月別アーカイブ: 2015年12月

戦国時代・河内国のキリスト教②東大阪市・四條畷市・大東市・八尾市

戦国時代の河内国のキリスト教の状況は以下の資料でわかります。

「若江の城主シメアン・イケピダフンゴ(池田丹後)殿にして、信長の大に寵せる人なり。(中略)シメアン池田丹後守と称し、河内国の若江という大なる城の武将なる高貴の武士なり。同所には昨年好き会堂を建設せり。同城には彼の他に異教の武士数人守備に当たり、中一人はキリシタンの大敵なりしが故に、彼はその欲する所を得ず。と記している。

フロイスの他にも若江城と池田丹後守のこと、それに河内各地のキリシタン城主のことを記した書簡がある。天正10年(1582)に長崎についたバードレ、ガスパル=クレリヨは、耶蘇会総会長に宛てた書簡で、

岡山の領主は、この地に甚だ宏大にして壮麗なる聖堂を立て、またジョルジの尽力によってバードレたちの居住に便利な家を建てた。この地から1レグワ(約4キロ)に三箇と称する小さい島があり、領主は配下の人たちと共にキリシタンであって総数は1500人である。この島は大なる湖水の中央に在って、甚だ美しい堅固な地である。…この島から2レグワ(約8キロ)の所に、シメアン丹後殿と称する領主があって、前の両人は彼に隷属している。河内国は2つに分かれ、その一つは異教徒の領主に属しており、丹後殿はその一人で、その女は岡山の城主ジョアンに嫁している。シメアンは甚だ勇猛な将軍で、徳高く、領内の者を皆キリシタンとする熱心をもっているが、他の2人の領主とこの地を治めている故、望み通りにすることができない。

というように、当地の河内国の状況を詳しく述べている。岡山(四條畷市)・三箇(大東市)の城主がキリシタンであり、領民の中に多数のキリスト教信者がいたことを伝えている。当時の河内にはこの他に、砂・飯盛(四條畷市・八尾(八尾市))・烏帽子形(河内長野市)にもキリシタン大名がいた。

実質的に若江城主であった池田丹後守はここに教会を建て、ジョアン・フランシスコの書簡によると、天正5年(1577)五月の聖体節には多くの人が集まり、一基の十字架が新たに立てられ、809人の人が洗礼を受けた。『東大阪の歴史』(藤井直正著)

同書によると、若江城は、1578年9月、織田信長が泊まった記録がありますが、」1581年のフロイスの書簡には、若江城はすでに無くなって池田丹後守は八尾城に移っていることが書かれています。その間3年ほどのあいだにどのような経緯で若江城がなくなったかは分かっていないそうです。

このころの河内は河内湖があったので、「湖水」とか「島」がでてきています。

この時代にキリスト教が受け入れられたのはなぜでしょうか。華々しい建物を持った仏教はどのような状況にあったのでしょうか。神道は?

戦国時代・河内国のキリスト教①・クリスマス

恩智のルーテル教会の前を通ると、日曜礼拝の講話が「マリアに下った予言」と書いてありました。どんな話なのかなと思っていたら、クリシュチャンの知人に『クリスマス物語』(発行・いのちのことばEHC)をいただきました。つぎのように書かれていました。

ガブリエルはマリヤに声をかけました。「おめでとう、恵まれた女(ひと)よ。神がともにおられます。」これを聞いたマリヤは、すっかり戸惑い、このあいさつは、いったいどういう意味なのかと考え込んでしまいました。すると天使が言いました。「こわがらなくてもいいのです、マリヤ。神様があなたにすばらしいことをしてくださるのです。あなたはみもごって、男の子を産みます。その子をイエスと名づけなさい。彼は非常に偉大な人になり、神の子と呼ばれます。神はその子に先祖ダビデの王座をお与えになります。彼は永遠にイスラエルを治め、その国はいつまでも続くのです。」

マリヤは尋ねました。「どうして私に子どもができましょう。まだ結婚もしておりませんのに。」

「聖霊があなたに下り、神の力があなたをおおうのです。ですから、生まれてくる子供は聖なるもの、神の子と呼ばれます。」以下省略(新薬聖書・ルカの福音書1章26~38節)

クリスマスは今の日本では、宗教を超えてお祝いの日になっていて、日本でも、この日は会社も忘年会などはしないで、家にかえって祝います。宗教的意味も忘れがちですが、人の心が人類をつくった神から離れるようになったときに、神が神の子を人類に送ってこられたのですね。その日をクリスチャンは祝ったのですね。その最初のキリスト教の宣教師は、戦国時代に来日されました。

1549年耶蘇会イエズス会)の宣教師フランシスコ・ザビエルが来日して、山口の大内義隆、大分の大友宗麟ら、各地の戦国大名が信者となって手厚い保護をうけました。河内でもキリシタン大名がいました。

織田信長は、信者ではなかったが保護しました。しかし、豊臣秀吉は禁止をして、以来江戸時代は徹底して、キリスト教を排除したので、その影響を受けて、昭和初期まで耶蘇信者は結婚の障害になるほどでした。