カテゴリー別アーカイブ: 心の健康

無上の喜び1

友人K)無上の喜びというのは、君が前のブログで半田さんが八尾キリシタンの小説を書くというときにぜひ描いてほしいといっていたアレか?

私)そうだ。

友人K)「霊操」を経験しないと描けないのか?

私)それが手っ取り早い方法かと思ったんだ。私は「霊操」を体験していないが、「かむながら」の生活をして同様の体験をしている。

友人K)「霊操」ってどんなものなんだ?

私)イエスは神になりきって、人々を救った。それを、「霊操」では、瞑想の中でイエスになりきって聖書に沿って体験する。これによって、神とつながる力が強くなる。

友人K)で、君の「かむながら」は?

私)唯一神が創造し、維持発展させ続ける姿を、被創造物の深奥に存在する唯一神になりきろうという姿勢で見る。そのエネルギーを味わって無上の喜びに浸る。生かされていることを知り、その役割を感じ取ろうとする。

ちょっと、表現が固いかな。

要するに、創造伸になりきって、そこからもらっているエネルギーで役割を感じ取り行動する。

友人K)要するに唯一神(宇宙を創造維持発展させ続ける神)とつながって、自分の役割を果たそうとすれば、無上の喜びが体に満たされるということか?

私)そういうこと。

友人K)で、きみが元気にあふれているのはその成果?

私)うん。「マッサージ体操」もそこから教わって、その効果も著しいし、私には「マッサージ体操」の役割もあるようだ。いまでも体の変化に驚いているが、これがまだ入門クラスで、これから先がもっとすごいよといわれている気がする。いま、腰の奥に空間が現れて、そこにいろいろ見え始めている。同時にエネルギーがそこから湧き起ってくる。それが心身のつらいことを軽いものにかえてしまう。

 

 

 

日本神話と「かむながら」4

私は幼いときは、物事を考えるときに頭の中で絵が動いていました。それが、中学生になり、一日の大半を文字を通した学習を続けるあいだに、いつのまにか、文字に代わっていました。いま、また絵が復活し、たまに、音が聞こえたりします。音は名前を呼ばれるのが大半ですが。

これらは瞑想と呼ばれるものです。波動の世界の入り口です。音、絵にしても耳や目などの器官を通すものではありません。いきなり、脳です。

最近、これにマッサージ体操が皮膚を通した瞑想を体験させてくれました。皮膚の感覚は精神を統一しようと意識しなくても、意識を皮膚感覚に全投入してくれます。ずっぽりと波動に浸ります。しかも、マッサージ体操によって、体が真底から回復します。この人体という小宇宙を創造した創造主に繋がる感覚です。

何を見、何を聞き、皮膚で何を感じても、からだの真底の波動につながる生き方、それが私の実行する「かむながら」ですが、古代日本人は、いまの環境と違って知性の影響が少なかったから、そのままで、私の幼少の頃の感覚を終身維持できていたのですね。宇宙の働きを小宇宙と呼ばれる人体で受け止めて、日本神話のような表現となったのでしょう。

わけのわからない『記紀』の日本神話は、実は日本人の原点だったのですね。今の子供は、小学生から知的教育をたっぷり受けていますから、私と同様、日本神話はそのままストレートには理解できないかもしれません。そういう意味では飯田正孝さんのこの本『日本神話解明と古代文明』は分かりやすいですね。