カテゴリー別アーカイブ: 一般歴史

義経の不思議・藤原秀衡との出会い

奥州から京へきていた金売りの吉次は、情婦から鞍馬に源家の御曹司がいると聞きます。奥州では都の貴種への病的というほどのあこがれがありました。狂喜して一族の女をあてがい、その血を導入しようとします。だから貴種の子こそ奥州への何よりの都みやげなのです。吉次はこの貴種の子をみやげにしようと、鞍馬で牛若に会います。

しかし、会ってみると牛若の方から奥州へ連れて行けといいます。奥州は、古来日本の律令がおよびにくく平家の力のおよばぬ所だと聞いている。鞍馬を脱走して亡命するとすれば行先は奥州以外にないというのです。そんなわけで牛若は奥州へいくことになります。

そのころの奥州は藤原秀衡が治めていて産出した多量の金で別世界のように潤っていました。ヨーロッパまで聞こえて黄金の国ジパングと呼ばれていました。のちのマルコポーロにつながります。当時、奥州は日本の朝廷に金や駿馬の貢物をする属国のような立場でした。

藤原秀衡は慎重な配慮の上しばらく義経と会おうとはしませんでしたが、ひとたび会ってしまうと自分の息子以上に義経をかわいがり、将来、奥州をまかせようと考えたほどでしたが、義経はかたき討ちしか頭になく、奥州の優れた弓と騎馬の技術を習得します。

はじめは、種馬のように女性があてがわれましたが、以前に京から来た若者がそのような目にあい、若くして死んでしまったと聞くと、一変して武道に徹します。この騎馬の技術の習得があったからこそ、のちの一の谷の戦いで、漫画の英雄に書かれているような神業を演じます。はじめのうち、歴史学者たちはうそだと判断したくらいです。

『義経』(司馬遼太郎)によると、当時奥州の兵力は17万騎といわれ、源平を合わせた以上の兵力を誇っていました。義経にその気が有れば、藤原秀衡から家督を譲り受けた後、その軍で平家を滅ぼすこともできたのです。

 

 

日本の歴史と気候2

歴史の本を読んでいると、たびたび飢饉、疫病が出てきます。この河内の翁のブログでも、『大飢饉・疫病(1181年)の克服とゾーン体験』で紹介しました。飛鳥時代、班田収受法が実施されて口分田が与えられ、これが統治の基本制度となりました。私はそれなりに納得していたのですが、灌漑設備がおそまつだったのでそこから十分な収穫が得られず、全般的にこの制度が十分機能したとはいえないようです。

律令国家の干ばつ対策は、雨乞いの祈祷、税の軽減、被害にあった公民への救済米が3本の柱でした。雨乞いの祈祷は常にその効果がありませんでした。飢饉は疫病を発生させました。

先日、TVで日本列島ができていく過程を紹介していました。大陸から離れた時に、はじめ平坦だった陸地が3つのプレートによって押し上げられて高い山ができました。この山が雨を降らせ、川水を流して豊かな食料の環境をつくったということです。また海もすぐ近くにあり、海からの幸にも恵まれました。八尾市恩智の扇状地形も豊かな食料環境を連想させます。干ばつには比較的強い地域だったのではないでしょうか。

干ばつの時もこのあたりは比較的被害は少なかったと思われます。律令制の土地の区分がそこらじゅうに残っているのは、ここでは律令制が機能していたということかもしれません。

日本の歴史と気候1・ミニ氷河期(鎌倉時代・室町時代)

『地球はどうやってできたのか』(鳥海光弘著)に次のように書かれています。

「ミニ氷河期は、氷河期ほどではないものの、地球が冷えてしまう現象です。

こういう時期は人間にとって非常に生活がしにくく、人口がものすごく減少します。

ミニ氷河期だった鎌倉時代や室町時代は、本当にひどい時代で、全人口が1000万人以下でした。農産物の生産力も落ちるので、食べるのに精一杯でみんな余裕がありません。人々は救いを求めて、仏教のような宗教がひろまっていったのでしょう。」

 

地球が46億年前にできてから、日常に体験できないような激しい変化があったことは知っていましたが、わずか数百年前にミニ氷河期があったなど、思いもよりませんでした。最近震災が続き、豪雨が続いて、変動の時期がきているような兆しを感じますが十分にありうることなのですね。

