カテゴリー別アーカイブ: 宇宙・人類

人類の基礎を築いた祖先たち

『つい誰かに教えたくなる人類学の大疑問』(日本人類学会教育普及委員会監修))からさらに紹介します。

 

「約1万年前に最終氷期が終わり、地球は急速に温暖化しはじめました。その結果、日本列島の埴生に大きな変化がおこり、1万年前にはクリなどの堅果類を含む温帯の森林が成立したことがわかっています。またオオツノジカやステップバイソンなどを含む大型獣がいなくなりました。このような状況で、植物と魚類に依存した定住生活を特徴とする縄文文化がはじまったと考えられています。縄文時代の人びとは、周辺の環境によく適応していました。たとえば、北海道では海産物を中心とした食生活が発達し、本州では森林の資源と海洋の資源を組み合わせた食生活が発達しました。

本州の中でも西日本は照葉樹林が中心で、堅果類の生産量は多くありません。一方、東日本の落葉樹林では、照葉樹の堅果類よりも生産性の高いクリやドングリが多かったようです。このような東西の埴生の違いは、縄文時代に西日本より東日本に多くの人口が分布していた可能性を示唆します。(中略)

堅果類は秋に豊かに実りますが、主食としてほかの季節にも食べるためには貯蔵が必要です。また、生では食べられないので加熱調理をしなければなりません。そして、貯蔵や調理の為の土器や石皿などが出現しました。旧石器時代が終わり、縄文時代を特徴づける土器が現れるのはおよそ1万6000年前のことです。

縄文時代の日本列島では、クリのほかにクルミやフキ、ワラビなどもよく利用されました。たとえば、三内丸山遺跡の土に含まれている花粉の分析からは、クリが自然状態ではありえないほど密集していたことがわかっています。これらはいずれも明るい明けた場所でよく育つ植物です。有用植物を残すために、ヒトが伐採や野焼きによってそれ以外の植物を除去し、環境を改変していたと思われます。

また森は、調理や土器製作に必要な火を起こすための薪や、住居の建築材を得る場所となりました。ヒトにとっては、食料源としても役立つクリや生育の早い樹種などを中心とした森林が好都合です。実際に森林の樹種を人為的に操作しはじめ、その結果、二次林を生むことにつながりました。

縄文時代の後半の4500年前頃には、リョクトウやダイズなどの豆類やヒョウタン、アサ、エゴマ、シソ、ゴボウなどの外来植物も持ち込まれました。

やがて、2800年前頃に稲作がはじまり、水田が特徴的な風景となる弥生時代へ突入していくことになります。水田稲作がはじまると、耕作用に水をためるようになりました。そこには水場をすみかや繁殖の場とするカエル、メダカやドジョウなどの小魚、それを食べるサギやトキ、コウノトリなどの水鳥も多く暮らしたでしょう。稲作によって食糧が豊富になったことで人口も増え、このようなヒトの活動による環境の変化もいっそう進んだはずです。山裾に水田が広がり、雑木林の資源も利用する「里山」と呼ばれる景観が、かつては日本列島の各地で見られました。これは縄文時代の森林利用の伝統と弥生時代の水田稲作が融合したものと理解できるかもしれません。」

さらには、水田稲作を始めて、食料を安定して確保しました。ヒトは環境に働きかけて、環境を変えていったのですね。まず、食料を確保するために森林に手を加えて、伐採や野焼きをしたのですね。偉人と呼ばれた素晴らしい祖先の存在にも驚きましたが、いや、ヒトの祖先は誰もが素晴らしい。環境を変えてしまう能力をその当時から持っていたのですね。いや、与えられていたのですね。われわれを創造された存在。長い長い時間をかけて。その偉大な存在のために、どんなことをしても自分の役割だけは果たしておきたい。そういう気持ちになります。

 

変化する日本列島とヒト

すぐれた祖先たちのことを知ったら、こんどは初期の人類はどのようであったのだろうかと気になりました。

「7万年前から1万年前にかけて、地球は最終氷河期にあたり、日本列島にも寒冷地の動植物が生息していました。氷期には、蒸発した海水の一部が陸域で氷として固定されるので、海水量は減少します。最終氷期には、海水面が最大で120mも低下しました。その結果、日本列島はユーラシア大陸とつながったり、大型の動物が行き来できるていどに海峡が狭くなったりしたようです。

そして、日本列島に大陸由来の動物たちが生息しはじめたことが、化石の分布からわかっています。たとえば、現在の朝鮮半島のあたりを経由してオオツノジカやナウマンゾウなどの南方系の動物がわたってきて、ナウマンゾウは北海道東部まで進出したようです。また、樺太と北海道がつながり、津軽海峡も大きな川位の幅になっていたため、北方系の動物が現在の本州まで渡来していました。ヘラジカなどが現在の岐阜県のあたりまで分布を広げていたことや、マンモスが北海道に生息していたことがわかっています。

植物はどうだったのでしょうか。当時の地層から見つかる花粉の分析によって、北海道北部や東部では、寒帯の草原と針葉樹林がモザイク状に広がっていたことがわかっています。北海道の西部や古本州島東半部にかけては寒温帯針葉樹林、西南日本にかけては温帯針広混交林が優先していたようです。

では上述の環境で、ヒトはどのような暮らしを営んでいたのでしょうか。最終氷期の日本列島では、大部分の森林にはドングリなどの堅果類がなく、食用植物資源に乏しかったと予想されます。当時のヒトは、狩猟によって得られた食物を中心とした生活を送っていたのでしょう。ただし食べられていた動物の骨はほとんど見つかっていません。そのかわり、2万5000年前以降の遺跡からは、狩猟用の槍の一部と思われるナイフ形石器や、細石刃(骨角などの素材を並べてはめ込んだ石器)や、動物を捕えるためと思われる落とし穴が見つかっています。

最終氷期の後半になると、マンモスやナウマンゾウなどの長大型獣は日本列島から姿を消してしまいました。その要因として、寒冷期と温暖期交互に訪れる短期的な環境変動による、埴生の変動(餌場となる草原の喪失)の影響が大きかったと考えられています。超大型獣が消えてからは、シカやイノシシといった中型の動物が、日本列島に住むヒトの獲物となりました。」(『つい誰かに教えたくなる人類学の大疑問』(日本人類学会教育普及委員会監修))

石器時代のヒトは狩猟に頼って食料を得ていたのですね。共同作業をするヒトとの人間関係をうまく保つこと、狩猟の対象である動物の動作を知ることなどがヒトの関心の中心だったのでしょう。凶暴な動物から身を護るための気のバリアなどはどのくらい発達していたのでしょう。獲物を見つける気配の察知力はどうだったのでしょう。動物の食糧が手に入らなかったときは、堅果類が乏しかったとすれば、木の葉や根っこも食べたのでしょうか。腐葉土や、昆虫の糞などの混ざった土も食べたのでしょうか。寒冷期と温暖期交互に訪れる短期的な環境変動による、埴生の変動をどのようにして乗り切ったのでしょうか。

男女の交わりは子孫を残す根本であったことは大前提であったことは間違いありません。そこに生じる愛の心は、思いやりなど相手を助ける行動につながっていったでしょう。協力してくれるもう一人の人を大切にする気持ちは生活の根本であったでしょう。子孫を残すための子育ての愛は、もう一人のヒトに「自分が持っている上手な獲物を仕留める技術」を教える行動につながったでしょう。ヒトが生き延びるための力は、愛によって、ヒト社会を上手に築くことだったと思われます。