価値とは、努力することや頑張ることではなくて、その人がそこに存在すると、周りが温かくてうれしい、という存在になること』」

そんな大切なことを、この子が教えにきてくれました。」

完全に宇宙意識と一体化されていることが分かります。すばらしい人がすでにいらっしゃるのですね。

 

 

 

心の健康36・ストレス

『こころの花畑』(小林正観著)に正観さんのストレスを貯めない生き方が書かれていました。

「『自分の意志で自分の人生を組み立てよう』と思っている99%の生き方に対して、『自分の夢や希望はゼロで、何もなくて、ただ頼まれたことだけやっていけばいい』という生き方は、確かに体力も使いますし汗もかきますが、『思い』がないので、全くストレスを生じません。」と書いておられます。

同じ世代の教育を受けたのに、どうしてこんな異色の存在ができたのでしょうか。楽しい選択をし続けた結果だとは理解できますが、誰にでもできるわけではありません。でも、起きてくることを全て感謝の気持ちで受け止めるのは、そういう習慣をつくればできるでしょう。それでも難しいことではあります。宇宙意志との一体化で喜びの選択を続けた正観さんには、驚かされます。

 

心の健康35・喜びの言葉

以前に紹介した斎藤ひとりさんの天国言葉、『こころの花畑』(小林正観著)でも出会いました。

「『うれしい、楽しい、幸せ、愛してる、大好き、ありがとう、ついている』と言う肯定的な7つの喜びの言葉、これを七福神になぬ「祝福人」と名付けています。良い仲間に囲まれて、事故や事件に巻き込まれず、普通に何でもない1日が淡々と過ぎていくことが、どんなに『幸運で、ついていて、幸せなことか』ということに気がついて、ありとあらゆる現象に対して、喜びの言葉を次々と言っている人には、神様が、「この人はそういう言葉が好きみたいだ。だったら、そういう言葉を次々に言いたくなるような事柄、出来事、現象をたくさん降らせてあげようとか「そう言いたくなるような人同士を互いに合わせたりして喜ばせてあげよう」と思うらしいのです。」

私のいう「共通意識」の働きによるものでしょう。経済社会は世界的に崩壊寸前の状態です。いままでの世の中から見れば、不平・不満、愚痴、泣き言、悪口、文句がどんどん出てくる社会になるでしょう。それに気づいた人たちがその社会を喜びの心で迎えようと提案しています。

正観さんは自分は唯物論者と断言しておきながら、見えないもの、神様を登場させるのは、やはり私たちの世代なのでしょうね。神社や寺にもまじめに参拝しますしね。また神様の名前を出されて納得してしまうのも唯物論を自称している私たちの世代と言えます。

見えないものはないといいながら、宇宙意識から離れきることができないのは、それでは生きていけないことを体が知っているからです。