『猿田彦(さるたひこ)と天鈿女命(あめのうずめのみこと)』(赤澤綱彦著)1

デジタル大辞泉によると、天鈿女命/天宇受売命は、

「日本神話で、天照大神(あまてらすおおみかみ)天(あま)の岩屋に隠れた際、その前で踊り、大神を誘い出した女神。天孫降臨五伴緒神(いつとものおのかみ)として従い、天の八衢(やちまた)にいた猿田彦神道案内をさせた。猿女君(さるめのきみ)の祖神。」

と、説明されています。天照とこの2神の関係はこういう関係です。この本を探し出して読み始めますと、私のことと白ひげさんのことがかかれていました。

「或る日、わたしたちは治療中の一人の患者さんに、『琵琶湖西岸にあります白髪袖社にお参りに行きますが、よろしければ一緒にお参りに行きませんか』と誘いを受けました。その患者さんは、大阪・八尾市では名の通った割烹・会席料理屋のご主人です。屋号を実家古」といい、先代社長の代より、大阪・堺市の女霊能師の先生に何かと相談に乗ってもらっているとのことでした。そして、その女霊能師の斎き記る神殿には、一柱の神さまが鎮座ましますとのことでした。その神さまは、もとは外宮(豊受大神宮)にお仕えしておられた神々 の一柱であったといいます。ところが、それほど霊格の高い神さまでもなかったらしく、ある不祥事を起こして、外宮から追放の憂き目に会われました。

そして、琵琶湖の西岸までたどりついて、ようやく現在の白髭神社のある場所に鎮座坐しましたが、そこでも安住の地とはまいりませんでした。
今度は、白髭神社の祭神にその地を追われて、行くあてもなくさすろうておられましたが、ようやく現在の女霊能師のところで鎮座坐しますことになりました。
わたしたちは、その女霊能師の先生の一行に加えていただいて、一緒に白髭神社にお参りさせていただくことになりました。
ところが、白髭神社へ参拝致しますと、何と御祭神は猿田彦大神ではありませんか。

わたしと明日香は思わず顔を見合わせ、二人ともおかしさをこらえていました。祭神が猿田彦大神であるならば、追い出されただけで済んだのはまだよかった方かもしれません。それはともかく、わたしと明日香は猿田彦大神との不思議な御縁を作っていただいた堺の神さまに感謝を申し上げて、心の中で手を合わせました。」

治療中の一人の患者さんとは私の事です。以上のようで、堺の霊能者に私が頼まれて、当時針治療を受けていた赤澤先生と霊能者の助手さんを一緒に白髭神社にお連れしたのですね。猿田彦と白髭さんは別の神で、白髭さんは、かなりあとの時代の神だったようです。

この赤澤先生の針治療で他の鍼灸院では体験したことのない不思議な2つの体験があります。

一つは針が入るか入らないかの瞬間に、私の全身のオーラが見えたこと。もうひとつは、建物の外の交差点の自動車が見えたことです。いずれも、皮膚の表面の浅い針でした。本の内容でも分かりますが、研究熱心な方でした。私は腕のいい先生との出会いが多かったのですが、このような体験は赤澤先生だけです。

(続く)

木村重成の時代のヨーロッパ・ガリレオ・ガリレイ

日本が戦国時代で戦いの多かった時代にヨーロッパはどうだったのでしょうか。30年戦争、80年戦争などやはり戦いに明け暮れた時代でした。キリスト教もカトリックとプロテスタントの対立があり、政治とからまりながらやはり戦いがありました。

まずしい家に生まれたガリレオでしたが、カトリックの司祭に引き立てられて豊かな身分になっていきます。しかし、実証という科学の手段をとって、天体観測をしたガリレオは、カトリックが示している天動説が間違いで、地球が太陽の周りを周っているという事実を知ってしまいます。

当時はカトリックとプロテスタントの間に、強い対立があったためにカトリックは神経をとがらせて異教徒の弾圧を行っています。カトリックから優遇されてきたガリレオも宗教裁判にかけられて有罪になります。真実を曲げても上に従わなければ生かされない時代。逆に、命を懸けて上に従う者が高く評価される時代でした。変動、発展のエネルギーが地上を制した時代だったのでしょうか。

国という大きな組織で、それまではできなかった大きなこと、さまざまなことができるようになった時代。この時代のヨーロッパは日本までやってきてキリスト教を伝えています。八尾城、若江城のキリシタン大名など河内でもキリシタンが生まれていました。

