カテゴリー別アーカイブ: 呪と神仏

呪い1・愛から呪へ・呪から愛へ

人は本来、創造主の愛によって作り出された。しかし、肉体を持つとともに排他的な性質が生まれ、それが愛の影である呪の心を生み出した。共生という愛の考え方を受け入れることができず、不都合な人間は呪いによって抹消してしまうという考え方が生まれた。歴史を学べば、歴史はそのように動いてきたことがわかる。

助け合い支え合って生きるために、大勢の仲間を与えられたのに、自分の欲望の実現に邪魔なものは殺してしまえという考え方になっていった。飛鳥時代、呪術を使いまわした役小角(えんのおづぬ)、四天王を利用して呪術で物部守屋を滅ぼした聖徳太子。その四天王寺に通っていた稚児の信徳丸の呪いの話。日本の歴史は、まさに呪の世界でもあった。

釈迦の没年が紀元前1000年ごろとすれば、末法思想による末法の時代は2000年の正像の時代を経て、1000年ころは末法に突入したことになる。平安時代だ。それから1000年を経た今は末法のまっただ中ということになる。桓武天皇の時代には、怨霊の祟りは、呪うもの、呪われるものという一対一の呪詛関係だった。しかし、9世紀の中ごろになり、疫病が流行り天変地異が頻発して多くの人が死んだりすると、それは政争に敗れて非業の死を遂げたものの祟りだということになった。

平安時代の菅原道真の怨霊がその最たるものだ。明治天皇はさらに、おそれ続きけていた崇徳上皇の怨霊を明治に改元される半月ほど前の上皇の命日に呪い鎮めを行った。昭和天皇の時代に起きた第2次世界大戦においては、高野山をまきこんだ呪による必勝祈願が行われたと聞いている。高野山はもともと、呪をあやつる密教の弘法大師が設立したものだから不思議なことではない。

しかし、天皇家は別として、最近、われわれの社会からこの呪の考え方は急に少なくなった。私の少年時代までまだあった呪の習慣はいつの間にかなくなっている。大峰山の行者も呪の考え方から遠のいてきた。これは、今が、呪いの歴史から、愛の歴史への変換期を意味するのだろうか。

『呪いと日本人』(小松和彦著)を参照させていただきました。

見えない呪の世界11(膨大な意識体)

『臨死体験が教えてくれた宇宙の仕組み』(木内鶴彦著)に以下のようなことが書かれています。

木内さんは、通常の臨死体験、三途の川とか御花畑などといった体験以外に、さらなる体験をされました。

「二次臨死状態になり、肉体から意識が離れたとき、私はこの『膨大な意識体』の存在をごく身近に感じました。

私がまごまごしていたら、きっとすぐに私は『膨大な意識体』に吸収されていったのだと思います。しかし私は吸収されまいと、その存在に反発しました。もっと正確にいうと、『木内鶴彦』という意識を持ったまま、『膨大な意識体』にアクセスし、情報を得ようとしたのです。(中略)

『膨大な意識体』と一体になり、その中の情報に触れたという表現のほうが正しいかもしれません。(中略)

『膨大な意識体』があるのは五次元の世界です。その様子は、三次元の言葉で表すなら、空間ともいえますし、ガスのような存在ともいえます。五次元の世界ではすべてを『膨大な意識体』が満たしており、バランスがとれた完全な世界をつくっています。(中略)

しかし完璧に見える五次元の世界でもときどきひずみが生じるのです。(中略)

『膨大な意識体』がある五次元の世界は、完璧ですが、同時に無でもあります。(中略)

そこにひずみが生まれると、空間が動きます。空間はひずみのない元の形に戻ろうとするので、ひずみが揺らぎ、だんだん解消に向かいます。そして完全にフラットになったとき、元の五次元の空間に戻るわけです。(中略)

つまり三次元の世界は五次元の世界に変化を与え、波立たせるために生まれているのではないでしょうか。」

一次元は点、二次元は線、三次元は空間、四次元は時間を加えたもの、五次元は意識。そして、この世界に『膨大な意識体』が存在します。

木内さんは木内さんの意識として『膨大な意識体』の中の情報にアクセスしたのですね。それでは呪の世界に活動基点を置いている神仏たちはどの次元に存在するのでしょうか。

そして私たちはどの次元に存在するのでしょうか。

本来私たちは、この全ての次元で生きているようです。『膨大な意識体』とは本来、全ての存在がつながっていますし、神仏とはマントラでつながれるようです。本来つながっている五次元の世界ともアクセスしながら生きるのが私たちの本来の姿なのでしょう。