カテゴリー別アーカイブ: 呪と神仏

日本神話と「かむながら」2

訳の分からなかった神話はこの本のおかげで、その時代の人の心(かむながら)と共に、スーッと入ってくる。詳しくは本を読んでいただかなければならないが、読む気持ちが起きるように入り口部分を原文で紹介します。

飯田さんは、[神話の原話]というタイトルで次のように説明している。()内で説明をいれているのでそのままで理解できます。考えてみれば、私たちが神を思うとき、人の姿をした形でとらえていることが多いようです。日本神話も、さまざまな自然現象を人の姿をした神の働きとして表現したのだと思えば、『記紀に書かれた日本神話も、急に理解しやすいものとなるようです。

「大昔、天と地はくっついていたが、初めて天と地が開いて、その間に空ができ、陸地が現れたとき、まず天の国の高天原にアメノミナカヌシをはじめとする17神が生まれた。その中でいちばん後に生まれたイザナギとイザナミの2神に対し、天の神々は、地上の国はまだ海の中をクラゲのようにふわふわと漂っている、この漂える国をしっかりと修め理(つく)り成せと命じた。

イザナギとイザナミは、虹の橋を伝って地上の国へ降りてくると、まず、おのころ島(塩の固まってできた島)を造って、そこに宮殿を建てた。そして2神は結婚すると、イザナギが(修め固める火山の神)となり、イザナミが(理り成す火山の神)となって、大八島をつぎつぎと生んだ後、天岩船(日が乗って天を航海する岩の船)、オオゲツヒメ(月)、ヒノカグツチ(溶岩)を生んだ。」

と、まあ、こんな形で理解できます。

私がもっとも理解できなかったのが、八俣の大蛇(やまたのおろち)でした。それは次のように説明しておられます。

「八俣の大蛇の正体は、毎年襲ってきては人々を苦しめる洪水のことであるとか、須佐之男命と対立した豪族であるとか、あるいは溶岩流であるとか諸説があるが、日と火山の構造からみると、溶岩流である。」

「大蛇退治の物語の意味は、毎年八俣の大蛇(溶岩流)が山頂から流れ下って来て、足名椎(あしなづち)・手名椎(てなづち)(冷え固まって動かなくなった溶岩流)の娘の湖の女神(溶岩流によって形成されたせき止め湖)を次々に呑み込んでしまったが、須佐之男命(大火山神)が八俣の大蛇(溶岩流)を押さえ込んで最後に残った櫛名田比売(湖の女神)を救い、櫛名田比売と結婚し、この系統からは、湯の神、水の神、渕の神など、水に関係する神々が生まれたという意味である。

(『日本神話解明と古代文明』飯田正孝著)詳しい説明はぜひ本を読んでいただきたい。

私はこれによって、古代神道「かむながら」をこれまで以上に知った。古代人は、天地の働きの中に神を感じ、神の働きを、自分の内にある人の心の働きとしてとらえていたのだ。

 

 

 

 

見えない世界に通じる人たち2

Yさん)「おひさしぶり。お元気ですか。」

私)「はい。至って体調はいいです。ちょうどよかった。お話が聞きたいと思っていたところなんですよ。修験道で能力を高めるのは、主に山中を歩く身体の行が効果的なのですか。」

Yさん)「いいえ、そればかりではダメです。やはり、瞑想が一番です。瞑想によって、霊力は格段にあがりますよ。」

<修験道の行>

以前、ブログを書く目的で、安養寺に「火渡り行」の取材にいったときのことです。「奥がけ」という肉体行で、膝を傷めた修験者達に出会いました。それが、現代の修験者達の私の第一印象になっていました。

いま、飛鳥時代、呪術を使いまわし、空も飛んだという役小角(えんのおづぬ)が修験者の始まりだということを思い出しました。これも肉体行の印象があります。猿のように木から木へと飛び回る姿から誇張表現されたのでしょうが、常人にできないことまでできるようになっていたことは確かでしょう。

<肉体行を支える瞑想行・『つながり体操と波動>

これらの肉体行が瞑想に支えられていたことは重要です。瞑想は波動です。私の提案している「つながり体操」は、肉体に手や脳など体から出ている波動で体の中の滞りを解除します。ときには、対象は肉体ではなく、オーラなど、波動そのものにもアプローチします。

「つながり体操」のおかげで、宇宙の元は波動であることを体感しています。

 「つながり体操」では、瞑想というような表現はしませんが、感じているものは波動です。波動世界の体験です。波動世界の存在達が、個々の人間を助けてくれているのを感じます。

<60年ほど前まで、恩智で活躍していた行者たち>

Yさん)「60年ほど前、恩智にも霊力の高い行者が何人かいましたね。私の本家の土中に数体の仏像が埋まっているから掘り出すようにといわれて、掘ってみると出てきました。寺の跡地だったのでしょうか。」

私)「同級生も行者の話をしていました。家に問題が多くあって、行者に見てもらったところ、井戸が埋まっている上で台所の火を焚いている。ここをきちんと整理しなさいと言われて掘ってみると、確かに井戸があったそうです。

小学1年生のとき、私の家が全焼したあとに、行者が掘り起こすように指示したときは、何も出土しなかったのですが、その時代には、霊能力の高い修験の行者は数人いたようです。 

<特定の見えない存在につながって未来を聞く人>

私)「特定の神(見えない存在たち)に伺いを立てて、選択の参考にするというような半分宗教じみた活動をしている霊能力者もいます。この判断もよく当たるというので、何かあるたびに数時間もかけて、この人の元を訪れるという知人もいます。」

Yさん)「そうした霊能力というのは、瞑想の結果現れるようですね。私も長年の行で身に付きました。」

<宇宙は波動でできていることを知る>

私)「今回の『つながり体操』の成果として身についた『つながり思考』は、波動世界のつながり法則になるので、宇宙の全てとつながります。特定の存在とのつながりを超えて、本来の姿に戻るといってもいいでしょう。」

Yさん)「『つながり思考』って、まだよく理解できていせん。宇宙が波動でできているって、物質も波動でできているということなんですか?」

私)「はい、物質は波動がつくる1つの形といえます。だから、波動が宇宙のすべての存在の元です。元が波動だから、波動がさまざまなものをつなぐ、いいかえれば、すべての存在(物質も波動も)はつながっていると考えるのが自然です。つながり体操をしていれば、それが体得できます。

私があまり、深入りしたくなかった、見えない世界って、ただ、宇宙の特定の存在にだけつながるのがいやだっただけなのでした。すべてとつながるのなら、本来の姿なのですから。

<憑依霊を取り除く人>

私)「また、憑依霊もつながりのひとつです。ある程度の憑依霊を取り除くことのできる人がいます。目に見える自分という物質存在(霊という目に見えない物質存在も含まれます)と、望まない、目に見えない物質存在とのつながりによって起こる不都合を解除できるのはありがたいことです。それに憑依された状態の存在が自分だとは考えたくないし、そのままだと自分自身が思うように動けなくなる。そんなのもイヤですね。そういう好ましくない憑依霊に取り憑かれることの無いつながり力を育てておきたいですね。」

yさん)「ふだんあまり考えないことなので、急に言われてもよく理解できていません。」

私)「そうですね。まず、『つながり体操』を続けていただいてから、また、お話させていただきましょう。」