カテゴリー別アーカイブ: 現代

大阪府八尾市北高安・神宮寺の花、中高安の植木

まだ3,40年前の話でしょうか。大阪府八尾市郡川のあたりの造園やさんが、まだ、植木市を催うされていて、1日で大きな売り上げが入っていました。そのときは、仕出し料理や、宴会など豪華にされていたのを覚えています。美家古もその注文をいただいていました。

最近は庭を作る家が少なくなって、植木屋さんも仕事がなくなっています。植木市もなくなったのでしょう。

神立や、神宮寺ではいまでも盛んに花が作られていますが、昔ほどの勢いはありません。仏壇や墓に花を供える家も少なくなり、1対が一束になったり、造花になったり、需要が少なくなって、売上が減っています。恩智には、北区、大阪駅の近くで花の卸売市場を経営されているところがありますが、ここはまだまだ良さそうです。

神立には、父母の行の締めくくり、知恵地蔵尊の建立に尽力してくださった森川さんの亡くなったおじいさんがおられました。このかたは、和歌山の通夜島で、ランなど南方系の花を栽培されて、大きな財を築かれました。お子息の貞央さんは、デパートに花卉を卸されて、やはり、大きな花の問屋さんをされています。美家古の仕出しもとっていただいたし、宴会もしていただきました。ありがとうございます。

通夜島から移された有姫龍神をお祀りされていましたが、知恵地蔵尊建立に際して60年ぶりの大雨が降ったのは、この龍神さんの働きだったのでしょうか。

かつて、好景気に支えられた花卉、植木などは、景気の衰退と共に、売上は減少しているようです。

現代・今とはどういう時代?

『人を見る眼・先を見る眼』(渡邊五郎著)の推薦の言葉で堺屋太一さんは、次のようにいっている。

「今、日本は規格大量生産型の工業社会から多様な智慧の尊ばれる知価社会へと、大飛躍を遂げようとしている。過去の経緯も現在の規則も当てはまらない日々が、つい目前にせまっている。変化を恐れるものは縮こまり、未来が不安なものは動こうとしない。それに対して渡邊さんは「太く豊かに生きる」ことを提唱する。いわば自ら「変化の仕掛け人」となることだ。」

変化の時代は、このときは目前に迫っていたが今はその真っ最中にある。さまざまな智慧で利益だけを追求しだしたら、利益はでなくなった。大会社は利益が出なくなれば身売りをするしかない。中小企業は倒産するしかない。どうすればいいのか。ネット販売とか、老人の健康サプリメントとかが繁盛している。新しい流れだ。合理化による生産コストの削減も限界にきている。過去の経営技術を振り返っても答えはない。

知性で変化に果敢に挑むものは資金を使い果たし、動こうとしないものはじり貧になっていく。流れに従って適切に前進するものだけが、生き延びていく。流れを感じ取っていく。この資質を高めなければならない。見えない世界が見える力。半世紀ほど前に、宗教や、呪術や、座禅の世界と商売の世界が同じであることを証明しようと活躍された禅の大家がいた。独りで70兆円もの資産を創られた中谷浄道さんだ。

しかし、その資産ができたのは、禅の力を証明をするためだったと思われる。役割でなければできないかもしれない。利益追求の社会構造から、さまざまな形で社会に奉仕する社会構造に変わろうとしているのかもしれません。