カテゴリー別アーカイブ: 一般健康法

無上の喜び1

友人K)無上の喜びというのは、君が前のブログで半田さんが八尾キリシタンの小説を書くというときにぜひ描いてほしいといっていたアレか?

私)そうだ。

友人K)「霊操」を経験しないと描けないのか?

私)それが手っ取り早い方法かと思ったんだ。私は「霊操」を体験していないが、「かむながら」の生活をして同様の体験をしている。

友人K)「霊操」ってどんなものなんだ?

私)イエスは神になりきって、人々を救った。それを、「霊操」では、瞑想の中でイエスになりきって聖書に沿って体験する。これによって、神とつながる力が強くなる。

友人K)で、君の「かむながら」は?

私)唯一神が創造し、維持発展させ続ける姿を、被創造物の深奥に存在する唯一神になりきろうという姿勢で見る。そのエネルギーを味わって無上の喜びに浸る。生かされていることを知り、その役割を感じ取ろうとする。

ちょっと、表現が固いかな。

要するに、創造伸になりきって、そこからもらっているエネルギーで役割を感じ取り行動する。

友人K)要するに唯一神(宇宙を創造維持発展させ続ける神)とつながって、自分の役割を果たそうとすれば、無上の喜びが体に満たされるということか?

私)そういうこと。

友人K)で、きみが元気にあふれているのはその成果?

私)うん。「マッサージ体操」もそこから教わって、その効果も著しいし、私には「マッサージ体操」の役割もあるようだ。いまでも体の変化に驚いているが、これがまだ入門クラスで、これから先がもっとすごいよといわれている気がする。いま、腰の奥に空間が現れて、そこにいろいろ見え始めている。同時にエネルギーがそこから湧き起ってくる。それが心身のつらいことを軽いものにかえてしまう。

 

 

 

「つながり体操」と神道

私)「『知識結』で仏教のことを書いたら、突然『これを読んでくれ』と神道の本を数冊渡された。めったにない、時間のゆとりは内職の勉強のために準備してあったが、どうもこれに使えと言うことのようだ。

君の家は仏教とも縁が深いかも知らんが、親は、恩智神社と村との関係を強め、恩智神社にウサギを納め、親の葬儀の後、奉告祭もしたではないか。奉告祭などする家はごくわずかだ。仏教だけでは片手落ちで、神道のことも書くべきだ。そういわれた気がした。

友人)「君のいう『宇宙思考』的発想だな。僕なら予定通り内職の勉強に充てるけどな。」

私)「先日、脳の働きが良くなり始めたと話したよね。いつも脳に血が巡りだしているのを感じるようになった。今朝は雨縁で足だけを太陽に当てた。そのあと庭に出て全身太陽光を浴びながら、空を見ていた。脳にの血液循環が活発になるのを感じながら、腹で青い空、白い雲、ジェット機が作り出す直線の雲、庭の木々を味わっていた。そこから、エネルギーが腰に入ってきて、腰がエネルギーで満たされて、伸びたような感覚に浸っていた。

50年ほど前、薬害で体が弱り、信号を3色の識別としてしか捉えられなかったあの感覚を思い出しながら、環境からのエネルギーに満たされた今の体を有難いなと思った。いま、雲や空や木にエネルギーを感じているこの『かむながら』は、古代神道の世界そのものだと気づいた。」

友人)「君の『カムナガラ』は、『つながり体操』の前から聞いているよ。5年前くらいかな。」

私)「そんな時から君には話していたのだな。」

友人)「古代神道の生き方だと言っていたと思うよ。」

私)「そうだな。すっかり古代神道のことを忘れてたよ。あの頃の『かむながら』は、まだ知性の範囲だった。思えば、『かむながらが『つながり体操』に導いてくれたのだな。今日、それに気づかされた。浴びた太陽光で頭がくらくらするのではなく、血行が良くなり、エネルギーが脳の新奥部までが満たされていくのを味わった。」

友人)「すると、今回の神道の紹介は、『かむながら』体験からのもの?」

私)「そういうことになる。神道の本を貸してもらったときには思いもしなかった。」