カテゴリー別アーカイブ: 一般健康法

法華経と釈迦の瞑想(1)

私) 「法華経」って知っている?

友人) 創価学会か?

私) 確かに今は創価学会が有名だね。じゃあ、釈迦は?

友人) インドの王子で、城を出て修行した人だろう。仏教の祖だ。

<釈迦が悟りと集まった菩薩達>

私) そう、その釈迦が悟りを弟子や菩薩に伝えた。そのとき、無数の菩薩達がその話を聞きに釈迦のもとに集った。ガンジス河の砂の数よりはるかに多い数だ。そのような「人(?)」が集まることができると思う?

友人) それは無理だよ。もしそんな広場があったとしても、当時はマイクの設備もないから話が聞こえない。

<釈迦の周りに集まった存在は精神界の存在達>

私) だから集まった人たちは、物質界の存在ではない。それを人と呼べるかという問題はあるとしても、この時に人の姿を持っていた釈迦は、精神界の存在である菩薩たちが見え、菩薩たちも釈迦が精神界の存在として認識できた。

<物質界の法則と精神界の法則の違い>

偶然、私はある神社で、3本の高さの異なる3体の柱に出会ったことがある。私はその見えている柱が実際に存在するものなのか、その下を数回通過したが、やはり、それに影響されずに、なお動かなかった。物質界のものでなければ、場の占有などないという体験をした。このときは、神様のことを「柱」と呼ぶのはこの経験で分かった。実際に柱の形をしていたからだ。昔の人はこの程度の体験を多くしていたのだろう。

友人) わしらはそんな経験がないからよく分からない。

私)場の占有がなければ、どれほどの人数だあろうと集まれる。しかも、音によって伝達する手段ではないから、距離も問題にならない。私が感動するのは、釈迦のそうした能力だ。釈迦はこのような力を得たのは、私たちが数えることすらできない大昔であって、今世のこの短い修行の期間ではないといっている。いまの人間をつくったのは、このような無数の存在の力によるものだろう。そうでなければ、このような複雑で理解すらできない能力をもった人間がつくれる筈がない。それどころか、この微細でデリケートな肉体を個々に備わった力だけで維持できるわけがない。

友人) そういわれれば、そうかもしれない。そんなことを考えたことも無いよ。

(続く)

カムナガラ(天然温泉)

私)最近は身近なところに天然温泉があります。この温泉の波動を利用して「つながり体操」を行います。私は週3回、1回1時間を目安にしていますが、熱すぎる場合は短くしたほうがよいでしょう。

聞き手)天然温泉でないとダメですか。

私)いいえ。家庭の風呂でもよいのですが、やはり、天然温泉の波動は素晴らしいので、できれば天然温泉ということです。

聞き手)家庭風呂で薬草とか、温泉の素など入れてはどうですか。

私)私も庭のどくだみや枇杷の葉などを乾燥させて使っていたのですが、子供が風呂を新調したときから、風呂釜が痛むからといって禁止されたので、いまはこの温泉の波動を利用しています。回数券を買っても1回、600円近くになりますので出費はありますが、それをはるかに超える効果はあります。

<温泉カムナガラ>

湯につかりながら、意識を腰と頭に置きます。腰のエネルギーが頭に流れて、頭のすみずみまで満たします。余裕があれば周辺空間に及びます。温泉ですので、自然にリラックスしますが、「しあわせだなあ。うれしいなあ。」とお腹や、腰で感じるようにします。