カテゴリー別アーカイブ: 一般歴史

口臭を消す忍術

<手軽に口臭を消す方法>

私)口臭を消す方法を知っているか?

友)市販の錠剤がいくつもあるけど。

私)いや、楠木正成の時代だったら?

友)薬草があったと思う。

私)そうだ。忍法の秘術として薬草を紹介している。甲賀は、薬草の産地で、日本独自の薬学(漢方に対する和方)が発達した。

『忍術教本』(黒井宏光著)で口臭を消す秘術を紹介している。忍者は敵に気付かれないようにするために体臭や口臭には気をつかったようだ。

「膵液には口臭を消す役目もあるようだ。やわらかい食品が多くなった現代では、噛む回数が減り、膵液の分泌量も減少傾向にある。口臭の大きな原因は、口腔内が乾燥することにあると考えられる。このことを知っていた忍者は、噛むことによって膵液を分泌させ、口腔内観相を防止して口臭を抑える方法を編み出した。

まず口をカチカチ噛むこと36回。次に口の中で下をまわすこと右に12回、左に12回。最後にたまった膵液を飲み干す。これをくり返すと口臭が消えるという。」

 <「つながり体操」による方法

膵液をだす方法なら他にも有る。、私が提唱する「つながり体操」なら、さらに簡単だ。上下の歯の付け根、あるいは首の横(やや前より)をマッサージすれば、つばがたっぷりでる。

 

 

義経の不思議・藤原秀衡との出会い

奥州から京へきていた金売りの吉次は、情婦から鞍馬に源家の御曹司がいると聞きます。奥州では都の貴種への病的というほどのあこがれがありました。狂喜して一族の女をあてがい、その血を導入しようとします。だから貴種の子こそ奥州への何よりの都みやげなのです。吉次はこの貴種の子をみやげにしようと、鞍馬で牛若に会います。

しかし、会ってみると牛若の方から奥州へ連れて行けといいます。奥州は、古来日本の律令がおよびにくく平家の力のおよばぬ所だと聞いている。鞍馬を脱走して亡命するとすれば行先は奥州以外にないというのです。そんなわけで牛若は奥州へいくことになります。

そのころの奥州は藤原秀衡が治めていて産出した多量の金で別世界のように潤っていました。ヨーロッパまで聞こえて黄金の国ジパングと呼ばれていました。のちのマルコポーロにつながります。当時、奥州は日本の朝廷に金や駿馬の貢物をする属国のような立場でした。

藤原秀衡は慎重な配慮の上しばらく義経と会おうとはしませんでしたが、ひとたび会ってしまうと自分の息子以上に義経をかわいがり、将来、奥州をまかせようと考えたほどでしたが、義経はかたき討ちしか頭になく、奥州の優れた弓と騎馬の技術を習得します。

はじめは、種馬のように女性があてがわれましたが、以前に京から来た若者がそのような目にあい、若くして死んでしまったと聞くと、一変して武道に徹します。この騎馬の技術の習得があったからこそ、のちの一の谷の戦いで、漫画の英雄に書かれているような神業を演じます。はじめのうち、歴史学者たちはうそだと判断したくらいです。

『義経』(司馬遼太郎)によると、当時奥州の兵力は17万騎といわれ、源平を合わせた以上の兵力を誇っていました。義経にその気が有れば、藤原秀衡から家督を譲り受けた後、その軍で平家を滅ぼすこともできたのです。