戦中・戦後の日本と助け合った日本人

杉本さんの著書からこの1世紀の様子を紹介させていただいたのですが、『百歳の力』(篠田桃紅著)を読んで、このことも伝えておきたいという内容に出会いました。抜粋して紹介します。戦中から戦後の東京ですが、私が親から聞いていた大阪もよく似ています。

「なにしろ、食べるものがないんですから。みんなやせほそって、まあでもやっと生きている。そういう時代です。文化なんていうものとはほど遠い。グランドピアノは五円でも買う人がいなかった。だけど、食料を運ぶリュックサックは三百円出しても買えない。リュックサックがなければ、食料品や日用品が運べないから、リュックサックは価値がある。文化なんてどころじゃないですよ。地面に生えている草を見たら、これは食べられるかしら、って思って見ましたから。」

「戦争中、焼夷弾(しょういだん)の下でもう死ぬだろうと、これで終わるんだと思ったことが二度、三度ある。それでも命は助かって、家が半分焼けて田舎に逃げ、田舎で食べるために着物を売った。そこではお金は一切役に立たない。物々交換で食べて生き延びた。そして栄養が足りなくなって病気になり、あーもうこれでだめだと思ったら、たいへんいい女医さんに出会って、そのかたの指導がよかったので助かった。彼女も東京から疎開していたのですよ。人というのは、めぐりにめぐって助け合って、生かされたり、生かしたりしながらやっていくんですね。」

この時代は食べ物が手に入らなくて、手に入らなければ死ぬしかないのです。父から法を破れないために闇米を買えず亡くなった裁判官の話も聞きました。農家に米を求めに来て、さつまいももと言われてさつまいもを取りに行っている間に、米を持ち逃げした人の話も聞きました。無償で助けられて命をつないだ人の話も聞きました。こういう時は法を超越して命を大切にすべきだったのですね。持ち逃げされた農家も訴えることはしていません。生き残った人びとが華々しい戦後の復興を支えたのですね。

 

明治時代の母の知恵

叔母から母の母親(明治生まれ)の話を聞く機会がありました。昭和の初期、大勢の兄弟姉妹の時代でしたが、子供も手仕事をさせられていました。その中でいつも一人は本を読まされて母親も含めてみんながその本の話で勉強したといいます。通常なら、全員手仕事をしてお金を稼ぐと考えますが、子供の将来を考えると、一人本を読む役割をつくって手仕事をしながらみんなの知識向上を図るほうがより優れているのは確かですが、私だったらできたでしょうか。

今ならラジオを聴きながらとか、テレビを見ながらとかするのでしょうが、それを教育番組とは考えられませんね。恵まれすぎた時代、真剣な生き方ができていないのかもしれません。

 

 

江戸時代・寺の梵鐘と時刻

親戚の辻野さんが毎月1回、近所の人たちに歴史や宇宙の話をしてくださっていますが、月に一度、90分、私も時間の都合がつく限り、話を聞かせていただいております。YOUTUBEなども見せながら、さまざまな道具を駆使した進んだ講義です。内容はかなりレベルの高いものです。

今月は江戸時代の時刻です。講義内容の一部を紹介します。

「江戸時代、私たちの時代とは違って、時計を持っているのは大名や豪商などだけでした。一般の人は寺の鳴らす鐘で時刻を知ったのです。

時の鐘の音はまず3つ打ちます。それから、刻(とき)の数を最初長く、徐々に詰めて打ったので、途中から聞いた人も今何時かが解ったのです。」

すごいですね。このようなしくみが人々の生活を支えていたのですね。いまもあれば私たちも、さらに便利だと思いますが、ただし騒音だという人に反対されるでしょうね。梵鐘の音は、人の心の浄化にもなったと思われます。

昔、「時そば」という落語がありましたが、十六文の蕎麦代を払うのに、さんざん蕎麦屋を褒め上げたあげく、「一つ、二つ、三つ、四つ、五つ、六つ、七つ、八つ、いま何刻(なんどき)だい。」「九つで」「十、十一、十二、十三、十四、十五、十六」と一文ごまかしてしまいます。これを見ていた男がさっそくまねをしようと、翌日、「一つ、二つ、三つ、四つ、五つ、六つ、七つ、八つ、いま何刻(なんどき)だい。」「四つで」「五つ、六つ、七つ、八つ…」と損をしてしまうというものです。

私は夜の時間の話を昼の時間でやったのだと思って、よっぽどバカな男の話だと思っていたら、そうでもないようです。この一文のごまかしがわかる男ですからそうではなかったのです。昼の時間に蕎麦を食べに来たのではなかったのです。

