カテゴリー別アーカイブ: 超健康生活

日本神話と「かむながら」2

訳の分からなかった神話はこの本のおかげで、その時代の人の心(かむながら)と共に、スーッと入ってくる。詳しくは本を読んでいただかなければならないが、読む気持ちが起きるように入り口部分を原文で紹介します。

飯田さんは、[神話の原話]というタイトルで次のように説明している。()内で説明をいれているのでそのままで理解できます。考えてみれば、私たちが神を思うとき、人の姿をした形でとらえていることが多いようです。日本神話も、さまざまな自然現象を人の姿をした神の働きとして表現したのだと思えば、『記紀に書かれた日本神話も、急に理解しやすいものとなるようです。

「大昔、天と地はくっついていたが、初めて天と地が開いて、その間に空ができ、陸地が現れたとき、まず天の国の高天原にアメノミナカヌシをはじめとする17神が生まれた。その中でいちばん後に生まれたイザナギとイザナミの2神に対し、天の神々は、地上の国はまだ海の中をクラゲのようにふわふわと漂っている、この漂える国をしっかりと修め理(つく)り成せと命じた。

イザナギとイザナミは、虹の橋を伝って地上の国へ降りてくると、まず、おのころ島(塩の固まってできた島)を造って、そこに宮殿を建てた。そして2神は結婚すると、イザナギが(修め固める火山の神)となり、イザナミが(理り成す火山の神)となって、大八島をつぎつぎと生んだ後、天岩船(日が乗って天を航海する岩の船)、オオゲツヒメ(月)、ヒノカグツチ(溶岩)を生んだ。」

と、まあ、こんな形で理解できます。

私がもっとも理解できなかったのが、八俣の大蛇(やまたのおろち)でした。それは次のように説明しておられます。

「八俣の大蛇の正体は、毎年襲ってきては人々を苦しめる洪水のことであるとか、須佐之男命と対立した豪族であるとか、あるいは溶岩流であるとか諸説があるが、日と火山の構造からみると、溶岩流である。」

「大蛇退治の物語の意味は、毎年八俣の大蛇(溶岩流)が山頂から流れ下って来て、足名椎(あしなづち)・手名椎(てなづち)(冷え固まって動かなくなった溶岩流)の娘の湖の女神(溶岩流によって形成されたせき止め湖)を次々に呑み込んでしまったが、須佐之男命(大火山神)が八俣の大蛇(溶岩流)を押さえ込んで最後に残った櫛名田比売(湖の女神)を救い、櫛名田比売と結婚し、この系統からは、湯の神、水の神、渕の神など、水に関係する神々が生まれたという意味である。

(『日本神話解明と古代文明』飯田正孝著)詳しい説明はぜひ本を読んでいただきたい。

私はこれによって、古代神道「かむながら」をこれまで以上に知った。古代人は、天地の働きの中に神を感じ、神の働きを、自分の内にある人の心の働きとしてとらえていたのだ。

 

 

 

 

日本神話と「かむながら」1

『日本神話解明と古代文明』(飯田正孝著)を紹介させていただきます。

「日本神話は縄文時代の神話を基礎として、弥生時代に新しい要素が加わって形成されたものであり、さらに古墳時代の要素も加わって完成したものである。」と書いています。また飯田さんは、神名に含まれる「ホ」という文字の意味が、従来の説の「稲穂」ではなく、「光」であると解釈されました。その結果、「神名や物語の謎が次々に解けてゆき、従来とはまったく異なる、豊で一貫性のある神話物語が立ち現れてきました。

それは、秀麗な火山がそびえ、━そのいくつかは今も煙を噴き上げて、国土創造の余韻を漂わせている。━美しい湖沼に恵まれ、数多くの水鳥が遊ぶ日本の風土の中から、長い年月をかけて醸し出された、日本的情感をたたえた神話物語」であるということだそうだ。

「遠い昔に神が作り終え、すっかり静まった大地に住んでいた人々とは異なり、国中のあちらこちらで火山神たちが溶岩や噴煙を吹き出し、今だに大地を作り続けている現場を目の当たりに見ていた我々の先祖たちは神々を身近に感じ」た。

飯田さんはこのように書いておられます。

飯田さんがおっしゃるように、単に環境によるものなのか、私が想像するように、日本人の祖先の持つ特別な能力によるものなのなのか、あるいは、創造神が祖先に働きかけたものという可能性もあります。

また、神話の構造として、

「日と火山の構造は、国土の生成と安定、自然景観の生成、自然現象を説明するものであり、卵から生まれた神の構造は、生命あるものの生死と繁殖を説明するものである。

また、初めに溶岩神が国土を創造し、岩石や土を生み、次に火山神が溶岩神を押さえつけて地上を安定させ、湖沼、風雨、草木、鳥や虫などを生み、次に日神が火山神を打ち負かして地上の支配権を譲りうけるということである。」

具体的に例を上げて紹介しよう。

次回に続く