江戸時代の時刻は2時間おきに鐘を打ち、その鐘の数で時刻を教えていました。正午の2時間(11時から13時)は九つで、その後、八つ、七つと数が減っていき、20時から22時は四つで、23時から1時は再び九つから始まり八つ、七つと数が減っていきます。四つの次は九つなのです。

つまり、同じ時間に蕎麦を食べ始めていたのですが、この男は、あまりにもまずい蕎麦なので蕎麦屋を褒めることをしないで勘定をしてしまったものですから、九つにならない四つの間に蕎麦屋に時刻を聞いてしまいます。褒めて時間かせぎをしなかったために失敗した。これがこの落語の真相なのですが、この時代の時刻の数え方を知らなかった私はこの話を十分に楽しんではいませんでした。最近この落語を聞くことがなくなったのも、江戸時代の刻(とき)しくみを知らない私のような人ばかりになったからでしょうか。

竹内文書(たけうちもんじょ)(5)五色人

(つづき)『闇の日本史 古史古伝書』(佐治芳彦著)より

「初代第1世天皇は、多くの皇子や皇女を世界の各地に派遣したが、彼ら、彼女らは、その派遣地域の人類の始祖になったという。これは地球の原住民に対する遺伝子操作による進化の促進と、改良された原住民との混血の増加を意味するものと思われる。

そして派遣皇子や皇女の子孫は、それぞれの地域(住民)共同体の「民王(ミットソン)」として君臨。またそれぞれの地域共同体は、連合して「太古代地球連邦」を構成していたようである。

第二代1世天皇造化気万身光天皇(つくりのしきよろずみひかりのすめらみこと)は、創世期地球の文化的英雄であり、ユダヤ・キリスト教の神であるエホバは、天神五代神と同七代神とこの上古二代神との神格を統合した神とされている。

だが、その間にも大異変は幾度となく起こり、その影響で人類の肌の色にも違いが生じた。」(中略)

「また、旧約聖書でいう人類の祖である『アダムとイブ』は、赤人の民王だったアダム皇子とその妹のイブ皇女だったともいわれている。これは記紀神話の伊弉那岐と伊弉那美の兄弟説に対応している。また、ノアの洪水の伝承は、第二天皇(エホバ)の人類の悪性遺伝子一掃の荒技だった可能性もある。すなわち、前代以来行われた地球原住民の進化促進の遺伝子操作の家庭で生じたエラーが、無視できなくなった段階での強制淘汰である。」

旧約聖書にでてくるノアの洪水以前のメトセラとその一族は平和な暮らしをして、数百歳の長寿だったそうです。

この頃の寿命は数百歳とインドに伝わる話とも似ています。日本でも初期の天皇の頃の寿命は同様に長寿であったようです。年代調節のための作り事かと思っていましたが、本当だったようです。

竹内文書(たけうちもんじょ)の以上のような記述は、私たちの日常体験からは想像し難い内容なので簡単に信じることはできませんが、全て嘘とはいいきれないものを感じます。

 

竹内文書(たけうちもんじょ)(4)天神七代

(つづき)『闇の日本史 古史古伝書』(佐治芳彦著)

「七代は二期にわかれている。

第1期は天御光太陽貴王日大光日大神(あめのみひかりおおひなかきおおてるひのおおかみ)・天日御光ミトノ比女大神(あめひみひかりみとのひめのおおかみ)だが、この代に皇孫の地球降臨が決定された。

なお、地球降誕以前に神々が住んでいた天体は「天日国(あめひのくに)といわれるが、この星は南米のインディオの伝説などから地球より410光年離れたプレアデス星団かともいわれている。

第2期は、天御光太陰貴王女大神(あめのみひかりおおいんなかきおおひめのおおかみ)と天日身光ホド男大神(あめひみひかりほどおのおおかみ)であるが、この代に皇太子の天日豊元葦牙気皇主身光大神(あめひのもとあしかびきみひかりのおおかみ)が諸神を従えて天元根国(あめのもとねのくに)(地球)の天声根の国(日本)に降誕され、上古初代一世天皇となられた。」

「昴(すばる)」で親しまれているあのプレアデスから皇孫が地球にやってきたと書いてあるわけで、何かで読んだことがある内容です。地上の人が魅力的だったので、それに降誕したという話だったように思います。多分、旧約聖書でしょう。大勢だったように記憶しています。知る由もない遠い昔のことですが、それが日本だったという話なら、日本人としては、何かいま役割を与えられているような気がします。